コラム

世界から熱視線の中国ファッション。新鋭デザイナーらが語る展望

世界から熱視線の中国ファッション。新鋭デザイナーらが語る展望

テキスト
小山ひとみ
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

(メイン画像 写真提供:LABELHOOD)

中国のデザイナーを世界に。『上海ファッションウィーク』で継続する若手支援の意欲的な試み

「ファッションウィーク」といえば、パリ、ロンドン、ミラノ、ニューヨークの4都市で開催される「4大ファッションウィーク」がある。

近年、そうしたメジャーなファッションウィークには入らないけれど、各国のファッション業界から視線を集めるファッションウィークがあるのをご存知だろうか。それが『上海ファッションウィーク』だ。4大ファッションウィークでランウェイショーを開催する中国ブランドが増えていることから、中国ファッションシーンへの注目度が上がっていることも後押ししているようだ。

2001年にスタートした『上海ファッションウィーク』は他都市のファッションウィークと同様に、毎年、春夏(SS)と秋冬(AW)の2度、ショー形式のプレゼンテーションを開催。そして意欲的な試みとして注目を集めているのが、2016年から開催されている、若手デザイナーのためのプラットフォーム『LABELHOOD』だ。

『LABELHOOD』は、毎回ファッションウィークの会期中にメインの会場とは異なる別会場で若手デザイナーのショーを行い、発表の場を与えている。私自身、2016年10月に開催された第2回、2017SSから毎シーズン、会場に出向いて『LABELHOOD』の動向を追ってきた(残念ながらコロナの影響で2020AW以降は行けていない)。

『上海ファッションウィーク』内で開催されている若手デザイナーのショーケース『LABELHOOD』2018AWのエントランス photo by Hitomi Oyama
『上海ファッションウィーク』内で開催されている若手デザイナーのショーケース『LABELHOOD』2018AWのエントランス photo by Hitomi Oyama

5日間ほどの期間中、プレゼンテーションを成功させようと朝から夜中まで動きまわる10代、20代のスタッフやボランティア。気鋭ブランドの最新コレクションを前列で見たいと、情熱を持って開場の数時間前から列に並ぶ来場者の若者たち。『LABELHOOD』の運営、PR、ショーディレクター、音響をはじめ、このイベントに関わる人がほぼ10代から30代の若い世代でカバーされていたことがなによりも驚きだった。初めて会場でその光景を目にしたとき、「これは新しい大きな動きになりそうだ」と予感したのをいまでも覚えている。

この『LABELHOOD』を引っ張っているのが、ファウンダー兼ディレクターのタシャ・リュウ(Tasha Liu)だ。1985年生まれのタシャは、「中国のデザイナーを世界にアピールすること」を目的に掲げ、プラットフォームをスタートさせた。

『LABELHOOD』では、メインのランウェイショーだけでなく、展示形式でブランドを紹介したり、ポップアップショップや参加デザイナーと業界人とのトークショーなど、会期中は朝から夜まで来場者を飽きさせないプログラムが組まれている。

『LABELHOOD』2020SS会場内で行われたワークショップの様子 photo by Hitomi Oyama
『LABELHOOD』2020SS会場内で行われたワークショップの様子 photo by Hitomi Oyama

ランウェイショーに参加するブランドは、毎回、公募や主催者側からの推薦でセレクトしている。参加対象は全世界で活動する中華圏のデザイナーだ。中国のファッション誌の編集長やアメリカの著名なセレクトショップのオーナーがセレクトに関わったこともある。毎シーズン約100ブランドから応募があり、最終的に約30のブランドが参加できる。

来場客も上海在住の若者だけでなく、中国各地から『LABELHOOD』を楽しみに訪れる若者が大勢いる。ただ、入場は完全予約制。毎シーズン、一つのショーに300枚の無料チケットが用意されるが、オンラインでの予約がスタートすると、3分ほどですべての席が埋まってしまうほどの人気なのだ。

『LABELHOOD』2020SS会場内の行列 photo by Hitomi Oyama
『LABELHOOD』2020SS会場内の行列 photo by Hitomi Oyama
『LABELHOOD』2018AW会場内のポップアップショップ。お目当てのブランドの新作を買うために、長距離列車に乗って上海にやってくる若者も少なくない  photo by Hitomi Oyama
『LABELHOOD』2018AW会場内のポップアップショップ。お目当てのブランドの新作を買うために、長距離列車に乗って上海にやってくる若者も少なくない photo by Hitomi Oyama
Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性