特集 PR

悩めるアイドル・ヒラノノゾミ(BiS)、人生相談に行く ギュウゾウ(電撃ネットワーク)に訊く

インタビュー・テキスト:南波一海 撮影:菱沼勇夫

自信がなくなってしまったとき、ギュウゾウさんならどうしますか?(ヒラノ)

ヒラノ:自信がなくなってしまったとき、ギュウゾウさんならどうしますか?

ギュウゾウ:自分に自信ないもん。ただ、手足が長くてスタイルがよくて、顔もよくて。それだけしかないもんね。

ヒラノ:うふふ。

ギュウゾウ:若いうちは世間知らないし、自分がどのぐらい大きな海の中を泳いでるかってわからないから、オレものすごい自信満々で、すごい生意気だったんだと思うんだ。あっちこっちで揉めるの大好きだったし。だけど気付いたらね、「うわ、オレ才能ねー! やべー!」って感じ。自信なくなったとき……オレが聞きたいな。プーちゃんとかに聞いたら?

―メンバー間でそういう話ってする?

ヒラノ:しないですね。お洋服の話とか、そういう話はよくしてるんですけど。

ヒラノノゾミ(BiS)

ギュウゾウ:プーちゃん、すごく頑張って完全にプー・ルイしてるなって思うんだよね。やっぱ本名と違う名前っていうのはいいよね。あの人だって、自信ある人じゃないと思うしなぁ。

ヒラノ:プーちゃん繊細ですね。

ギュウゾウ:よし、そしたら、プーちゃんにその質問を思い切ってぶつけるっていうのを、ここで宣言してください。

ヒラノ:え(笑)。

ギュウゾウ:ちゃんと真面目に聞かないとダメですよ。プーちゃんに聞いて、いい答え引き出して、それを教えてよ。

ヒラノ:わかりました。聞いてみます(笑)。

―ちなみにどんなときに自信をなくすの?

ヒラノ:やっぱりワンマンの前とか。

ギュウゾウ:緊張する?

ヒラノ:緊張しました。国技館のとき、初めて帰りたいって思いました。こんなにたくさんの人の前でできるのかなって。

ギュウゾウ:でも、できちゃったよね。

ヒラノ:始まったらあっという間に終わっちゃいましたね。

ギュウゾウ:緊張しないやつはだめよ。火事場の馬鹿力マシンになればいいんですよ。「わ、緊張してる。いよいよ出てくるぞ、私の中の馬鹿力」みたいな感じで捉えた方がいいと思う。オレあんま緊張しなくなっちゃったのよ。だから怪我しちゃう。手、震えたことある?

ヒラノ:あります、最初はライブのときいっつも震えてました。MCのときもロクに喋れもしなかったです。

ギュウゾウ:自信がなくなったってことに対しての質問に答えてないけど、緊張したときの対処法ね。オレも手が震えちゃってやべえときがあったの。それで先輩に教わったんだけど、マイク持つ手を替えればいいのよ。

―そんなもんなんですか?

ギュウゾウ:そんなもんなの。止めようと思うとすげえ、コントかよっていうぐらい震える。でも手を入れ替えて、震えてる手は後ろに隠しちゃう。もしそうなったら使ってみてください。

―それは目から鱗ですね。

ヒラノ:ありがとうございます。

ギュウゾウ:これ、特別ですよー?(笑) でも緊張しなきゃだめ。ミッチェルがものすごく緊張してるように見えるけど、あれね、得してますよ。みんな、ミッチェルかわいくなってきちゃう。こんなもんだよ、世の中は。余裕なんか持たなくていいですよ、今走んなきゃいけないんだから。

悩めるアイドル・ヒラノノゾミ(BiS)、人生相談に行く

―ライブ以外のことでは?

ヒラノ:普段もテンパっちゃいますね。行動に余裕がなくて、すべての。

ギュウゾウ:余裕がある人がいい?

ヒラノ:あった方がいいのかなーと思って。

ギュウゾウ:ゆっふぃーに聞けばいいじゃん。上手そうに見えるじゃないですか。ゆっふぃー、脱退までもうあと数えるほどなんだから、聞けばいいよ。答えてくんないっていうのも結果だから。

―(笑)。答えてくれない可能性もある?

ヒラノ:どうなんだろう。みんなで深い話をしないんですよね。

―電撃ネットワークはグループ内で深い話をしたりするんですか?

ヒラノ:将来のこととか、自分の本当の考えとか。

ギュウゾウ:将来のことはね……オレたち平均年齢50超えてるからなぁ(笑)。うちのグループの場合は海外公演が多くて、向こうに行くとトラブルも多いから、夢語りはわりとしてましたよ。未熟さゆえのね。だんだんメンバー間もそういうのしなくなるけど、だからこそ、のぞ氏がトントンってやって「ちょっと……」って言ったら聞くと思うよ。はい、もう次の質問、矢継ぎ早に行きましょう!

これからどういう展開があるの?今度はどんな人入れるの?(ギュウゾウ)

―もう時間が結構経ってきてますね。

ギュウゾウ:マジで! 全然話してないじゃーん!

―かなり話してますよ(笑)。

ヒラノ:(用意してきた相談が)全部出ましたね。

ギュウゾウ:そうすると対談が終わっちゃうんだよ! 質問してくれないと。

―会話を続けたいというファン心理が(笑)。

ギュウゾウ:あーもう終わっちゃうなー、寂しいなぁ。あと5分ぐらいお話しましょうよ。延長だよね!

ヒラノ:うふふ。

ギュウゾウ:じゃあ、僕から質問。ものすごいことになってきてるじゃない? 両国国技館にワンマンで立てるアーティストなんて、本当に一握りだと思うの。オレたちだって両国でワンマンなんてやってないし。まあ貸してくれないだろうけど(笑)。それでね、なんでこんないい景色まで上がって、辞めちゃうのっていうのはあるわけ。

悩めるアイドル・ヒラノノゾミ(BiS)、人生相談に行く

―5人のうち3人しか残らないですからね。

ギュウゾウ:ダンスがうまかったワッキーとゆっふぃーが辞めちゃうから、この先のBiSはダメだとか言ってるやつがいるけど、ちゃんちゃらおかしい。そういう意見に対しては、BiSのいいところわかってないなーとは思ってるわけね。で、これからどういう展開があるの? 今度はどんな人入れるの?

ヒラノ:この間オーディションだったんですけど、いいなと思った子がいて。入ってきてくれたら面白いっていう子が、何人か。期待してますね。どんな子が入って化学反応起きるかなと思って。

ギュウゾウ:ほんと楽しみだよね。仲良くやる必要もないしさ、もう面白ければいいよ、オレたちは。

―「面白ければいい」でやってきて、消耗して辞めていっちゃう人が大勢いるグループなんですが(笑)。

ギュウゾウ:そこらへんはいいんじゃない? こんなに注目されてるグループにいきなり入れることはなかなかないしさ。お互いハッピーだと思うよ。もう、お互い前に進むための燃料だよ。

ヒラノ:電撃ネットワークさんってみんな仲良しですか?

ギュウゾウ:一応ね。でも実際、仲悪く見せてるけど、本当はね、みんな仲悪くないと思う。なぜならば、一緒に呑みにいっちゃったりするからね。

―そうなんですね!

ギュウゾウ:あんまりないもんね。他のグループ。オレね、お店持ってるの、何軒か。呑みに来るもん、うちのメンバー(笑)。昔は海外でびっくりするぐらい差別とかもされたり、そういうところを一緒に戦ってきたから、根っこの部分ではやっぱり戦友だよね。

―そこはBiSはどうなんですか?

ヒラノ:どうなんだろう。やっぱり結束力は大事ですよね。

ギュウゾウ:結束力なんて、のぞ氏が考える必要ないって。そんなのプーさんに考えさせておけばいいよー。

ヒラノ:ふふふ。

ギュウゾウ:マジでマジで。あなた年下だし、のぞ氏がマイク持って切り盛りしてる役目じゃないし、しかも目立ってるっていういいポジションにいるんだから、いいんじゃない? いいよ、面白ければ。仲悪くやってよ。オレたちが面白がるから。

ヒラノ:ふふ。

ギュウゾウ:その中で、のぞ氏の実際の性格だったり、計算だったりで立ち回ればいいじゃない。両国だって客席楽しかったんだぜ? のぞ氏を推してる子がね、バッと裸になって、まわし付けてたんだぜ?

ヒラノ:付けてましたね。

ギュウゾウ:そしたら係員が飛んできて、連れて行かれたんだぜ? こんなの最高だよー! ほんと、研究員さん大好き。

ヒラノ:目立ってました。よく見えました(笑)。まわしになってるの。

ギュウゾウ:そうだよ、そんなのなかなかないよ? あの人たちが疲弊してくるときが潮時なんじゃん?

―潮時!

ヒラノ:怖いんですよね。いつそうなっちゃうのかなっていう。

ギュウゾウ:大丈夫だよ、人生長いから。BiSは30歳までやるもんじゃないから、すっごい勢いで走って、次のステップ行きますよ。その間に恋するかもしれないし、そっちの方が楽しくなるかもしれないし、あんま考えなくていいんじゃない? 考えるか、考えないかのどっちかですよ。これも、偶数の日は考えて、奇数の日は考える! そんなところで。

―美しく戻ってきました(笑)。

ヒラノ:ありがとうございます。うふふ。


INFORMATION

リリース情報

BiS
『未定』

2013年6月26日発売
LIVE盤(AVCD-48622/B)価格:3,570円(税込)
MUSIC VIDEO盤(AVCD-48623/B)価格:1,890円(税込)
CD盤(AVCD-48624)価格:1,050円(税込)

リリース情報

BiS
『BiSimulation』LIVE盤(CD+DVD)

2013年3月13日発売
価格:3,570円(税込)
AVCD-48642/B

1. BiSimulation
2. Hide out cut
3. BiSimulation -Acappella-
4. Hide out cut -Acappella-
5. BiSimulation -Instrumental-
6. Hide out cut -Instrumental-
[DVD収録内容]
・2012.7.13 LIVE『BiSメジャーデビュー記念直前大パーティ まだメジャーじゃないもん!! 』
※トレーディングカード封入(全6種類中1種ランダム封入)

amazonで購入する

PAGE 1 > 2 > 3 > 4

悩めるアイドル・ヒラノノゾミ(BiS)、人生相談に行く

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業