特集 PR

美しい写真の裏に隠された白人とネイティブアメリカンの黒歴史

美しい写真の裏に隠された白人とネイティブアメリカンの黒歴史

島貫泰介
撮影:佐々木鋼平

19世紀後半から20世紀前半にかけて活動した写真家、エドワード・S・カーティス。彼がその人生の大半をかけて追い求めた被写体は、ネイティブアメリカンと呼ばれるアメリカ先住民たちだ。ナヴァホ族、ズニ族など、アメリカ中西部からアラスカまでの80以上の部族を訪ねて回り、失われつつあったネイティブアメリカン社会の様子と、そこで生きる先住民たちの姿をカーティスは写真にとらえた。東京ミッドタウンにあるFUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館で開催中の『エドワード・S・カーティス作品展 アメリカ先住民の肖像』では、そんなカーティス自身が制作した貴重なヴィンテージプリントの数々を目にすることができる。

カーティスが撮影を始めた1900年前後は、白人に対する根深い不信、強い怒りを先住民たちがはっきりと共有していた時代だ。そのような状況下で、白人であるカーティスが彼らの社会に触れることの困難は想像に難くない。しかし、写真の中の先住民たちは、私たちの魂の奥底まで見通すような曇りない瞳をカメラに向け、悠然と佇んでいる。そんな先住民たちの表情を、なぜカーティスは引き出すことができたのだろうか。本展監修を務めた山地裕子さん(清里フォトアートミュージアム主任学芸員)に話を伺いながら、カーティスの実像に迫った。

[メイン画像]エドワード・S・カーティス『バッドランズのオアシス』

矛盾に満ちた白人社会とネイティブアメリカンを取り巻く状況の中で受容されたカーティスの写真

エドワード・S・カーティスは1868年にアメリカ中西部のウィスコンシン州に生まれた。シアトルで写真技術を学び、風景写真や富裕層のポートレートをスタジオ撮影する営業写真館を経営して、大きな成功を収めていたという。しかし、彼は勝ち組経営者としてのキャリアをあっさり捨てる。というのも、中西部からシアトルに移住する際に目にしたネイティブアメリカン居住区の衝撃を忘れることができなかったからだ。

『タブリタのダンスを踊る女性 サン・イルデフォンソ族』
『タブリタのダンスを踊る女性 サン・イルデフォンソ族』

15世紀末、コロンブスの新大陸発見以来、ヨーロッパから移住してきた白人とアメリカ先住民は大小の衝突を繰り返してきたが、1830年に「インディアン移住法」が可決されてからの約100年間は、先住民たちにとって真に苦難の時代だった。大陸南部を中心とした故郷の大地を奪われ、西部への強制移住を余儀なくされた。その道程で各部族は分裂し、多くの血が流れた。

『アコマ族の古い泉にて』
『アコマ族の古い泉にて』

カーティスがはじめてネイティブアメリカン居住区を目にしたのは、先住民による激しい抵抗運動は収束していた頃だが、豊かな自然とともに生きる先住民の文化は、近代化の影響を受けて徐々に失われつつあった。19世紀を通じて多くのアメリカ先住民を迫害・殺戮した白人社会は、20世紀前半において今度は彼らの文化や伝統を消失させようとしていたのである。

展示風景
展示風景

カーティスが受けた衝撃とは、自然の恩恵を忘却することで拡大していく近代社会への怒りや憤りだったかもしれない。だが、アメリカ先住民たちの文化を写真に残さなければならないという使命感を覚えると同時に、写真家の性(さが)として、失われゆくものだけが持つ特別な美に惹かれたというのも、偽らざる真実だろう。それは、約100年を経ても色褪せることのないカーティスの作品群を見れば、即座に感じ取ることができるはずだ。カーティス、そして当時の白人社会の矛盾に充ちた状況について、今展覧会を監修した山地さんはこのように語ってくれた。

山地:アメリカ先住民に対してアンビバレントな感情を持っていたのは、カーティスだけではなかったと思います。当時のセオドア・ルーズベルト大統領はカーティスの作品を見て深く感動し、銀行家のJ・P・モルガンを彼に紹介しています。アメリカ上流階級に属する彼らは、自身らの繁栄が先住民の土地を奪った歴史によって始まっていることを知っており、アメリカ先住民排斥に対する罪の意識を持っていたはずです。カーティスの写真がとらえたネイティブアメリカン文化の美しさに魅了されると同時に、彼の制作活動を経済的に支援することで、自分たちの贖罪を願っていたのかもしれません。


Page 1
次へ

イベント情報

エドワード・S・カーティス作品展
『アメリカ先住民の肖像』

2013年3月1日(金)〜5月31日(金)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン内 FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館
時間:10:00〜19:00(入館は18:50まで)
休館日:なし
料金:無料

ギャラリートーク
2013年4月21日(日)13:00〜、15:00〜(各回30分程度)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン内 FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館
料金:無料(予約不要)

プロフィール

エドワード・S・カーティス

1868年アメリカ・ウィスコンシン州生まれ。1899年、ニューヨークの大富豪エドワード・H・ハリマンのアラスカ探検隊に同行したことが大きな転機となり、以前から興味を持っていたネイティブアメリカンの撮影に専念することを決意。自らを「消えゆく文化の目撃者」ととらえ、1900年の南西部での撮影を皮切りに、南西部、平原、北西海岸の部族を次々と撮影。大富豪のJ・P・モルガン氏やセオドア・ルーズベルト大統領の経済的支援を得て、ミシシッピー河西部からアラスカにかけて全域を踏破し、80以上の部族を調査・撮影。1907年から1930年の間に、約1,500点の写真とテキストによる全20巻の『北米インディアン(The North American Indian)』を発行するという偉業を成し遂げた。1952年没。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に