特集 PR

秘密ロッカーのヒミツ大捜索 第2話:大学教授に、秘密ロッカーのヒミツを暴いてもらおう

話は遡ること3月。CINRAから「秘密ロッカー」というバンドについて調べてほしいと頼まれた私は、ファーストアルバムのプロデューサーを務めたDragon AshのHIROKI氏のもとを訪ねた。ネットで探しても情報が見あたらない秘密ロッカーについて、教えてもらおうと考えたのだ。しかしそこでHIROKI氏は、「簡単に教えたら面白くないじゃん?(笑)」と子どもじみた笑顔を浮かべ、低姿勢で歩み寄る私を一蹴する。何とか教えてもらえたのは、彼らに縁の深い高円寺にある3つの場所だけ。言われるがまま(というか逆らうのが怖くて)高円寺を歩きまわった私は、彼らがいつも利用しているというリハーサルスタジオの店長、レコーディングエンジニア、そして彼らがいつも飲んでいるという居酒屋の店長に取材し、彼らの素性(と居酒屋の店長の人生)について垣間見ることができた。しかし、その名の通り謎が多い秘密ロッカー。正直言って、その3つの場所だけでは、彼らの尻尾は掴めなかったのだ。

もうHIROKI氏に翻弄されまいと誓った私は、人に頼らずにその秘密を探ることにした。ギリギリの危うさを含む秘密ロッカーの音楽から、彼らの秘密を解き明かせるのではないかと考えたのだ。

電車を乗り継いでたどり着いたのは西武池袋線・江古田駅、日本大学藝術学部(いわゆる日芸)の情報音楽コースで教授を務める川上央教授の研究室。生態音響学の研究からサウンドデザインまで行い、様々な音を解析・創造してきた川上先生。ふふふ…。音のプロフェッショナルに、秘密ロッカーを丸裸にしてもらっちゃおう!

秘密捜索メモ#06 秘密ロッカーは、阿波踊りである!(らしい)
タナカ

―先生、今日はよろしくお願いします。

川上

川上:こちらこそよろしくお願いします。最近阿波踊りについて調べる機会があって、それで、ちょうどタイミングがいいなと思ったんだけど、秘密ロッカーの“あほうどり”っていう曲があるでしょ? あの曲をマジメに音響解析すると、実はかなり阿波踊りに近いんですよ。彼らは(阿波踊りで有名な)高円寺を活動拠点にしているから、なんか関係があるのかなと思ったりして。「アホウドリ」と「アワオドリ」の語感も近いし。

タナカ

―先生それオヤジギャグじゃないですか!? しかも阿波踊りって、彼らはパンクバンドですよ…。

川上

川上:音響学をなめてもらっては困りますよ(笑)。阿波踊りはリード三味線に鳴り物がアットランダムに入ってるだけで、要するに低音しかないんです。そしてこの“あほうどり”も、同じような周波数分布なんです。あなたは彼らを「パンクバンド」と言いましたが、そうやって音の上辺だけでは分からないことがあるんです。

タナカ

―(ムスっとして)じゃあ、秘密ロッカーの分布図は、他のロックバンドとは全然違うんですか?

川上

川上:良い質問です。普通のロックバンドだと、ギターのディストーションが響くので4000Hzあたりにブワッとエネルギーがあるんですね。でも、秘密ロッカーのグラフを見ると、スカスカなのが良く分かるでしょ? ほとんど低音にしかエネルギーがない。秘密ロッカーは音数が異常に少なくて、ベースラインの低音にギターリフと鳴り物があるだけ。楽器編成としてハーモニーがある感じじゃないから、盆踊りや阿波踊りに近いんです。

タナカ

―そ、そうなんですか。じゃあ先生、盆踊りと阿波踊りっていうのは違うんですか?

川上

川上:違います。どちらも基本的には2拍子なんですけど、盆踊りっていうのは「イチ、ニ」という風に一定のテンポではカウントせずに、「めでた、め〜で〜た〜」みたいに歌のフリによって拍が進行していく構造なんです。ところが阿波踊りには「タンカタンカ」っていうちゃんとしたフレーズがあって、「イチ、ニ、イチ、ニ」という一定のリズムもある。

タナカ

―阿波踊りは、踊りやすいんですね。

川上

川上:阿波踊りの歌い出しは「踊る阿呆に見る阿呆」なんて言いますけど、普通の民謡に比べてテンポも速いから、トランス状態にさせる要素があるんですよ。秘密ロッカーの“あほうどり”もギターのリフがあって、テンポが速いじゃないですか。だから盆踊り的というよりは阿波踊り的なんですよね。

周波数分布を解析することで見えてきた秘密ロッカーの意外な特徴。まさか阿波踊りなんてキーワードが出てくるとは思いもよらなかったけど、こうして理論的に説明されると、“あほうどり”の混沌としたサウンドが生み出す恍惚感にも納得がいく。続けて川上先生は秘密ロッカーが持つ特殊なバランス感についても話をしてくれた。

「あほうどり」の周波数分布 「阿波踊り」の周波数分布
PAGE 1 > 2 > 3

秘密ロッカーのヒミツ大捜索 連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る 1

    アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る

  2. 佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開 2

    佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開

  3. 広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア 3

    広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア

  4. 『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加 4

    『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加

  5. 隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン 5

    隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン

  6. 青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る 6

    青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

  7. 片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演 7

    片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演

  8. 水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら 8

    水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら

  9. King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM 9

    King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM

  10. Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット 10

    Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット