特集 PR

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー

小林宏彰
撮影:ノダ

鼻に網タイツのくっついたキャラクターが一番好きですね

─続いてこちらは、人形を使った影絵作品の映像だ。

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー
写真は2点とも映像作品《影の行進》(1999年)の展示風景

黒川「影絵の面白さって、映っているものが何なのかわからないところだと思うんですよね。それが何なのか自分で想像してみるのが面白いから、正体が分かっているのよりも集中して見ることができるんです」

─さらには、突然脚の生えた鏡(!?)と2枚の絵を使ったインスタレーション作品が登場。思わず駆け寄る黒川さん…が、あまりにも不思議な作品に、少々困惑気味。

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー
鏡を使ったインスタレーション《警察官ではない(その制帽だけ)》(2007年)に興味をそそられる黒川さん。

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー
こちらは《ダブル・カンナ》(2004年)。

─2枚の鏡を通して見た、壁に掲げられた2つの絵画を、頭の中で「立体」として再構築するという作品が2点。まさに「歩きながら考える」ケントリッジらしい作品とも言える。

黒川「どちらの鏡から見える映像も、不完全だっていうことなんですかね。ちょっと私には難しい作品ですけど、こうして鏡が展示してあるとキャッチーな面白さを感じます」

続いて、2つのレンズを通して立体像を作り上げるという作品が登場。

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー
〈デューラーの測定法教則〉(2007年)のシリーズを覗く黒川さん。

黒川「目を凝らすと、すごく複雑な作りになっているのがよく分かります。さまざまな物体を描き込むことで、奥行きに広がりを持たせていますね。それから、見ている自分が揺れると、絵の中で飛んでいる飛行機も揺れるところが面白い。これも、視覚を揺さぶろうとする計算なんでしょうかね。すごい…」

─円筒形の金属に版画を映し出すインスタレーション作品にも注目。

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー
円筒形の金属に版画が映る《メドゥーサ》(2001年)。

黒川「これは直接目を見ると石にされてしまうという、メデューサですよね。鏡ごしに見れば、石にされないのかも(笑)。これも視覚を使った、遊び心あふれる作品ですね」

─そして、最も謎に満ちた部屋が登場。上映されている数々の映像に登場するのは…なんと、鼻、鼻、鼻。

image


黒川「私、この鼻シリーズ、かなり好きです。鼻に網タイツのくっついたお姉さんのようなキャラが、今日見た中で一番気に入りました。鼻なのに、馬に乗って好き勝手やったあと、あっさり馬を下りてしまう気まぐれな強さ。それから、鼻なのにヒールを履いているかっこよさ(笑)。そうした要素に、さらにダークでシュールな要素も混ざってくる。これがケントリッジの面白さなんですね!」

─こうして、かなりボリュームがある展示を見終わり、大満足の黒川さん。最後に、率直な感想をお伺いした。

黒川「音楽あり、映像あり、アートに関するなんでもありで、とても楽しませてもらいました。遊園地のアトラクションに乗ったあとのような、爽快感がありますね。
そういえば、子どものお客さんもいましたね。頭が柔らかいぶん、大人より深く理解できるのかもしれないな。自由に発想することの大切さをすごく実感できる展覧会でした。
最初にケントリッジの絵を見たときは思ってもみなかったことなんですが、今やどの絵を見ても動き出しそうな気がしてならないです。帰り道、きっと周りのすべてが鼻に見えてくるんじゃないかな(笑)。一人の人間が、こんなにバリエーション豊かな作品を生み出すことができるなんて、本当にすごいなと思いましたね」

─暗い政治的な背景を持ちつつも、発想の豊かさと、笑いの要素を失わずに創作を続けてきたウィリアム・ケントリッジ。彼の作品をどのように受け取るかは、観客のひとりひとりに委ねられている。その豊かさ、自由さを味わいに、展覧会にぜひ足を運んでみてほしい。

女優・黒川芽以と行く! ウィリアム・ケントリッジ展ツアー

※会場での撮影は、東京国立近代美術館の許可を得て行ったものです。
※作品は全て ©the artist
※作品には著作権があります。無断転用は固くお断りします。

information

CINRA.NETでは、レポートの公開を記念し、本展覧会の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!ぜひ、実際に展覧会を体感してみてください。
お問い合わせページのメールフォームから、件名に「ウィリアム・ケントリッジ展招待券応募」と記入し、お問い合わせ内容欄にご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2010年1月28日)。

『ウィリアム・ケントリッジ―歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた……』

2010年1月2日(土)〜2月14日(日)
会場:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー(1階)
時間:10:00〜17:00 金曜日は20:00まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし、2010年1月11日は開館)、2010年1月12日(火)
料金:一般850円 大学生450円 高校生以下無料

『ウィリアム・ケントリッジ』展割引引換券ページ
CINRA.NET > 南アフリカ出身の現代美術家、ウィリアム・ケントリッジの手書きアニメーション

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 3
前へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性