特集 PR

kilk recordsの奮闘から見る、音楽レーベルの未来

kilk recordsの奮闘から見る、音楽レーベルの未来

金子厚武

音楽業界が変化を続け、レコードレーベルの存在意義が問い直されている中、昨年5月にライブハウス「ヒソミネ」をオープンし、今年に入ってからはレーベルに所属するアーティストの楽曲の定額聴き放題サービスをスタートするなど、さまざまなチャレンジを続けているkilk records。もちろん、「新しい音楽との出会い」を大事にするレーベルだけに、3月12日にはAJYSYTZ(アイシッツ)とarai tasukuというまったく違ったタイプの二組を同時にデビューさせるなど、リリース自体も活発だ。主宰者である森大地や、AJYSYTZのメンバーの証言も交えながら、レーベルが提示する新しい価値観をいくつかのトピックを立てて検証することは、そのまま現在の音楽業界を検証することにもつながった。

(メイン画像:ヒソミネ会場風景(撮影:ameshiba))

日本の音楽史を変えるのは、アーティスト脳を持った経営者かもしれない。

「精神に溶け込む、人生を変えてしまうほどの音楽との出会い」をテーマに掲げ、2010年11月に設立されたkilk records。主宰の森大地は自らフロントマンを務める6人組Aureoleの活動と並行して、楽器屋の店員からトラックの運転手に至るまで、様々な仕事をこなしてきたが、あくまでバンドを中心とした生活を送る中で、レーベルの立ち上げを決意した。

森大地 photo by ふみねこ
森大地 photo by ふみねこ

森:日本には、自分の好きな音楽が根付く土壌がないと思ったんですよね。たとえばポストロックとかエレクトロニカと呼ばれる音楽の中でも、ごく一部の人は有名になったりしますけど、もうちょっと内向的で、精神的な音楽を作っている人たちがビッグヒットするような土壌はまだないと思うんです。「自分の好きなものを、少人数にでも聴いてもらえればいい」という考え方もいいと思いますが、僕はもっと大勢の人に広めていきたくて、大げさに言えば、日本の音楽史を変えたいぐらいの思いもあって。そのためには自分でやっちゃうしかないと思ったんですよね。

インターネットの発達、とりわけBandcampの登場によって、アーティストが自ら音源を発売することが以前よりも手軽になり、現代はレーベルの存在意義そのものが問われている時代だと言っていいだろう。そんな中、ここ日本で面白い動きを見せているレーベルをピックアップしてみると、自身がアーティストでありながら、レーベルを運営する、「プレイングマネージャー」の存在が浮かび上がってくる。

2000年代のポストロック~インストブームを牽引し、現在は東京と仙台でショップも運営する残響レコードの河野章宏(te')、CDやアナログのリリースに加え、ディスクレビューなどを掲載するウェブメディアとしても機能しているonly in dreamsの後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、さらには昨年その人生がドキュメンタリー映画となったPIZZA OF DEATH RECORDSの横山健(Hi-STANDARD)と、既存の企業のシステムとは異なる目線を提示するプレイングマネージャーは、変容を続ける音楽シーンのキーマンとなっている。そして、森は「自分がやって意味のあることしかやりたくない」と語る。

森:もう売れてるバンドや、すでに1~2枚リリースがあって、評価が上がりつつあるバンドは、僕が出す必要はないと考えました。それよりも、土壌がないせいで「売れない」と判断されてしまうようなバンドをリリースすることを、自分のレーベルの使命にしたいと思ったんです。ただ、僕はなるべくアーティスト脳でいようとは思ってます。ビジネス脳になると、僕が「こうはなりたくない」と思ってる老害レコード会社と同じになっちゃうかもしれないので(笑)。初心を忘れないためにも、「バンドを成功させるためにレーベルをやるんだ」っていうのは、常に思ってる部分ではありますね。

Page 1
次へ

イベント情報

『僕が死んだ日 -arai tasuku “Sin of Children"release party-』

2014年4月13日(日)OPEN 17:00 / START 17:30
会場:埼玉県 大宮 ヒソミネ
出演:
arai tasuku
KASHIWA Daisuke
Mili
料金:前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)
※チケットは完売

AJYSYTZ
『Unknown Nostalgia Release Tour 2014』

『サンガツ vol.7』
2014年3月15日(土)
会場:東京都 渋谷 LUSH
出演:
AJYSYTZ
テスラは泣かない。
QLIP
uのリズム
GORAKU the funcion
kie
and more

2014年3月16日(日)
会場:東京都 渋谷 2.5D
出演:
AJYSYTZ
arai tasuku
and more

『アルバム購入者限定招待ライブ』
2014年3月30日(日)
会場:埼玉県 大宮 ヒソミネ
出演:
AJYSYTZ
arai tasuku
※『Unknown Nostalgia』購入特典の限定招待チケット必須

2014年4月26日(土)
会場:広島県 Live&Cafe BORDER
出演:
AJYSYTZ
aureole
and more

2014年4月27日(日)
会場:大阪府 地下一階 -chika-ikkai-
出演:
AJYSYTZ
aureole
and more

2014年5月3日(土)
会場:東京都 新代田 FEVER
出演:
AJYSYTZ
ハイスイノナサ
aureole
kottur
and more

リリース情報

arai tasuku<br>
『Sin of Children』(CD)
arai tasuku
『Sin of Children』(CD)

2014年3月12日(水)発売
価格:2,310円(税込)
kilk records / KLK-2037

1. Al is like the boogeyman / アルバートは夜が好き
2. Lizzy's delights / エリザベスの絵の具
3. Irma learns to swim / イルマは瞼に包まれて
4. Ed flips the pillow / エドワードは枕をひっくり返す
5. Henry and Viora lost themselves / ヘンリーとヴィオラ
6. Mr.East loves mom / ママに咲いたカーネーション
7. Time passing Bell / ベルの時計は壊れない
8. Moon Maniac / ジョンのベッドは水中へ
9. Aileen's unseen things / アイリーンの宝物
10. Drawing in Dreams / ヴァージニアは嗤う
11. Myra's wish on the star / マイラの願い
12. Sin / リチャードのかくれんぼ
※初回生産分には「arai tasuku × Ambivalent./glimmdollコラボオリジナルビッグ缶バッヂ(全5種)」付属

AJYSYTZ<br>
『Unknown Nostalgia』(CD)
AJYSYTZ
『Unknown Nostalgia』(CD)

2014年3月12日(水)発売
価格:2,310円(税込)
kilk records / KLK-2036

1. mirror, mirror
2. I know you, you know me.
3. ノイ
4. apathy syndrome
5. Night Flight
6. Tanzen
7. うたたね
8. チェリオ
9. Synchronicity
10. TyphoonNight
11. elm tree
12. メトロ
13. StreamStory

プロフィール

kilk records(きるくれこーど)

森大地が主宰する。「精神に溶け込む、人生を変えてしまうほどの音楽との出会い。」を掲げ、オルタナティブロック、ポストロック、エレクトロニカ、テクノ、サイケデリック、プログレッシブ、フォーク、アヴァンギャルド、アンビエント、ヒップホップ、ブレイクコア、インダストリアル、ジャズ、クラシカル、民族音楽……。ジャンルを問わず、「独創性」にこだわった魂を震わせるような音を発信するレーベル。2013年5月にはさいたま市の宮原にライブスペース「ヒソミネ」をオープン。2014年3月にarai tasuku『Sin of Children』、AJYSYTZ(アイシッツ)『Unknown Nostalgia』の二組を同時リリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 1

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  2. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 2

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  3. 森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役 3

    森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役

  4. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 4

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  5. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 5

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  6. 峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報 6

    峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報

  7. 香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表 7

    香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表

  8. 1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播 8

    1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播

  9. ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る 9

    ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る

  10. のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も 10

    のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も