特集 PR

イタリア文学の巨匠が日本での過酷な生活を経て描いた女性の物語

イタリア文学の巨匠が日本での過酷な生活を経て描いた女性の物語

萩原雄太

「フェミニズム」と聞いてドキッとしたり、自分に都合の悪いことが書かれているのでは……!? と身構えてしまった男性読者の方は、できればそのガードを下ろして読んでみてほしい。

今年6月、16世紀に活躍したスコットランド女王、メアリー・ステュアートと、イギリス女王エリザベス1世という、二人の女王の生き様を描いた舞台『メアリー・ステュアート』がパルコ劇場で上演される。中谷美紀、神野三鈴の二人の女優によって演じられる同作品は、イタリアの女性劇作家、ダーチャ・マライーニが1980年に書いた戯曲を元にしたもの。これまで、15か国語に翻訳され、日本でも宮本亜門を始めとする様々な演出家の手によって繰り返し上演が行われている。

そして同作品を語るうえで外せないのが、「フェミニズム」というキーワードである。それは、前述のダーチャ・マライーニが世界的に著名なフェミニストであることも大きいが、何故2015年の今、「フェミニズム」をクローズアップするのか? という問いも当然あるだろう。今原稿では、あらためて「フェミニズム」の今を振り返りながら、ダーチャ・マライーニが今作品で描こうとしたことや、「ネオ・フェミニズム」という新たな潮流について触れていきたいと思う。それらを紐解くと、女王、女優、女性作家など、「女性」をめぐる様々な問題が浮かび上がってくる。

『フェミニスト・オブ・ザ・イヤー』に輝いた、女優エマ・ワトソンの憂鬱

なんとなく感じていたことだが、「フェミニズム」というモノに対する世間一般のイメージはあまり芳しくないらしい……。Googleで検索してみたところ、「フェミニスト」の関連キーワードとして、「フェミニスト うざい」「腐フェミニスト」などの文言が眼に飛び込んでくる。

匿名で書き込まれたネットの情報だから、割り引いて考える必要があるのはもちろんだが、そこには「フェミニスト」とカテゴライズされたが最後、何やら「面倒くさい」という烙印を押されてしまうような風潮が見え隠れする。そして、それはどうやら、ここ日本だけの傾向ではないらしい。

ダーチャ・マライーニ原作『メアリー・ステュアート』イメージビジュアル
ダーチャ・マライーニ原作『メアリー・ステュアート』イメージビジュアル

映画『ハリー・ポッター』シリーズで有名な女優・エマ・ワトソンは、「自分をフェミニストであると認識する」と公言しており、昨年、女性に対する差別や社会問題解決のために活動するチャリティー団体「Ms. Foundation for Women」が主催する『フェミニスト・オブ・ザ・イヤー』にも輝いた。しかしながらそんなエマも、フェミニズムが置かれているイメージが非常に悪いことを認めており、そのイメージを改善する必要性を説いている。性差別撲滅キャンペーン「HeForShe」のために国際連合で行ったスピーチで、彼女は次のように語った。

フェミニズムについて話す機会が多くなるにつれ、女性の権利を主張することが男性嫌悪に繋がってしまうことが問題であるとひしひしと感じています。女性の権利主張=男性嫌悪、という世の中の意識を変える必要があります。
(ログミー『【全文】「今こそフェミニズムを見直すべき」女優エマ・ワトソンが国連で“男女平等”を訴えたスピーチ』より)

エマの主張はこうだ。単純な「男性嫌悪」に陥ってしまいがちな従来型のフェミニズムの主張を避け、シンプルな枠組みの「新しいフェミニズム」を構築しなければならない。彼女にとって、フェミニズムとは「女性の権利を主張すること」ではなく、「人間が自由を求める」という普遍的な欲求の1つであり、社会の枠組み以前に、個人が自立するために求められるものなのだ。『ELLE JAPON』2015年2月号でも「ネオ・フェミニズム宣言」と題した特集が組まれ、エマを始めとした新しいフェミニズムの盛り上がりを取り上げている。

「女性の」ではなく、「個人」の自由を求める「ネオ・フェミニズム」

1960年代、カウンターカルチャーの隆興とともに世界各地で盛り上がった「フェミニズム運動」は、これまでも社会状況の変化にあわせて、その戦い方を変え続けてきた。そして、エマがスピーチした内容と呼応するような作品をずっと作り続けてきたのが、舞台『メアリー・ステュアート』の原作者でもあるイタリア人作家、ダーチャ・マライーニである。


ウンベルト・エーコや、村上春樹らと並び、最も『ノーベル文学賞』に近い作家の1人に数えられるダーチャ・マライーニは、作家としてのみならず、フェミニズムの旗手としても世界中に名が知れ渡っている。第二次世界大戦下のイタリアを舞台に14歳の少女アンナを描いたデビュー作『ヴァカンツァ』(1962年)や、使い捨てられるように様々な男と関係を持つ17歳のエンリーカを描き『フォルメントール国際文学賞』を受賞した『不安の季節』(1962年 / 日本語訳は1970年)などの功績により、彼女はデビュー直後から一躍文壇の寵児となった。

以降もフェミニズムの代表作と言われる『闘う女』(1975年)や、女性たちへの呼びかけとして書かれた詩集『わたしの女たち』(1974年)など、一貫して、性、生活、政治といったあらゆる文化的な負荷と女性をテーマにした作品を発表している。そして、重要なポイントが、マライーニがずっと主張してきた「フェミニズム」も、エマが「問題点」として指摘した「女性の権利拡大」を必ずしも意味するものではないということだ。

マライーニの母国であるイタリアでは、アメリカやイギリスよりも少し後、1970年代に女性解放運動の機運が高まった。『メアリー・ステュアート』の原著を翻訳した望月紀子によれば、女性の権利拡大を主張し、政治的側面が強かったアメリカ、イギリスの「女性解放運動」に対して、イタリアのフェミニズムは「男の圧力で消し去られ、捉え難くなってしまった『女性像』をよみがえらせる」(『海』1983年新年特別号)という、むしろ文化的側面への視線が一貫して強いものだったらしい。マライーニ自身も、フェミニズムの目的を「女性形の文化の創造」と掲げているように、政治的な意味ではなく、個人的・内的な意味で捉えており、エマ・ワトソンや『ELLE JAPON』の特集で掲げられた「個人の自由を求める」運動としての「ネオ・フェミニズム」と共鳴する部分は多い。

Page 1
次へ

イベント情報

PARCO Production
『メアリー・ステュアート』
フリードリッヒ・シラー作『メアリー・ステュアート』の自由な翻案

作:ダーチャ・マライーニ
訳:望月紀子
演出:マックス・ウェブスター
衣装デザイン:ワダエミ
出演:
中谷美紀
神野三鈴

東京公演
2015年6月13日(土)~7月5日(日)全26公演
会場:東京都 渋谷 パルコ劇場

大阪公演
2015年7月11日(土)、7月12日(日)
会場:大阪府 シアター・ドラマシティ

広島公演
2015年7月15日(水)
会場:広島県 アステールプラザ・大ホール

名古屋公演
2015年7月18日(土)、7月19日(日)
会場:愛知県 名古屋 ウインクあいち・大ホール

新潟公演
2015年7月24日(金)
会場:新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

福岡公演
2015年7月30日(木)
会場:福岡県 キャナルシティ劇場

プロフィール

ダーチャ・マライーニ

1936年生まれ。イタリアの小説家・劇作家・詩人。主にフェミニズムや反ファシズムに焦点を当てた作品で知られ、イタリア文学界最高の賞とされる『ストレーガ賞』を受賞(1999年)。ウンベルト・エーコや村上春樹らと並び、最も『ノーベル文学賞』に近い作家の一人に数えられる。1980年に執筆された『メアリー・ステュアート』は、一人の女性として生きるメアリーとエリザベス一世の生き様を描き、15か国語に翻訳された。父は写真家、登山家、人類学者、東洋学者のフォスコ・マライーニ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督Q&A

『キングス・オブ・サマー』『キングコング: 髑髏島の巨神』の監督であるジョーダン・ヴォート=ロバーツが、自身や自作を語る動画が公開。「影響を受けた映画」や「使用する楽曲への思い入れ」など、ファンからの質問に彼が回答しています。また、ファンが最も気になっていたであろう「髭に対するこだわり」も明らかになる、貴重な映像になっています。(久野)

  1. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 1

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  2. 『SWITCH』でギャルソン「白の衝撃」特集 川久保玲のロングインタビューも 2

    『SWITCH』でギャルソン「白の衝撃」特集 川久保玲のロングインタビューも

  3. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 3

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎

  4. 宇多田ヒカルが森見登美彦原作『ペンギン・ハイウェイ』主題歌、AL詳細も 4

    宇多田ヒカルが森見登美彦原作『ペンギン・ハイウェイ』主題歌、AL詳細も

  5. J・ビノシュ&岩田剛典が涙、永瀬正敏が微笑 河瀬直美『Vision』新予告編 5

    J・ビノシュ&岩田剛典が涙、永瀬正敏が微笑 河瀬直美『Vision』新予告編

  6. 桜井日奈子&吉沢亮と両親Sが語る 『ママレード・ボーイ』特別映像公開 6

    桜井日奈子&吉沢亮と両親Sが語る 『ママレード・ボーイ』特別映像公開

  7. 放送作家・倉本美津留が語る音楽仕事 最新の企画は「怖い童謡」 7

    放送作家・倉本美津留が語る音楽仕事 最新の企画は「怖い童謡」

  8. 黒木華&多部未華子が樹木希林の指導で四苦八苦 『日日是好日』特報公開 8

    黒木華&多部未華子が樹木希林の指導で四苦八苦 『日日是好日』特報公開

  9. 『鬼神童子ZENKI』漫画家の黒岩よしひろが心筋梗塞で逝去、55歳 9

    『鬼神童子ZENKI』漫画家の黒岩よしひろが心筋梗塞で逝去、55歳

  10. フィッシュマンズのアナログ盤が2作発売 ベスト&『Night Cruising 2018』 10

    フィッシュマンズのアナログ盤が2作発売 ベスト&『Night Cruising 2018』