特集 PR

『アカデミー賞』受賞でも成功とは思っていない、ワダエミの流儀

『アカデミー賞』受賞でも成功とは思っていない、ワダエミの流儀

インタビュー・テキスト
森直人
撮影:豊島望

日本を代表する衣装デザイナー、ワダエミ。黒澤明監督の映画『乱』で『アカデミー衣装デザイン賞』を受賞。以降、様々な映画などで、国際的なビッグネームとのコラボレーションを続けてきた彼女は、戦後の日本カルチャーシーンの最先端を走り続けた女性でもあった。

6月13日からパルコ劇場で上演される東京公演を皮切りに、全国計5か所を廻る舞台『メアリー・ステュアート』(演出:マックス・ウェブスター)。16世紀に生きた対照的な二人の女王――スコットランド女王のメアリー・ステュアートと、イングランド女王のエリザベス1世を描き、現代の視座から史実を通して「女性の生き方」を問う本作の特徴は、4人の登場人物を2人の女優で演じるところにある。つまり、メアリーを演じる中谷美紀はエリザベスの侍女を、エリザベスを演じる神野三鈴はメアリーの乳母を演じ、さらに相互の役を入れ替えて進行していく、複雑な合わせ鏡のような大胆な作品だ。

今回は、この刺激的な歴史劇『メアリー・ステュアート』を起点としつつ、ワダエミの生き方の流儀と彼女の魅力を探ってみた。都内の閑静な住宅街にあるご自宅で、彼女の半生、そして仕事について、貴重な話を伺った。

やっぱりディレクターもいろんな迷いがあるものですから、衣装はいつもギリギリになってしまいます。そんな経験を何度もしているので、生地はいつも持ち歩いているんです。

―『メアリー・ステュアート』は二人芝居で、中谷美紀さんがスコットランド女王メアリー・ステュアートとエリザベス1世の侍女を、神野三鈴さんがイングランド女王エリザベス1世とメアリーの乳母を演じます。つまり、舞台上でそれぞれの主従関係がどんどん入れ替わっていく……とてもミニマムな構造の作品ですね。

ワダ:はい、難しいオファーをいただいてしまいました(笑)。私、「衣装はキャラクターである」という持論をずっと通してきたんですね。今作はその持論が通らない脚本で、すごく悩んだ結果、「今回の衣装はキャラクターじゃなくて、テクスチャー(質感)が根幹だ」と。そこから発想していくしかない。

『メアリー・ステュアート』メインビジュアル 左から:神野三鈴、中谷美紀
『メアリー・ステュアート』メインビジュアル 左から:神野三鈴、中谷美紀

―キャラクターを表現するだけではない、衣装のあり方にチャレンジした。

ワダ:そう。演出家のマックス・ウェブスターと打ち合わせしたときも、「女優は裸足で演じる」「靴は履かない」ってことはすぐに通じ合ったんです。靴は、いろんなキャラクターを表現できるアイテムなんですね。映画では靴が見えないシーンもあるけど、舞台ではずっと見えちゃうでしょう。で、裸足に一番似合うのはじつはヌードなんだけど、そういうわけにはいかないので(笑)。

ワダエミ
ワダエミ

―キャラクターを表現する「靴」を履かない舞台だからこそ、衣装のテクスチャーが肝なんですね。ここに来てワダさんの新境地が観られると。

ワダ:そうですね。でもなかなか時間がなくて、まだ詰められていない部分が結構あるんです。

―6月の公演まで、まだ油断ができないわけですね。

ワダ:はい。私の場合、事前にバシッとすべて決まっていたのは黒澤明さんとの仕事だけでございまして(笑)。やっぱりディレクターもいろんな迷いがあるものですから、衣装はいつもギリギリになってしまいます。途中で台本が変わるとか、直前まで振り回される香港映画とか(笑)。短い期間で対応しないといけない仕事を何度も経験しているので、どこにどう使うかわからないけど、生地だけはいつも持ち歩いているんです。

『メアリー・ステュアート』の衣装イメージ
『メアリー・ステュアート』の衣装イメージ

―臨機応変に対応できるように。

ワダ:あくまで共同作業ですから、こっちもライブでやっていこうと思って。ただ、最近は映画がデジタル撮影になったでしょう。そうすると後処理……ポストプロダクションでどうにかすることもあって、私が「この色しかない!」って思っても、後から簡単に変えることができちゃうのが辛いのね。

―映像はすべてがポスプロに回収されがちな時代になってきていますよね。

ワダ:そういった意味で、舞台は面白いですね。私、オペラはたくさんやっていますが、ストレートプレイの演劇は意外と少ないんです。でも、20歳のときに初めて手掛けた仕事が、詩人の堂本正樹さん作の『青い火』(1957年)っていう舞台の衣装なので、そこからぐるっとひと回りして演劇の世界に戻っているのは、ちょっと面白いなって自分で思っているんです。

Page 1
次へ

イベント情報

PARCO Production
『メアリー・ステュアート』
フリードリッヒ・シラー作『メアリー・ステュアート』の自由な翻案

作:ダーチャ・マライーニ
訳:望月紀子
演出:マックス・ウェブスター
衣装デザイン:ワダエミ
出演:
中谷美紀
神野三鈴

東京公演
2015年6月13日(土)~7月5日(日)全26公演
会場:東京都 渋谷 パルコ劇場

大阪公演
2015年7月11日(土)、7月12日(日)
会場:大阪府 シアター・ドラマシティ

広島公演
2015年7月15日(水)
会場:広島県 アステールプラザ・大ホール

名古屋公演
2015年7月18日(土)、7月19日(日)
会場:愛知県 名古屋 ウインクあいち・大ホール

新潟公演
2015年7月24日(金)
会場:新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

福岡公演
2015年7月30日(木)
会場:福岡県 キャナルシティ劇場

プロフィール

ワダエミ

1937年、京都府生まれ。京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)西洋画科卒業。卒業後、舞台装置や舞台衣装デザインを手がけ、72年、アメリカ映画『マルコ』で映画の衣装デザインを担当。以後、世界各国で映画、舞台の衣装デザイナーとして活躍。黒澤明監督の映画『乱』で受賞した『アカデミー衣装デザイン賞』をはじめとして、受賞歴も多数。代表作は『利休』(勅使河原宏監督)、『宋家の三姉妹』(メイベル・チャン監督)、『枕草子』(ピーター・グリーナウェイ監督)、『御法度』(大島渚監督)、『HERO—英雄』(チャン・イーモン監督)など。日本はもとより、世界からも注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」