特集 PR

意外と身近にある みんなのメディア芸術 Vol.1 DOMMUNEもメディア芸術? 宇川直宏の切り拓く地平とは

意外と身近にある みんなのメディア芸術 Vol.1 DOMMUNEもメディア芸術? 宇川直宏の切り拓く地平とは

影山裕樹

1997年より、メディア芸術の発展を目的として始まった『文化庁メディア芸術祭』の開催は、次回で15回目を迎えることになった。2012年2月の受賞作品展に向けて、文化庁メディア芸術祭に関わるさまざまなクリエイターへのインタビュー連載をスタートする。第1回目は、ドイツ・ドルトムント市で開催されている『文化庁メディア芸術祭 ドルトムント展2011』(10月2日まで)のオープニングプログラム「DOMMUNE Dortmund Tokyo」のために渡独し、帰国したばかりの宇川直宏を取材。第14回文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品に選出された『The Final Media DOMMUNE』を、ドイツの会場から配信することによって至ったという「東京にスタジオを構えながらも世界中のどこから発信してもいい」という認識とは。また、これからのライブストリーミングの可能性や、文化庁メディア芸術祭独特の面白さについてなど、興味深い話題について伺った。

PROFILE

宇川直宏
1968年生まれ。グラフィックデザイナー、映像作家、VJ、現代美術家、文筆家、オーガナイザーなど多数の肩書きを持つ。2010年3月1日に開局した、自ら主宰するライブストリーミングチャンネル/スタジオDOMMUNEで、第14回文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品に選出される。
UKAWA.TV - UKAWA NAOHIRO OFFICIAL WEBSITE -

『The Final Media DOMMUNE』
ライブストリーミングを使って月曜から木曜の平日毎晩、Ustreamで配信される番組。プログラムはおもに渋谷にあるスタジオから配信され、実際に足を運んで体験することも可能。基本はトークプログラムとミュージックプログラムの2部構成で、リアルタイムで世界に配信され、視聴者はTwitterによる書き込みでコメントを投稿することができる。ソーシャルメディアを使ったコミュニケーションを伴う実験的プロジェクト。
DOMMUNE (ドミューン)

美術館の中にDOMMUNEのドイツ支局を設立する行為とは

―10月2日まで開催中の『文化庁メディア芸術祭 ドルトムント展2011』にDOMMUNEとして参加し、ライブとトークイベントを現地で開催されましたが、まずはその感想からお聞かせいただけますか。

宇川:9月9日(金)のオープニングレセプションの日に、ニコニコ生放送とコラボレーションをしたライブ配信を行い、9月10日(土)にはDOMMUNEとサイマル配信で参加作家のトークプログラムと、ドルトムント在住のDJ INGO SAENGERのプレイを配信したので、リアルタイムでご覧になった方も多いと思います。ただ、そもそも今回のドルトムントでの展示はDOMMUNE本体のインスタレーションがメインで、配信はあくまで全体のプログラムのうちのひとつです。そのあたりは日本で視聴されている方には伝わりづらかっただろうと思います。

―僕は日本で視聴していましたが、ライブストリーミングとしてのDOMMUNEを美術館の展示空間でどうやって見せたのか、改めて教えてください。

宇川直宏
宇川直宏

宇川:展示空間は、美術館の中にDOMMUNEのドルトムント支局、サテライトスタジオを作るというコンセプトです。もちろんそこから、先述したドイツからの中継も配信しましたし、僕らが帰国した後も、過去に東京のスタジオで配信したDOMMUNEの番組アーカイブから、音楽プログラムのベストワークを40時間選出してそれをループで流しつつ、日々東京のスタジオから配信している番組をリアルタイムで美術館の中で見せていくんです。つまり今日これからも開始する僕らの配信も、もちろん、美術館の中にあるドルトムント支局で公開されるのです。ちょっと複雑なんですが、配信サイドには東京のスタジオとドルトムントのスタジオがあり、また視聴サイドには日本、そして世界で配信を見ている人と、ドイツの美術館内で展示として見ている人がいるというかたちです。つまり、このDOMMUNEドルトムント支局自体が作品なのです。

ももクロとDOMMUNEが併存する、という日常

―プレオープニングイベントでは、アイドルグループのももいろクロ―バーZによるライブ、初音ミクをフィーチャーしたsasakure.UKのパフォーマンス、最後に宇川さんのVJが、ニコニコ生放送とDOMMUNEの両方のサイトから配信されていました。ニコニコ動画で見られるというのが斬新なプログラムでしたが、コメントを匿名で書き込めるぶん、タイムライン上ではパフォーマンスに対する批判的なコメントもちらほら出てきていましたね。ももクロのライブを見ているドイツの人の表情にいちいち反応するコメントも面白かった(笑)。

ももいろクローバーZ ©文化庁メディア芸術祭事務局
ももいろクローバーZ ©文化庁メディア芸術祭事務局

宇川:ももクロ、初音ミクと来て、最後に僕がドイツのキュレーターに紹介されたドルトムント在住のTOMORROW BUTTONとのVJのパフォーマンスをはじめるやいなや、ニコ生のコメントでかなり叩かれたんですよ(笑)。ももクロ出せ! ミク出せ! おっさんは消えろ! といった感じで(笑)。よく考えたら、ドイツの人がキュレーター目線での、現行のオリエンタリズムとしてのアイドル文化と、ボーカロイドや、ソーシャルストリーミングの先鋭テクノロジーをメディアアートという文脈で切り取れば、ももクロもDOMMUNEも日本のサブカルチャーとして一括りにすることができるのでしょうが、そのオープニングの模様を日本で観たらコンテクストに乖離が生じますよね。なので、叩かれても当然だなあ、と。別に誰が悪いわけでもないのですが、ニコ生に親和性の高いGEEK/ヲタカルチャーとは、いたたまれない断絶感を感じる結果となってしまいました(笑)。しかし、僕にとっては掛け替えの無い経験になったことも事実です。

ももいろクローバーZ ©文化庁メディア芸術祭事務局
ももいろクローバーZ ©文化庁メディア芸術祭事務局

―ドイツの人から見れば、ハイコンテクストなメディアアートではなく、日本の日常にあるオタクカルチャーとネットカルチャーが併置してプレゼンテーションされていたような印象を受けました。

宇川:オープニングに関してはその側面が強かったと思いますね。ただ、古びてしまったクールジャパン以降の戦略としては、オープニングはあれで正しかったのだとも思います。それ以前に今回の試みで特筆すべきなのは、通常のDOMMUNEの配信、つまり日本で日々行われている19時から24時のプログラムですが、それをちょうど7時間の時差の関係で、ドルトムントの会場の開館時間帯、つまり昼の12時頃から閉館までリアルタイムで東京からの配信そのものを展示することができている。ですから先述したとおり、会場を訪れたお客さんは、日本で日々繰り広げられている番組を、同時にホワイトキューブのなかで今日も鑑賞することができているのです。これは画期的なことだと思っています。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場