特集 PR

小林エリカと観る、教科書で習ったのとは少し違う『ミレー展』

小林エリカと観る、教科書で習ったのとは少し違う『ミレー展』

上條桂子
撮影:相良博昭

ミレーという画家を知っていますか? とたずねると、大抵の人は「知ってる」と答えるでしょう。3人の女性が落ちた穂を拾っている『落穂拾い』や、黄昏時に畑の真ん中で男女が祈りを捧げている『晩鐘』、そして農民の男性が労働する姿を描いた『種をまく人』は、学校の教科書などでもよく紹介されているだけでなく、岩波書店のマークにもなっているので、本好きの方はきっとご存知。ですが、農民を描いた作品だけがミレーの絵ではないのです。

『ボストン美術館 ミレー展―傑作の数々と画家の真実』は、19世紀半ばのフランスで活躍した画家ジャン=フランソワ・ミレーの多面的な創作活動に迫る展覧会。生まれ故郷のノルマンディー、画家として出発をしたパリ、森と画家仲間に育てられたバルビゾン。自然や農民に囲まれながらもプロの画家として、ときには戦略的に絵を描いたというミレー。「展覧会を見てミレーが大好きになりました!」という作家の小林エリカさんと一緒に観る、知られざるミレーの魅力についてあらためて迫ります。

じつは「農民画家」ではなくインテリだったミレー。筋肉質でムキムキの男性を描く、代表作『種をまく人』

秋晴れの某日。『ボストン美術館 ミレー展 傑作の数々と画家の真実』展が開催されている三菱一号館美術館まで来てくれた小林エリカさん。案内していただいたのは、情熱的かつ丁寧な解説で有名な学芸員の安井裕雄さんです。

小林エリカさん直筆のスケッチ
小林エリカさん直筆のスケッチ

展示室に入る前の小林さんに、ミレーについての第一印象を尋ねると、即座に「岩波書店! 本が好きなので」と、作家さんらしいご回答。その岩波書店のマークの元になった絵画が、ミレーの代表作『種をまく人』です。ほぼ同構図の作品が世界に2点存在し、1点は山梨県立美術館が所蔵していることでも知られていますが、今回のボストン美術館所蔵の『種をまく人』は、なんと30年ぶりに東京でのお目見えになるそうです。

『種をまく人』と小林エリカ
『種をまく人』と小林エリカ

小林:あの岩波書店マークの原作が観られるなんて感動です!(笑) じつは子どもの頃、おばあちゃんの家にレプリカが飾ってあったのがすごく記憶に残っていて……、懐かしい印象もあります。

安井(学芸員):1985年に日本橋の高島屋で『ミレー展』が開催されていたので、そのときにご覧になってレプリカを購入されたのかも知れませんね。

小林:近くで観ると全然印象が違います。暗い絵という印象がありましたが、実際に観るとさらに暗い(笑)。でも、写真だと暗くて何が描いてあるのかわからなかった部分も、実物で観るとよくわかります。この男性の肩から腕にかけての部分、少しゆったりした服を着ているように見えますが、なんか変ですね?

ジャン=フランソワ・ミレー『種をまく人』1850年、油彩・カンヴァス Gift  of  Quincy  Adams Shaw through Quincy Adams Shaw,Jr., and Mrs. Marian Shaw Haughton 17.1485 Photograph ©2014 Museum of Fine Arts, Boston
ジャン=フランソワ・ミレー『種をまく人』1850年、油彩・カンヴァス Gift of Quincy Adams Shaw through Quincy Adams Shaw,Jr., and Mrs. Marian Shaw Haughton 17.1485 Photograph ©2014 Museum of Fine Arts, Boston

安井:よく男性のシャツがなびいていると勘違いされるんですが、じつはこの男性の筋肉を描いているのです。胸のあたりの隆起や、腕、脚の筋肉もとてもよく描かれています。

小林:そうだったんですね! でも、体は非常にダイナミックに描かれているのに、顔の部分が暗いのは何故なんですか?

安井:おそらくミレーは、この作品で「種蒔きの動作そのもの」を描きたかったんでしょう。ミレーはフランス・ノルマンディー地方の小さな村に生まれ、19歳で同地方の都市・シェルブールへ行き、絵の修行を始めます。その後23歳のときにパリの画家ポール・ドラロッシュのアトリエに入門。パリ時代のミレーは、ルーヴル美術館に足しげく通って、大好きなミケランジェロの人物デッサンから学んでいたそうです。そういったところからの影響も感じさせる作品です。

小林エリカ直筆『種をまく人』のスケッチ
小林エリカ直筆『種をまく人』のスケッチ

小林:結構インテリな方なんですね。農作業の動きや道具の描写もすごく上手いし臨場感に溢れているので、農作業の合間に絵を描いていた人なのかな、という印象を持っていました。

安井:たしかにおっしゃるとおりです。ミレーは農作業の動きやモチーフ、農具やその使い方に関して抜群の知識を持っていました。それは、ミレーの実家が農家だったからなんですね。ノルマンディーの小さな村の格式ある農家で、9人兄弟の長男です。ですので、小さな頃は家業を手伝って農作業をしていましたが、19歳で家を出てからは、たまにしか農作業は手伝っていません。基本的には絵の仕事で家族を養っていました。また、先ほどインテリとおっしゃいましたが、ミレーはかなり高度な教育を受けていたことも知られています。小さな頃からラテン語の読み書きを教わり、シェルブール時代には図書館の蔵書をすべて読み尽くしたなんていう逸話もあったり。

ジャン=フランソワ・ミレー『刈入れ人たちの休息(ルツとボアズ)』1850-53年、油彩・カンヴァス Bequest of Mrs. Martin Brimmer 06.2421 Photograph ©2014 Museum of Fine Arts, Boston
ジャン=フランソワ・ミレー『刈入れ人たちの休息(ルツとボアズ)』1850-53年、油彩・カンヴァス Bequest of Mrs. Martin Brimmer 06.2421 Photograph ©2014 Museum of Fine Arts, Boston

小林:す、すごい(笑)。だから、ミレーの絵には『刈入れ人たちの休息(ルツとボアズ)』のように、農作業をしている風景に旧約聖書の一場面が使われていたりするんですね。あと、最初の展示室に『自画像』が展示されていましたが、ミレーの自画像ってあまり観た記憶がないのですが。

『ミレー自画像』
『ミレー自画像』

安井:そうです。4点しか描かれていません。2点は素描で2点は油絵。ミレーは最初、肖像画家を志していたんです。最初にパリのサロン(官展)で入賞したのも肖像画でした。この自画像は表情も顔つきもはっきり描かれていて、最初の結婚相手の実家に送られたということがわかっている。どうやらお見合い写真か家族の肖像写真のように使われていたようです。今回、奥さんの肖像画とともに展示しました。

小林:写真術が身近になる前だからですね。絵を送り合っていたなんていい話。いろんなお話をうかがって、ミレーの印象がだいぶ変わってきました。

Page 1
次へ

イベント情報

『ボストン美術館 ミレー展 ―傑作の数々と画家の真実』

2014年10月17日(金)~2015年1月12日(月・祝)
会場:東京都 丸の内 三菱一号館美術館
時間:10:00~18:00(1月2日を除く金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日、振休の場合は開館、1月5日は18:00まで開館)、12月27日~1月1日
料金:一般1,600円 高校・大学生1,000円 小・中学生500円

小林エリカ個展
『彼女は鏡の中を覗き込む』

2014年11月25日(火)~12月6日(土)
会場:東京都 南青山 Gallary 360°

書籍情報

『マダム・キュリーと朝食を』
『マダム・キュリーと朝食を』

2014年7月14日(月)発売
著者:小林エリカ
価格:1,404円(税込)
発行:集英社

CINRA.STOREで取扱中の商品

小林エリカ『iPhone5ケース「光」
小林エリカ
『iPhone5ケース「光」

価格:3,780円(税込)
「Project UNDARK」の活動でも知られるイラストレーター

小林エリカ『iPhone5ケース「Marie マリ」
小林エリカ
『iPhone5ケース「Marie マリ」

価格:3,780円(税込)
「Project UNDARK」の活動でも知られるイラストレーター

プロフィール

小林エリカ(こばやし えりか)

1978年東京生まれ。作家・マンガ家。2014年『マダム・キュリーと朝食を』(集英社)で『第27回三島由紀夫賞』候補、『第151回芥川龍之介賞』候補。著書はコミック『光の子ども1』(リトルモア)、作品集に『忘れられないの』(青土社)。小説に『親愛なるキティーたちへ』(リトルモア)など。雑誌・文芸誌などで多数連載。クリエイティブ・ガールズ・ユニットkvinaとしての活動も多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送