コラム

モーニングはみだし3兄弟@CINRA出張所

木下晋也&よしもとばななのマイペース対談

インタビュー・テキスト:内田有佳 撮影:三野新

この街に物件があったら今すぐ借りたいくらい!(ばなな)

―『つくりばなし』は、4年半続いた『ポテン生活』が終わってから1週も休まずにスタートしたんですよね。

ばなな:頭を切り替えるのがすごく大変だったんじゃないですか? なんとなく、そんなに切り替えてない気もしますけど……(笑)。

木下:そうですね(笑)。『ポテン生活』は基本自由にやらせてもらってましたし、あまり切り替えは意識しなかったです。

―『つくりばなし』が『ポテン生活』と最も違う点は、場所の設定があることですよね。登場人物は、架空都市「つくりばな市」に暮らす住人で、彼らの生活が漫画になっている。

木下:場所設定があるのは読みやすかったですか?

ばなな:シリーズものとして読むことができますよね。こういう設定の街なんだなというのが掴めてからは、ここに住みたいな〜と思いながら読んでました。この街に物件があったら今すぐ借りたいくらい!

よしもとばなな

木下:場所をイメージしながら読んでもらえるのは嬉しいです。

ばなな:好きなキャラクターが今週出てくるかな? と楽しみにしながら読むのもいいと思う。自分の街のご近所さんみたいな感覚で。

木下:たまにしか出てこないキャラクターもいっぱいいるんですよね。しかも、みんな一緒の顔をしていて……。

ばなな:自分で描いて、そんなこと言わないで〜!(笑) でも、長い時間かけてだんだん覚えるのもいいですよ。単行本を読んだときに、あ、この人知ってるかもって思ったり、久しぶりだな〜って人がいたり、「つくりばな市」の中に会いに行っている感じがするし。今の世の中で、そういうペースが許されるのも稀なんじゃないかな。

漫画を考えに行くのは、だいたい漫画喫茶です。(木下)

―木下さんは、どこでネタを見つけるんですか?

木下:自宅でペン入れをしているとき、基本テレビをつけっぱなしにしていて、そこで無意識にインプットしているのかもしれません。

ばなな:街に出かけたりはしないんですか?

木下:漫画を考えに行くのは、だいたい漫画喫茶なんですけど。

ばなな:漫画を考えに漫画喫茶へ!?

木下:はい。家から店までの片道20分くらいを寄り道しながら歩いて行きます。あと最近、調布に引っ越したので、調布の図書館にある社会人学習室で考えたりもします。

木下晋也

―市の漫画を市の施設で描いているってすごいですね。

ばなな:漫画家さんがルノアールで描くというのは想像できるんですけど……。

木下:ばななさんはどういうところで考えてるんですか?

ばなな:私はそんなに頑張って考えないんですよ。長年やってるから、もう考えるのが癖になっちゃってる。

木下:じゃあパソコンの前で腕組み……という感じじゃないんですね。

ばなな:ないですね〜。ゴロゴロしながら小説のアイデアを思いついたりする感じです。

木下:僕は切り替えないとダメなんです。

ばなな:面白いこと考えるぞ! ってことですよね。

木下:あはは。恥ずかしいけど、そうなんです(笑)。

―『つくりばなし』は調布の街をイメージしているとも聞いたのですが。

木下:イメージしたというより、作ったものが調布に似ていったという感じです。

ばなな:木下さん、ご出身はどこですか?

木下:大阪です。

ばなな:大阪の香りが全然しない! 大阪で浮いていませんでしたか?

木下:……浮いてましたね。大阪の泉佐野というところだったのですが、『つくりばなし』には今まで住んでいたところの要素がいろいろと入っていると思います。

―調布の住み心地はどうですか?

木下:家の目の前に畑があったりして、東京の割には自然が多いところなんです。僕、大阪芸術大学に通っていたのですが、大学が富田林という大阪の山のほうにあって。この時期になると、湿気のある空気と自然の匂いが混ざった独特の香りを嗅ぎながら通学していたんですが、それと同じ匂いを昨日、調布で嗅ぎました。

ばなな:へー。

木下:久々に富田林を思い出したっていう、それだけの話なんですが(笑)。

ばなな:でも、いいところなんですね(笑)。

木下:なんでもない話でしたね(笑)。

 

木下晋也
iPhone5ケース「ミジンコ」

価格:3,675円(税込)
『つくりばなし』の木下晋也と名久井直子がコラボ!

CINRA STOREで購入する

「モーニングはみだし3兄弟@CINRA出張所」で
『つくりばなし』第1話公開中&スピンオフ連載開始予定!

モーニングはみだし3兄弟@CINRA出張所 特設サイト
『ポテン生活』10巻<完>(『モーニング』KC)
木下晋也

『ポテン生活』10巻<完>(『モーニング』KC)
2013年1月23日発売
著者:木下晋也
価格:600円(税込)
発行:講談社

amazonで購入する


『さきちゃんたちの夜』
よしもとばなな

『さきちゃんたちの夜』
2013年3月29日発売
著者:よしもとばなな
価格:1,365円(税込)
発行:新潮社

amazonで購入する


SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年