特集 PR

noble10周年記念コンピレーション『Invisible Folklore』

noble10周年記念コンピレーション『Invisible Folklore』

金子厚武
2011/10/06

先鋭的なエレクトロニック・ミュージックを中心に、レーベル名通りの「気品」を備えた、普遍性のある作品を世に送り出してきたnobleが、10周年を記念した初のレーベル・コンピレーション『Invisible Folklore』を発表する。world's end girlfrined、Gutevolk、Serphといった新旧の看板アーティストに、石橋英子やAmetsubといった、レーベルがシンパシーを寄せるアーティストの楽曲も加えた本作は、いわゆる「エレクトロニカ」の枠には全く捉われない、ファンタジックでありながら、同時にドロッとした作り手の強い個性もしっかりと伺える、実にnobleらしい作品に仕上がっている。このコンピレーションを紹介すると共に、nobleの10年を検証しよう。

『高丘親王航海記』を基に生まれた『Invisible Folklore』

nobleがスタートしたのは2001年、当時サニーデイ・サービスやゆらゆら帝国らをリリースしていたMIDIの一部門として、world's end girlfriendの『farewell kingdom』をリリースしたことがきっかけとなっている。当初からレーベルとしての明確な青写真があったわけではなく、ストレートなダンス・ミュージックから少しはみ出たようなアーティストをリリースするにあたって、「歌もの」のイメージがあったMIDIの名前で出すよりも、新しいマークをつけた方がわかりやすいのでは、という程度の認識だったという。しかし、翌2002年にはtenniscoatsの『The Ending Theme』をtenniscoats自身のレーベルに代わってリリースしたり、world's end girlfriendがバルセロナで開催されたエレクトロニック・ミュージックの祭典sonarに参加して称賛を浴びたことなどにより、徐々にレーベルとしての土台が築かれていった。その後10年に渡り、年に3〜4枚の作品をコンスタントに発表し続け、今ではヨーロッパでもその名がしっかりと認知されるレーベルにまで成長を遂げている。

そんなnobleが満を持して発表するコンピレーションだけに、そのコンセプトも実にユニーク。フランス文学者にして作家の澁澤龍彦の遺作小説であり、国内幻想文学の最高峰『高丘親王航海記』を基に、7組のアーティストが「儒良」「蘭房」「獏園」「蜜人」「鏡湖」「真珠」「頻伽」という各章をモチーフとした描き下ろしの新曲を提供するという、架空のサウンドトラックになっているのだ。『高丘親王航海記』とは、平安時代の皇族であった高丘親王が、60歳を過ぎてお供と共に天竺を目指すというお話。史実とフィクションが織り交ぜられ、幻想的で怪奇的でもあるその作風は、まさにnobleというレーベルのイメージにピッタリである。各章のカラーに合わせて選ばれた7組のアーティストも、それぞれが個性を発揮しながら、各章の持つムードをしっかりと音に変換し、本作自体がまるで小説であるかのような、強いストーリー性を感じさせる作品となっている。それでは、7組のアーティストと楽曲を、レーベルのヒストリーと共に紹介していこう。

(アニメーション:外山光男)

「儒良」〜「蘭房」〜「獏園」〜「蜜人」

Serph
Serph

物語の幕開けを飾るのは、現在のnobleを代表するアーティストの一人であるSerphの“departure”。2010年に発表された『vent』によって、一躍次世代エレクトロニック・ミュージックの筆頭と称された人物による、キラキラとした高揚感にあふれたトラックは、まさにこれから天竺へと旅立たんとするワクワクした気持ちが伝わってくる、オープニングにぴったりのナンバーだ。「不可視の民話」を意味する『Invisible Folklore』というタイトルもSerphによるものであり、ここからも彼のセンスの良さが伺えるというもの。


石橋英子
石橋英子

Serphに続くのは、実際の章の名前がそのまま曲名に据えられた石橋英子の“蘭房”。美しいピアノの旋律が、妖艶でエロティックなこの章の雰囲気にピッタリで、なおかつ、エレクトロニック・ミュージックの枠に収まらない、nobleの幅広い音楽性を象徴する楽曲にもなっている。石橋自身はこれまでnobleから作品を発表してはいないものの、評論家・リスナー問わず絶賛を受けた08年の『Drifting Devil』における、あの品がありつつも、混沌とした情念のようなものを感じさせる作風はnoble以上にnobleらしかったと言え、実際本作の中にあっても、その個性は際立っているように思う。


Gutevolk
Gutevolk

“蘭房”からは一転、フルートやトライアングル、子供の声によって、この章の持つユーモラスで可愛らしい雰囲気を再現しているのが、Gutevolkの“yummy dream”。中期nobleを代表する傑作『グーテフォルクと流星群』(07)をはじめ、2作品をnobleに残しているGutevolkは、西山豊乃によるソロ・プロジェクト。あの矢野顕子に「こんな声に生まれたかった」と言わしめた、彼女の天性の歌声と独自の音楽性は、もっともっと多くの人に伝わってしかるべきだろう。


続くKASHIWA Daisukeは、同じくレーベルを代表するアーティストの一人であるPianaをゲスト・ボーカルに迎え、クラシカルなピアノと、巧みにカット・アップされたビートの上を、浮遊感のある歌声がたゆたう“Sky Liner”を提供。KASHIWA Daisukeはかつて宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』と、太宰治の『走れメロス』を題材とした『program music ?』(08)をnobleから発表しており、この作品が『高丘親王航海記』をモチーフとした『Invisible Folklore』の発想の基になっているようだ。小説や映画をモチーフに、シネマティックでイマジナティヴな楽曲を作り上げることも、nobleのひとつのカラーになっている。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー