特集 PR

「音」は人や街を変えることができるのか?『音まち千住の縁』 Vol.2 大友良英インタビュー「地方と大都会と自分を繋ぐ、矛盾した問題」

「音」は人や街を変えることができるのか?『音まち千住の縁』 Vol.2 大友良英インタビュー「地方と大都会と自分を繋ぐ、矛盾した問題」

坂口千秋
撮影:菱沼勇夫

空から降りそそぐ音と、地上から放たれる音とのコラボレーションライブ。そんなワクワクするような音楽体験を実現するプロジェクトが、『アートアクセスあだち「音まち千住の縁」』で行なわれる大友良英とチーム・アンサンブルズの『千住フライングオーケストラ』だ。ギタリスト、ターンテーブル奏者として世界中のアンダーグラウンドシーンで活躍し、映画音楽やテレビドラマの楽曲を手がけるだけでなく、近年『プロジェクトFUKUSHIMA!』など、さまざまなアートプロジェクトを行い、アーティストとしても多忙を極める大友良英。1年にわたるこのプロジェクトの準備期間を経て、10月末の本番を前にした大友に、今回のプロジェクトの推移と、その中で見えてきたものについて話を伺った。そこで話されたことは意外にも、地域のアートプロジェクトに対する懐疑的な眼差しと、大友自身がこれまでの作家活動の中で抱えてきた問題と深くリンクした、地域に対する想いだった。

地域おこしアートプロジェクトへの疑問があった。

―大友さんといえば、昨年震災以降の『プロジェクトFUKUSHIMA!』の活動が顕著ですが、ここ1年ほど、千住の街を舞台にした『アートアクセスあだち「音まち千住の縁」』にも関わってこられました。福島は大友さんが10代を過ごした街ですが、千住の街と大友さんに、どういう接点があったんですか?

大友:きっかけはプロジェクトの主催者に「音を使って街でなにかやってくれないか」と頼まれたことですね。でも最初は断ろうと思ってたんです。千住の街にはまったく縁がなかったし、しかも震災が起きて福島が大変になっていて、とてもこっちまで手が回らないと思ったから。それに日本各地で行われている地域おこしのようなアートプロジェクトのあり方にも疑問があったし、そこに僕個人の作品は出したくないという理由もありました。だけど、どうしてもと担当者に強くお願いされたので、それなら千住の人たちとチームを組んで、最初からチームが作品制作から自主的に関わるような、そういうプロジェクトの枠組みを作ることを条件に引き受けたんです。

大友良英
大友良英

―地域おこしのようなアートプロジェクトに、自分の作品は出したくないと思われたのは、なぜですか?

大友:全部の仕事に共通することだけど、いつも思うのは、このお金はどこから出ているのか? ってことなんです。音楽家は基本的にコンサートの入場料収入からギャラを得ていて、要はコンサートを作るお金を、お客さんが皆でシェアすることで成り立ってるから、その仕組みがすごくわかりやすい。わかりにくいのは美術や地域おこしプロジェクトのように税金が使われてる場合です。今回でいうと、いったい何のために都と区の税金が使われてるのかを考えたら、この街と人々と藝大の新しい関係を文化で構築し直すってことだろうと思ったんで、だとしたらその予算で単に自分がやりたいだけの作品を作るのは違うだろうなって。

―何のためのお金なのかを考えた上で、やるべきことを考えていくんですね。

大友:最初にチームで集まったメンバーから出たアイデアの中には、僕の作品を作りたいという提案もあったけど、そういう理由で今回は採用しませんでした。あとは皆で下駄を履いて、音を立てながら街歩くっていう案も良かったんだけど、千住とは特に関係ないなと思ったんでやめました。お金の出処を考えると、いろいろ自分の役割を考えざるを得ないんですよ。

―そういった中で今回のプロジェクトは、どのように始まったんですか?

大友:昨年の9月、僕と一緒に企画運営するチーム・アンサンブルズのメンバーを募集するところからスタートしました。足立区在住の人だけでなく他の地域からも集まって、そのメンバーたちと考えていく中で一番実現可能で面白そうだったのが、河原で凧をあげて音を出すというアイデアだったんです。もともとこのあたりでは、荒川の河原で大人が凧あげをやる文化があったらしくて、昭和30年代くらいまで、風が吹く日は大人たちが大きな凧をあげていたらしい。それを聞いて、空の凧からいっぱい音が降ってきたら素敵だな、そして街からパレードしてきた連中と凧が河原で合流して、一緒に演奏できたら最高だなと思って、フライングオーケストラという名前は僕がつけました。でも凧のアイデア自体は僕じゃないんですよ。

Page 1
次へ

イベント情報

『アートアクセスあだち「音まち千住の縁」』

2012年10月27日(土)〜12月2日(日)※メイン会期
会場:東京都 足立区千住地域
参加アーティスト:
足立智美
大友良英
野村誠
大巻伸嗣
やくしまるえつこ
八木良太
スプツニ子!
ASA-CHANG

会期中プログラム

足立智美『「ミュージサーカス」プレイベント―ジョン・ケージの思想と音楽』

2012年10月21日(日)
会場:東京都 足立区 東京藝術大学 千住キャンパス第7ホール
時間:13:00〜15:00
出演:足立智美、井上郷子、ミズモトアキラ

大友良英『千住フライングオーケストラ』

2012年10月27日(土)※荒天時は変更の可能性有
会場:東京都 荒川河川敷 虹の広場
時間:13:00〜17:00
出演:大友良英、遠藤一郎ほか

大巻伸嗣『イドラ』

2012年10月27日(土)〜11月25日(日)
会場:東京都 足立区 千住2-31
時間:13:00〜19:00(金、土、日曜のみ)

八木良太『(Another)Furniture Music ―(別の)家具の音楽』

2012年10月27日(土)〜11月25日(日)
会場:未定
時間:13:00〜19:00(金、土、日曜のみ)

『未来楽器図書館』

2012年10月27日(土)〜11月25日(日)
会場:東京都 足立区 音う風屋
時間:13:00〜19:00(金、土、日曜のみ)

やくしまるえつこ『やくしまるえつこ放送:時報』

2012年10月27日(土)〜11月25日(日)
会場:東京都 足立区 北千住駅前大型ビジョンほか

足立智美『ジョン・ケージ「ミュージサーカス」芸術監督:足立智美』

2012年11月3日(土)
会場:東京都 足立区 中央卸売市場足立市場
時間:15:00〜17:00(14:30開場)
※荒天時は翌日11月4日(日)12:00〜14:00(11:30開場)に順延

『音まちトーク ねほりはほり』

2012年11月10日(土)
会場:東京都 足立区 北千両
時間:15:00〜17:00
出演:アサダワタル、大原大次郎

野村誠『だじゃれ音楽体験ワークショップ』

2012年11月17日(土)
会場:東京都 足立区 東京藝術大学 千住キャンパス第7ホール
時間:15:00〜18:00

野村誠『子どもだじゃれ音楽ワークショップ』

2012年11月18日(日)
会場:東京都 足立区 東京藝術大学 千住キャンパス第7ホール
時間:13:00〜15:00

スプツニ子!『千住のまちをヒップホップする!』

2012年11月23日(金)
会場:東京都 足立区 立常東小学校
時間:13:00〜16:00

大巻伸嗣『Memorial Rebirth 千住本町』

2012年11月24日(土)
会場:東京都 足立区 千寿本町小学校校庭
時間:12:00〜/15:00〜(各回30分程度)

やくしまるえつこ『やくしまるえつこ奉納朗読会』

2012年11月25日(日)
会場:東京都 足立区 河原町稲荷神社
時間:未定
出演:やくしまるえつこ

スプツニ子!『ADACHI HIPHOP PROJECT』

2012年12月1日(土)、12月2日(日)
会場:未定
時間:未定

プロフィール

大友良英

1959年横浜市生まれ。ギタリスト・ターンテーブル奏者・作曲家・映画音楽家・プロデューサー。世界各地で音楽活動を行うほか、映画、テレビドラマの音楽、映像作品の音楽を手がける。近年は「アンサンブルズ」の名のもと、さまざまな人たちとのコラボレーションを軸にした展示作品や特殊形態のコンサートを展開し、また障害のある子どもたちとの音楽ワークショップにも力を入れている。震災後の福島を文化の力でポジティブに変換することを目指した『プロジェクトFUKUSHIMA!』を立ち上げ、平成23年度、芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門受賞。今秋開催される東京都現代美術館『東京アートミーティング第3回:アートと音楽―新たな共感覚をもとめて』にも参加している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言