特集 PR

箱根の名品が横浜美術館に集結。夏休みに足を伸ばしたい展示をレポート

夏のおすすめアート鑑賞『ポーラ美術館コレクション展』
印象派とエコール・ド・パリ』

夏のおすすめアート鑑賞『ポーラ美術館コレクション展 印象派とエコール・ド・パリ』をdel.icio.usに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 夏のおすすめアート鑑賞『ポーラ美術館コレクション展 印象派とエコール・ド・パリ』をlivedoorクリップに追加 夏のおすすめアート鑑賞『ポーラ美術館コレクション展 印象派とエコール・ド・パリ』をlivedoorクリップに追加

  • テキスト:山岸かおる
  • 撮影:菱沼勇夫
  • (2010/08/06)

2 自分の部屋に飾るとしたらどの一枚?

展示室に入って感じるのは、片側の壁にだけ作品が掛かっていたり、作品と作品の間が広く取られているので、ゆったりとした空間になっていること。印象派の作品は、画面との距離の取り方を変えることにより違った景色が見えてくるので、引いて観たり近づいたりして自分なりのビューポイントを見つけてみましょう。

会場風景

ひとり静かにじっくりと作品を眺めるのも良いし、「自分の部屋に飾るとしたらどれが良いか」「自分だったらどれが好きか」など、誰かと一緒に感想を話し合いながら観るのも楽しめます。

ポール・セザンヌ《ラム酒の瓶のある静物》

ポール・セザンヌ《ラム酒の瓶のある静物》
1890年頃 油彩/カンヴァス 54.2×65.7cm ポーラ美術館蔵

具象的な絵画が多いので分かりやすいのもこの展示の特徴の一つ。たとえばこのセザンヌの作品『ラム酒の瓶のある静物』では、右の瓶のフタが塗り残されていますが、これにはどんな解釈ができるでしょう? 

ポール・セザンヌ《ラム酒の瓶のある静物》(部分)

1 制作に没頭しすぎてうっかり塗り忘れた

2 完成させることを嫌ってわざと塗り残した

3 この塗らない状態を「完成」だとした

うっかりがもたらした失敗だったのか、「塗らないことこそが完成なんだ!」という積極的な姿勢だったのか。この「塗り残し」の謎の真実はもちろん作家のみ知るところですが、絵を見ながら想像をふくらませてみても楽しいですね。

3 印象派といえば、モネ。

クロード・モネ《睡蓮の池》

クロード・モネ《睡蓮の池》
1899年 油彩/カンヴァス 88.6×91.9cm ポーラ美術館蔵

展覧会の目玉のひとつがクロード・モネの『睡蓮の池』。じつは現在六本木の国立新美術館で開催されている『オルセー美術館展2010 ポスト印象派』にもこれとそっくりな作品が出ています。2つの作品を国内で見比べることができるのは今だけ。後期印象派を中心とするオルセー展と併せて観れば、かなり印象派に詳しくなれるかも。

点描表現を用いた作品 ジョルジュ・スーラ《グランカンの干潮》

ジョルジュ・スーラ《グランカンの干潮》
1885年 油彩/カンヴァス 66.0×82.0cm ポーラ美術館蔵

次の展示室には、点描表現を用いた作品が並びます。海面に反射する光のきらめきを細かい点で表現したジョルジュ・スーラの『グランカンの干潮』など、水辺の風景が描かれた作品にはどこか涼しげで静寂な雰囲気が漂います。

印象派の中でもさまざまな表現をする画家達の作品

同じ部屋に、分析的な点描画とは趣きが違う幻想的なルドンの作品があり、ちょっと不思議な気配が漂っています。じつはこの部屋、1886年に開かれた最後の印象派展がイメージされているとのこと。この頃になると、印象派の中でもさまざまな表現をする画家達が現れてきます。

カミーユ・ピサロ《エラニーの花咲く梨の木、朝》

カミーユ・ピサロ《エラニーの花咲く梨の木、朝》
1886年 油彩/カンヴァス 54.1x65.1cm ポーラ美術館蔵

カミーユ・ピサロの点描画『エラニーの花咲く梨の木、朝』は、実際にその最後の展覧会に出品されたもの。こうした点描表現から、ルドンのような内面性を追求する象徴主義の作品まで、印象派が次の展開に移る過渡期の様子が分かります。

山岸かおる

東京芸術大学大学院美術研究科修了。「横浜トリエンナーレ2005」キュレーターアシスタント、東京芸術大学美術学部芸術学科教育研究助手、『ART iT』編集部を経て、現代美術関連の記事を中心にライター・編集者として活動。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 「とにかく東北に届けたかった」 ハイスタ復活の奇跡を振り返る 1

    「とにかく東北に届けたかった」 ハイスタ復活の奇跡を振り返る

  2. 藤井聡太王位・棋聖が出演、不二家の新テレビCM「藤井聡太のON/OFF」篇 2

    藤井聡太王位・棋聖が出演、不二家の新テレビCM「藤井聡太のON/OFF」篇

  3. 藤子・F・不二雄作品のキャラクター登場 グラニフ オリジナルアイテム展開 3

    藤子・F・不二雄作品のキャラクター登場 グラニフ オリジナルアイテム展開

  4. Awesome City Clubと永野亮が語る、“勿忘”と映画『はな恋』 4

    Awesome City Clubと永野亮が語る、“勿忘”と映画『はな恋』

  5. 木村拓哉と芦田愛菜が本人役で共演 タウンワーク新CM「リビング篇」 5

    木村拓哉と芦田愛菜が本人役で共演 タウンワーク新CM「リビング篇」

  6. 村上春樹とUTがコラボ 『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』などがTシャツに 6

    村上春樹とUTがコラボ 『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』などがTシャツに

  7. 佐藤健主演の映画『るろうに剣心 最終章』に高橋一生、村上虹郎、安藤政信 7

    佐藤健主演の映画『るろうに剣心 最終章』に高橋一生、村上虹郎、安藤政信

  8. 深田恭子、多部未華子、永野芽郁が親孝行を説く UQ mobile「UQ学割」新CM 8

    深田恭子、多部未華子、永野芽郁が親孝行を説く UQ mobile「UQ学割」新CM

  9. 芸術選奨受賞者に宮本浩次、宇川直宏、湯浅政明、塚原あゆ子、吾峠呼世晴ら 9

    芸術選奨受賞者に宮本浩次、宇川直宏、湯浅政明、塚原あゆ子、吾峠呼世晴ら

  10. NHK震災ドラマで向き合い続けた問い。三浦直之&北野拓Pが語る 10

    NHK震災ドラマで向き合い続けた問い。三浦直之&北野拓Pが語る