コラム

バンド「ねごと」と行く『六本木クロッシング2010展』

バンド「ねごと」と行く『六本木クロッシング2010展』

小林宏彰
撮影:菱沼勇夫

六本木ヒルズの最上層にある森美術館では、2010年3月20日から7月4日まで『六本木クロッシング2010展』が開催されている。日本の現代アートシーンを一望するのに最適なこのイベント。20組のアーティストによる出品作は、いずれもキャッチーかつ深い味わいを持ったものばかり。とかく難解になりがちな現代美術を気軽に楽しめる展覧会となっている。今回、この展示の魅力を、今年の要注目ガールズロックバンドである、ねごとの4人にお伝えしていただいた。少しでも興味をお持ちいただいた方は、是非実際に会場に足を運び、作品の魅力を堪能してみてほしい。

PROFILE

ねごと
蒼山幸子(Vo&Key)、沙田瑞紀(G)、藤咲佑(Ba)、澤村小夜子(Dr)による千葉県出身、全員平成生まれの4ピースバンド。さわやかでポップな要素と、オルタナティブなロックエッセンスを盛り込んだ、一見アンバランスなバランス感で新世代のガールズロックを奏でる。「閃光ライオット2008」審査員特別賞受賞。
ねごと
MySpace ねごと

『六本木クロッシング2010展』
日本のアートシーンの「明日」を見渡すべく、多様なジャンルのアーティストやクリエイターを紹介する展覧会。2004年にスタートし、3年に1度開催されている「六本木クロッシング」は、毎回異なるキュレーターが選出したその時代を代表する作品が交差(クロッシング)する、定点観測的な展覧会。3回目となる今回、長いキャリアを持つアーティストから若手注目株まで、Chim↑Pom、高嶺格、宇治野宗輝、contact Gonzo、森村泰昌、ダムタイプなど20組のアーティストが写真、彫刻、インスタレーション、映像、グラフィティ・アート、パフォーマンスなど様々な形で参加している。
『六本木クロッシング2010展』公式ページ


のっけから「芸術」に対する概念が崩れ去りました

都営地下鉄大江戸線、東京メトロ日比谷線、あるいはバスなどさまざまな交通手段で行くことができる六本木。森美術館は、六本木ヒルズの53階にある。入り口付近には、『六本木クロッシング2010展』の広告がズラリと並んでおり、会場にたどりつくための目印となっている。

バンド「ねごと」と行く『六本木クロッシング2010展』

入り口より入ると、頭上には垂れ幕が。

バンド「ねごと」と行く『六本木クロッシング2010展』

さて、ねごとの4人は、バンドや学校などでの活動が忙しく、あまり美術館に行く機会がないという。

「今日は年齢が近いアーティストさんも多いと聞き、とてもワクワクしています。私たちはふだん音楽にエネルギーを注いでいますけど、それを違った方向につぎ込んでいる方々に会えるということで」

会場に入るとまず目に飛び込んでくるのは、Chim↑Pomによる映像作品『BLACK OF DEATH』。

バンド「ねごと」と行く『六本木クロッシング2010展』

Chim↑Pom 《BLACK OF DEATH》

Chim↑Pom
《BLACK OF DEATH》
2007年
ランダムプリント、ヴィデオ(9分13秒)
Courtesy: Mujin-to Production, Tokyo


カラスの剥製を手に持ち、渋谷や国会議事堂などを舞台に、その鳴き声を流すことにより多数のカラスを集めるという作品。発想の面白さに「カッコイイ!」の声が。

「カラスをこんな方法で集めることができるなんて、知りませんでした。自分でもやってみたくなりますね(笑)。人間とはちがった方法で意志疎通をするカラスに目をつけてアートにしてしまうなんて、目のつけどころがすごい。のっけから、今まで自分が思い込んでいた『芸術とはこうだ!』という概念が、見事に崩れ去っていきました」

年齢の近いアーティスト、Chim↑Pomの作品にいきなりショックを受けた様子。

さて続いては、照屋勇賢の作品。

バンド「ねごと」と行く『六本木クロッシング2010展』

照屋勇賢 《来るべき世界に》

照屋勇賢
《来るべき世界に》
2004年
ミクスト・メディア・インスタレーション
500×500 cm
撮影:木奥恵三
写真提供:森美術館


『来るべき世界に』は、米軍ヘリコプターが沖縄国際大学に墜落し現場が米軍により封鎖された後も、ピザ配達だけは入場された事態を材に取った作品だ。

バンド「ねごと」と行く『六本木クロッシング2010展』

照屋勇賢《告知―森》

照屋勇賢
《告知―森》
2005年
紙袋、糊
18×8 ×28 cm
ソロモン・R・グッゲンハイム美術館、ニューヨーク


また『告知―森』はファストフードや高級ブランドの紙袋の原料が木であることを示して、環境問題への意識を見る者に掻き立てるもの。

「袋の中を覗くと、紙でできた木が生えているのが見えるんです。細かくてステキなんですけど、上から覗いてみると、くり抜かれたあとも木の形になっているんですよ。環境問題といった難しいことだけではなく、すごく凝ったかわいい作品だと思います」

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで