特集 PR

ダンスは「間違ってもいい」から楽しい! 東京都目黒区在住 小学校4年生

ダンスは「間違ってもいい」から楽しい! 東京都目黒区在住 小学校4年生

2011/02/24

都内十数カ所にダンスや演劇などのプロアーティストを派遣し、ワークショップを行う「パフォーマンスキッズ・トーキョー」。自主性や創造性の向上を目的とし、アーティストと子供たちが一緒に舞台作品を創作し、発表する試みです。では、参加した子供たちは実際にはどのように感じていたのでしょうか? 参加者のひとりである小学校4年生の女の子に話を聞き、プロジェクトの意義と楽しさを探りました。

(インタビュー・テキスト:田島太陽 撮影:寺島由里佳)

子供たちが自主的に創作した、30分のダンス空間

学校ではジオラマなどを制作する手作りクラブに在籍し、放課後は習字の習い事に通う。そんな普通の小学生の女の子がワークショップに参加したのは「お父さんが勝手に応募してたから」というきっかけでした。本人は乗り気でなく、当初はイヤイヤながら通っていたそう。運動会でダンスを間違えて同級生に怒られた経験から、踊ることが嫌いになっていたことがワークショップに行きたくない理由だったようです。しかし3回ほど通ってから、心境に変化が生まれます。「休憩時間におしゃべりしたり一緒に踊っているうちに、みんなとも先生とも仲良くなったんです。そうしたら行くのが楽しみになりました」

ダンスは「間違ってもいい」から楽しい! 東京都目黒区在住 小学校4年生

このワークショップは、8回のレッスンののちにお客さんの前でダンス作品を発表するというスケジュールでした。30分間のステージ内容は、子供たち自身が考えたかっこいいと思う動きを講師の東野祥子さんに見せ、アドバイスをもらいながら振付を決めていく方法をとったそう。「レッスン」「練習」という雰囲気はなく、みんなで体を動かして遊ぶ感覚でダンスを作っていったことで子供同士の仲も自然と深まり、生き生きした発表となったのです。

吉祥寺シアター ワークショップ
吉祥寺シアター ワークショップ

学校では学べない、「間違ってもいい」自由なダンス表現

本番では緊張することなく舞台に立てたそう。一緒に踊る友達や、客席にいる両親の顔を見る余裕もあり、「とても楽しかった!」と振り返ります。その理由は、自由に踊ることができたから。「学芸会でセリフを間違えちゃったことがあって、その時すごく恥ずかしかったんです。でも今回は先生が『間違えてもいいから楽しくやろう』と言ってくれてたので、全然大丈夫でした」

また、発表を見たお父さんは感想をこう話してくれました。「本当に立派なステージで感動しました。私だけでなく、家族もみんなびっくりしていました」。まだ子供だと思っていた我が子が、ステージで堂々とパフォーマンスを披露する。その姿はかなり大きな驚きだったようです。「自信がついたのか、家での様子も少し変わった気がするんです」と、その後の変化も感じているそう。

吉祥寺シアター ワークショップ
吉祥寺シアター 発表公演 ©鹿島聖子

学校ではできない体験を経て、得たものはなんだったのでしょう? そう聞いても「分かりません」とはにかむだけ。そこで質問を変えて「ワークショップのことを学校の友達にも教えてあげたい?」と聞くと?「自由に踊るダンスは初めてで、学校ではやったことなかったんです。だから、それが楽しいよってみんなに言いたいです」。


パフォーマンスキッズ・トーキョー

その他、東京にはたくさんの文化プログラムがあります!

東京文化発信プロジェクト

Page 1

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

    『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

  2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

    ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

  3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

    『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

  4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

    椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

  6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

    光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

  7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

    『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

  8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

    王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

  9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

    福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

  10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

    tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ