特集 PR

ふたりで描く、ひとつの絵〜三尾あすか・あづち姉妹がひとりの「アーティスト」になるとき〜

第3話:「突然あらわれた、黒い獣」

見る者を沈黙させる、漆黒の獣

第3話:「突然あらわれた、黒い獣」
三尾あすか&三尾あづち合作
『ダレもシラナイ戦い』
2011年/1305×1940mm/ミクストメディア
※画像クリックで拡大

画面中央に描かれた、真っ黒な、獣。

それは双頭で、ラメで爛々と光る金色の眼球を持つ。身体には数知れぬほどの妖精たちが降りかかり、あるものは力強く、あるものは消え入りそうな筆致で、獣の荒々しさを中和するかのように包み込んでいる。

僕は絵を前にして、そこに込められた「迫力」を感じ、心の底から驚いていた。背景は激しさを感じさせるタッチで金色に塗りつぶされ、これまでにない強烈なコントラストを醸し出している。この『ダレもシラナイ戦い』は、彼女たちの絵にこれまで登場してこなかったような、心の「闇」の部分を強烈に感じさせるモチーフが描かれていたのだ。

8月17日から21日まで、名古屋のノリタケの森ギャラリーで行われた、三尾あすか&あづち双子の姉妹展2011『TRANSFORMATION』in ノリタケの森。この展示では、合作の新作5点を追加し、彼女たちの画業を一望することができた。合作を中心としたフロアと、個々で制作した作品のフロアに分かれ、後者の部屋では作品の色がグラデーションとなるように配置されるなど、色彩豊かな空間が作り上げられていた。

 

第3話:「突然あらわれた、黒い獣」

展示における注目作は、なんといっても先ほど述べた黒い獣が登場する『ダレもシラナイ戦い』だろう。さほど目立つ場所に置かれているわけではないのに強烈な存在感を放っていたこの作品は、これまで三尾あすかとあづちを追い続けてきた僕にとって、彼女たちがまたひとつ大きな成長を遂げたことを実感させられるものだった。

さて、それでは、『ダレもシラナイ戦い』という作品の、いったいどんな点に惹きつけられたのだろう?

 

PAGE 1 > 2 > 3

「ふたりで描く、ひとつの絵」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年