特集 PR

佐野史郎が語る、終生モダニズムを貫いた写真家・植田正治の魅力

佐野史郎が語る、終生モダニズムを貫いた写真家・植田正治の魅力

佐々木鋼平
撮影:越間有紀子

プロフェッショナルの世界とアマチュアの世界。その境界線はどこにあるのでしょうか? 1950年代にはMoMAに作品が収蔵、その独自の作風は、植田調(Ueda-cho)と名付けられ、国際的にも評価が高い写真家・植田正治。しかし彼は生涯、自身をアマチュア写真家だと一貫して自称し続けた写真家でもありました。80年代以降はPARCOやTAKEO KIKUCHIなどファッション業界とのコラボレートによる広告写真でADC賞も受賞するなど、各方面で正にプロフェッショナルと呼ぶにふさわしい実績を残していますが、それでもアマチュアを自称し続けた背景には、一方で世間の流行や要求に一切答えることなく、ただひたすらに近所の子供や、愛する家族の姿など、自分の撮りたいものだけを撮り続けた、その態度を表していたのかもしれません。そんな独自の立ち位置を確立した植田正治の貴重なオリジナルプリントを展示した展覧会が、東京ミッドタウンの1階にある、フジフイルムスクエア・写真歴史博物館で行われています。今回はそんな植田正治の作品に、とても強い共感を覚えて止まないという、俳優の佐野史郎さんと共に展示を訪れ、お話を伺ってきました。モダンでスタイリッシュかつ、何だか捉えどころのない不思議な空気感を持つ植田正治の作品。佐野さんの熱い想いを通して、その作品の持つ魅力の謎に迫ってみましょう。

眼差しをとおして、時間を超えていけるような身体感覚

―実は今回の展覧会、佐野さんは2回目のご来場とのことですが、展示はいかがですか?

佐野:作品数は絞られていますが、もうどれもたまらなくいいですよね。本当に美しいと思います。しかもこれ、初期の作品は全部植田正治さんご自身によるオリジナルプリントなんですよね。クオリティーが全然違うんですよ。

―ご本人が現像した写真とそうでない写真があるんですね。本人が現像した写真って、かなり珍しいのですか。

佐野:複写プリントも多いですからね、そうしたプリントはラボで現像しているケースが多いそうです。特にモノクロ写真だと現像に関わった人の意思が写真に反映されやすいんですね。ほんのちょっとしたことで全く写真のイメージが変わってしまうんですよ。

―そうお伺いすると、写真1枚1枚が植田さんの手によって大事に作られたものなんだなと実感できますね。まるで植田さんご本人と対峙しているような気分にもなってきます。

佐野:もう、作品がいい悪いだけじゃないんですよね。植田さんの才能、技術だけじゃなく、お人柄までも含めて、全てが写真に出ている感じがします。

佐野史郎
佐野史郎

―植田正治さんは国際的にも著名な写真家でありながら、生涯鳥取県の境港で暮らし続けたというエピソードが有名ですが、実は佐野さんもすぐ隣町の島根県松江市出身なんですよね。

佐野:実家に『松江』という植田さんの写真集があって、それは20代の頃からパラパラと見ていたんですけど、いわゆる郷土の写真集という認識でしたし、境港出身の写真家の方だとも知らなかったんです。ましてや、こういうモダンでシュールな写真をたくさん撮っている作家だったなんて全然知りませんでした。

―その当時は植田さんにどういった印象をお持ちだったんですか?

佐野:僕が高校生だった70年代初頭は、土門拳とか中平卓馬のようなリアリズム写真に皆が熱中していて、植田さんの作品も少しは目にはしていたのかもしれませんが、特別に意識することはありませんでした。80年代のPARCOのコマーシャルフォトは、ポスターや雑誌で見たのを覚えていますが。

―それがどういうきっかけでこんなに興味を持つことになったんでしょうか?

佐野:植田正治さんのお孫さんで、亡くなられた仲田薫子さんから、同郷ということで、2004年に鳥取の植田正治写真美術館で開催された『松江』のシリーズ展示のトークイベントに呼んで頂いたんですね。そこで常設展示されていた植田さんの作品を初めてきちんとまとめて見ることが出来たんです。そしたら作品が僕の好きなシュルレアリスムの匂いに満ちていて、これは美しいなと思ったんですね。

佐野史郎

―その後、植田正治さんの写真を使って、ご自身で監督された映像作品『つゆのひとしずく』を撮っていらっしゃいますね。

佐野:トークイベントから少し後になって、東映アニメーションさんから、絵などの静止画を使ってショートフィルムを監督しませんか? というお話を頂き、すぐに植田さんの写真を使って映像作品を撮りたいと思ったんです。それですぐ仲田薫子さんに連絡したら、丁度スイスの植田正治の巡回展から帰国なさったところで、その日のうちに打ち合わせをして承諾を得ることができたんです。

―制作はどのように始められたのですか?

佐野:まずは鳥取にある植田正治写真美術館で、1,000枚以上のプリントから使用する写真を絞り込む作業から始めました。もう一気にはまりましたね。本当に贅沢な時間でした。オリジナルプリントが沢山ありますし、それだけの量のプリントを一気に見る機会っていうのは、そうそうないですからね。観賞っていうよりも、ずっと集中して覚醒しながら写真と対峙していたので、美術館でお客さんとして鑑賞するのとは、感覚がずいぶんと違いましたね。

―植田さんの世界の中にどっぷり入って行くような感じですか?

佐野:そうですね。植田さんの覗いていたレンズの向こう側の世界、その時の植田さんの眼差しが分かるような気がしました。その眼差しを自分の身体に装着してみるとでもいうのか…。レンズを通して時空を超えて、作品が撮られた時間や場所に行ってしまえるような…、そういう身体感覚を得られたのは貴重な体験でした。

―役者さん独自の感覚なのかもしれませんね。

佐野:どうなんですかね? わからないですけど(笑)。ただ確かに役者さんでも、カメラマンさんでも、レンズから手前、向こうって分けている人もいるかもしれませんね。僕は、分けない人が好きなんです。行き来できる人。

―一般的には写真って、視覚の芸術だと言われますが、佐野さんは「身体」の芸術だと捉えていらっしゃるんですね。

佐野:はい、身体ごとですね(笑)。作者の眼差しを介して、時間や場所を超えて、五感を使って感じられるようなものです。植田さんの写真はご自身もその時空を超えた眼差しを意識して撮影されているように感じます。残念ながらお会いしたことはないんですけど、お会いしていたら、そのことをお尋ねしてみたかった気がしますね。

Page 1
次へ

イベント情報

『終生モダニズムを貫いた写真家「植田正治の写真世界」』

2012年6月1日(金)〜8月31日(金)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン内 FUJIFILM SQUARE1F 写真歴史博物館
時間:10:00〜19:00(入館は18:50まで)
休廊日:会期中無休
料金:無料

プロフィール

佐野史郎

1955年、島根県松江市出身。俳優、映画監督、ミュージシャン。1974年美学校、中村宏油彩画工房でマニエリスム、空気遠近法を学ぶ。1975年、劇団シェイクスピア・シアターに創設メンバーとして参加。1980年、唐十郎主宰の劇団状況劇場に移り、1984年まで在籍。1986年に林海象監督のデビュー作となる『夢みるように眠りたい』で映画に初出演、主演を務めた。1992年、テレビドラマ『ずっとあなたが好きだった』の冬彦役でブレイク。TVドラマ、映画で幅広く活躍。小泉八雲を敬愛し、ライフワークとして八雲の朗読を続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾