特集 PR

『クリエイターのヒミツ基地』 Volume24 しし やまざき(アニメーション作家、マスクデザイナー)

モノにはこだわらない作家が愛する、ヒミツ道具とは?

緑の多い郊外の住宅街にアトリエを構える、ししさん。周囲を緑に囲まれ、落ち着いた雰囲気で制作に臨めるここは、まさに幼い頃近所に作った「ヒミツ基地」といった印象です。そんなししさんのアトリエ兼住居で、制作に欠かせない「ヒミツ道具」を紹介してもらいました。

色つきシャーペン

色つきシャーペン

初めに紹介してもらったのは、「色つきシャーペン」。撮影した映像を画像にして印刷し、紙にトレースする際に使用するとのことですが、なぜ「色つき」なのでしょうか。

しし:数分のアニメーションを作るために、何千枚ものイラストが必要になるので、仕事で制作する際はアルバイトを募って手伝ってもらうこともあります。その際、下書きに「色つきシャーペン」を使っておけば、絵の具で色を塗る作業のときに、どの色を使うのか、手伝ってくれる人も間違わないんです。また、色塗りは下書きの線を覆い隠すよう施していくのですが、万が一うっすら見えてしまうことになっても、色つきのシャープペンだと目立たないというメリットもあります。

iPhone用撮影台

iPhone用撮影台

お次は、作業用テーブルの近くの床に設置されている撮影台。でき上がったイラストを、この下に設置し、iPhoneで順番に撮影することで、アニメーションの動きを確認するために利用しているとのことです。

しし:スキャナーで取り込んで、PC上で確認するより、こっちの方が作業的に速くできるので重宝しています。「ストップモーションスタジオ」というアプリをつかって撮影すれば、iPhoneの画面上でアニメーションをプレビューできるんです。iPhoneからメールで転送して、PC上で確認することもありますが、こちらの場合もやっぱりスキャンするより速いです。本当に便利な世の中ですよね(笑)。

牛乳

牛乳

3つめの「ヒミツ道具」はなんと牛乳! かなり意外なチョイスですが、そのワケは?

しし:とにかく牛乳が好きで、毎日飲まなければ気が済まないんです。普段は実家がまとめて購入している低脂肪牛乳を飲んでいるんですけど、たまに自分で買って普通の牛乳を飲むと、濃厚でメチャクチャ美味しい。その瞬間のために低脂肪牛乳を飲んでいるのではないかと思ってしまうくらいです(笑)。

ちなみに、牛乳を飲むときは必ず温めて、ホットミルクにするのがこだわりだそう。紅茶を入れてロイヤルミルクティーにしたり、コーヒーを入れてカフェオレにしたりすることも。ミルクは滋養が高いことと、リラックスさせる効果があることが知られています。全身から溢れるししさんのエネルギーとクリエイティビティは、もしかしたら牛乳が源になっているのかも。

ペンタブレット

ペンタブレット「Intuos5」

最後に紹介してもらったのは、「ペンタブレット」。「クリエーターには必須」だという声も多いアイテムですが、意外にもししさんが購入したのは、最近のことだと言います。

しし:初めて購入したのは昨年の夏、最初は友人に勧められてペンタブレットを取り入れてみたんですが、なんで今まで使っていなかったんだろう、と後悔するくらい便利です。最終的にイラストをスキャナーで取り込んだ際についてしまうホコリや影を画面上で消す作業の時にメインで利用しています。最新機種のIntuos5は、ペンの反応がよく、スムーズに作業できるので、ストレスなく使用できてとても嬉しいです。それまではマウスを使っていたので、どうしても細かい作業に時間がかかって……。イラストも手描きで描いているので、同じような感覚をPC上に持ち込めるのは私にとって嬉しい限りです。これからもっと研究していけば、どんどんクリエイティブの幅が広がっていくと実感しています。

「実はあまりモノにこだわる方ではない」と話していましたが、自身の作品を下支えする「道具」については愛情を持って接していることが、インタビューを通して伝わってきました。次のページでは、ししさんの作品の特徴である「ロトスコープ」について、作業工程を一から説明してもらいます。

ししさんの作業
PAGE 1 > 2 > 3

「クリエイターのヒミツ基地」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら