特集 PR

ヨコハマトリエンナーレ2011 参加作家インタビュー連載vol.3 奇想を生み出す記憶と夢と 田名網敬一インタビュー

ヨコハマトリエンナーレ2011 参加作家インタビュー連載vol.3 奇想を生み出す記憶と夢と 田名網敬一インタビュー

内田伸一
撮影:小林宏彰

極彩色の金魚や異形の少女たちが中空を漂い、螺旋を描く松の木が、あるいは稲妻のような色の帯が飛び交う奇想の世界。1960年代から活躍し始め、サイケデリック・マスターの異名もとる田名網敬一の表現世界は、グラフィックデザインからアート、さらに音楽やファッションまでを横断・浸食してきた。70歳代半ばにしていまなお精力的な創作を続ける彼は、『ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR-世界はどこまで知ることができるか?-』にも出品中だ。その刺激的かつポップな世界観に潜む、幼年期の「記憶」や「夢」の役割とは? また、同トリエンナーレでも登場するアニメーション作品への取り組みのきっかけは? さらに、教育や交流を通した束芋ほか若い世代のアーティストへの想いや、コラボレーションを通した異ジャンルとの相互刺激についても話を聞いた。

PROFILE

田名網敬一
武蔵野美術大学デザイン科を卒業。1991年より京都造形芸術大学教授を勤める。1960年代よりメディアやジャンルに捕われず、むしろその境界を横断して精力的な創作活動を続けている。伝説的ロックバンド「モンキーズ」や「ジェファーソン・エアプレイン」などのアルバムカバーワークなど、日本におけるサイケデリックアート、ポップアートのトップランナーとして語られる一方で、今日の現代美術における「アートとデザイン」、「アートと商品」、「日常と美の関係」といった主要な問題に対して挑戦を続けてきた先駆者としても再評価されている。近年の主要な展覧会は、2008年「DAYTRIPPER」(Art&Public・ジュネーブ)、「SPIRAL」(Galerie Gebr.Lehman・ベルリン、ドレスデン)、2009年ドイツ・シュトゥットガルト国際トリック映画祭の審査員と特別プログラム上映など多数。今年の予定としては、8月に横浜トリエンナーレに参加。9月にはルクセンブルグ近代美術館で映像個展、10月、個展『結び隔てる橋』(NANZUKA UNDERGROUND)、同月『ジャラパゴス』展に参加(三菱アルティアム・福岡)、11月には(Galerie Gebr.Lehman・ベルリン)で個展。2012年には新しくオープンするシンガポール国立現代美術館で大型インスタレーション作品を展示する。
田名網敬一 Rolling 60S

一番関心を持っているのは、結局自分自身の内面に蠢く得体の知れぬ世界です

―さっそくですが、今回の『ヨコハマトリエンナーレ2011』への出展作について聞かせて頂けますか?

田名網:僕が70年代前半に作った短篇アニメーション、『Sweet Friday』(1975)と『CRAYON ANGEL』(1975)を出展しています。近年、あのころの映像がまた評価されてきたということもあるのかもしれません。今年のアート・バーゼル(スイスの大規模なアートフェア)でもNANZUKA UNDERGROUNDギャラリーのブースから新作を出したのですが、それと一緒に60年代のアニメーション映画を出してほしいと、向こうのディレクターからリクエストがあったそうです。

ヨコハマトリエンナーレ2011 参加作家インタビュー連載vol.3 奇想を生み出す記憶と夢と 田名網敬一インタビュー
TANAAMI Keiichi《Sweet Friday》 1975, Collection of the Artist

―それだけ注目されるという読みが向こうにもあるのでしょうね。

田名網:少し前までは恥ずかしいからあの辺のアニメーションは出さなかったけど、最近は「もういいや」と(笑)。『アート・バーゼル』には映画専門の上映プログラムもあって、ダミアン・ハーストらの映像と混ざって数十年前の僕の映像が流れることになりました。今年始めのベルリンのアートフェアでも当地ドイツのギャラリー、Galerie Gebr. Lehmannが映画とポスターとドローイングを紹介したり、今年の11月にベルリンで予定している個展でも、60年代の作品をアニメーション含めて展示する予定です。

―現在はそのように現代アートの世界でもご活躍中ですが、60〜70年代当時の田名網さんの活動の場はどんなものだったのですか?

田名網:やはりグラフィックデザインですね。毎日、雑誌の仕事、エディトリアルデザインを中心に活動していました。ポスターやCMなんかも。

―67年にNYを訪れた際に、メディアを横断するアンディ・ウォーホルの活動に刺激を受けたとのお話もありますね。そういった中でアニメーションにも本格的に取り組んだきっかけは?

ヨコハマトリエンナーレ2011 参加作家インタビュー連載vol.3 奇想を生み出す記憶と夢と 田名網敬一インタビュー
田名網敬一

田名網:深夜テレビ番組『11PM』の中で、毎回いろんな人たちに4〜5分の短篇アニメーションを依頼して放送する企画があったんです。久里洋二、宇野亜喜良といった人たちが参加していて、僕にも声がかかった。でも、1週間前に依頼が来たりするんですよ(苦笑)。アナログ時代なので16mmフィルムで撮るんですが、これがすごく大変でした。毎回500枚近く描くんです、1人で。それでテレビ局に行って撮影・録音するという。まぁ大変なんですが、でもとても自由にやらせてくれた。『11PM』は、時間(尺)と期日だけ守れば多少過激でもOKで、当時その辺はわりあいルーズでした。そんなサイクルで1ヶ月に1度くらい順番が回ってきて、15本ほど作りましたね。それ以前にも赤坂・草月ホールの『アニメーション・フェスティバル』などで作品を出していますが、いま各地で上映している僕のアニメーションはほとんど、そのころ作ったものですね。

―アニメーションの制作方法もそのとき学んだのですか?

田名網:子どものころから叔父にもらった英国製の幻灯機(スライド映写機の原型)で遊んでいたので、コマ撮りで絵が変化していく動きには興味を持っていました。だから自然と、アニメーションを作ってみたい気持ちはあったけれど、制作環境がなかったんです。それで、久里洋二の工房でアナログのアニメーション手法を教えてもらって。横尾(忠則)さんも宇野さんも来てましたね。そのころは他にアニメ工房なんてほとんどなかったし、久里さんもマンションの一室でやっていて、作りたい人が順番待ちで作業する感じでした。

ヨコハマトリエンナーレ2011 参加作家インタビュー連載vol.3 奇想を生み出す記憶と夢と 田名網敬一インタビュー
TANAAMI Keiichi《CRAYON ANGEL》1975, Courtesy the Artist

―横尾さんも今回の『ヨコハマトリエンナーレ2011』に参加なさるようですね。こうした国際美術展への出展については、何か思うところはありますか?

田名網:うーん、よく「国際」とか改まっていうけど、もうそういう時代じゃないと思う。だっていまの環境なら、何をやっても普通に国際的な催しでしょう。創作に関して僕が一番関心を持っているのは、結局自分自身の内面に潜むわけのわからない謎ですね。

2/3ページ:リハビリなんて言葉もない時代に、僕の頭の中で増幅されて出てきたもの

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場