マンボウやしろ、コロナ禍の想いを昇華した初小説『あの頃な』2月刊行

2022. 01.19

舞台やドラマの脚本・演出を手掛け、長年ラジオのパーソナリティーを務めているマンボウやしろ。2月15日に刊行される小説『あの頃な』は、ラジオの現場で新型コロナウイルスについて報道し、リスナーの声を聞き続けたマンボウやしろが抱えてきた想いを物語に昇華させた25本のショートショートが収録される。マンボウやしろは「初めて小説を書きました。台詞を書くのは好きですが、文章を書くのは大変でした。なのでなるべく物語を楽しんでほしくてシンプルに書いたつもりです。いつかコロナ禍を振り返った時に、この数年は人間にとってどんな意味があるのか?」とコメント。

2022年1月19日のニュース一覧へ 新着記事一覧へ

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて