What's happening now

2022. 04.06

downy“枯渇”をzezecoがリミックス 第七作品集『無題』デラックスLP盤も

downyの“枯渇 - zezeco remix”が本日4月6日に自主レーベル「rhenium records」とチリのレーベル「LeRock」から配信リリースされた。同曲は3月にデジタル配信された“枯渇”を、青木ロビン(downy)と沖縄を拠点に活動するManukanのユニットzezecoがリミックスしたもの。またバンド結成20周年を記念し、第七作品集『無題』のデラックスLP盤が4月29日にUKのレコード専門レーベル「Dog Knights Productions」からリリース。

記事を見る

amazarashiの新曲“空白の車窓から”配信リリース&PV公開

amazarashiの新曲“空白の車窓から”が本日4月6日に配信リリース。PVが公開された。4月13日発売のニューアルバム『七号線ロストボーイズ』の最後を飾る同曲には、日々過ぎ去る景色の中、当たり前のように思っていたことも一瞬一瞬を噛みしめて生きなきゃとの想いが込められているという。amazarashiの数々の作品のアートワークを手掛けるYKBXがディレクションしたPVには、イラストレーターwatabokuの描き下ろしグラフィックを使用。

記事を見る

NHK-FM『今日は一日BTS三昧』5月1日に8時間15分生放送

NHK-FM『今日は一日BTS三昧』が5月1日12:15〜18:50、19:20〜21:00に生放送。BTS初心者から古参ファンまで幅広く楽しんでもらえる内容になるという。MCを古家正亨、武内陶子アナウンサーが務め、ゲストも登場。番組では「あなたの運命を変えたBTSソング」と題してリクエストを募集中。放送中にトップ20が発表される。NHKラジオ らじる★らじるでも聴取可能。

記事を見る

ROTH BART BARON『マイスモールランド』主題歌配信&PV公開

ROTH BART BARONの新曲“N e w M o r n i n g”が本日4月6日に配信リリース。PVが21:00にYouTubeでプレミア公開される。同曲は『第72回ベルリン国際映画祭』ジェネレーション部門アムネスティ国際映画賞特別表彰に輝いた川和田恵真監督『マイスモールランド』の主題歌。川和田監督が手掛けたPVは映画の主人公サーリャの弟ロビンの成長を描いたアナザーストーリー。嵐莉菜演じるクルド人の家族と共に日本で育ったサーリャ、バンド編成のROTH BART BARONも出演している。ROTH BART BARONは4月9日に東京国際フォーラムでツアーファイナル公演を開催。ライブの模様はZAIKOで配信される。

記事を見る

スティーヴン・スピルバーグ『E.T.』生誕40周年記念イベント開催

©1982 UNIVERSAL CITY STUDIO S, INC. Images courtesy of Park Circus/Universal

スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『E.T.』生誕40周年記念イベントが4月22日に丸の内ピカデリーで開催される。1982年に公開された同作は、孤独な10歳の少年エリオットと、地球に置き去りにされた宇宙人E.T.の物語を描いたSF作品。イベントでは『E.T.』の上映のほか、日本語吹替版でエリオット役を演じた浪川大輔、桑原崇(桑原インターナショナル)らが登壇するトークショーを行なう。劇中に登場したクワハラのBMXに乗ってE.T.と記念撮影できるフォトスポットも設置。チケットは4月8日からプレチケで販売される。

記事を見る

熱海ニューアカオ館で電子音楽を堪能する企画にPhewらが出演

『rural presents New Acao』が7月16日から18日に熱海ACAO SPA & RESORTニューアカオ館で開催。電子音楽のオープンエアパーティー『rural』のスピンオフ企画となる同イベントには、Black Merlin、Jane Fitz、Phew、Wata Igarashiらが出演する。限定100枚の早割チケットは本日4月6日18:00から、前売チケットは5月11日12:00から販売開始。

記事を見る

坂田阿希子×皆川明、料理と器のエッセイ&写真集『おいしい景色』

坂田阿希子と皆川明(minä perhonen)の共著『おいしい景色』が4月15日に刊行される。『SWITCH』で連載中の料理と器のエッセイ&フォトをまとめた同書には、坂田が作るハンバーグやマカロニグラタン、ナポリタンに、皆川が私物コレクションから選出した器を合わせた「おいしい景色」の写真を2人の料理、器にまつわる思い出やエピソードと共に収録。全20品のレシピも掲載される。4月26日にはオンラインイベントを開催予定。

記事を見る

『スパークス・ブラザーズ』ポール・マッカートニー登場映像

© 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

エドガー・ライト監督の映画『スパークス・ブラザーズ』の特別映像が到着した。4月8日から公開される同作は、兄ロンと弟ラッセルのメイル兄弟からなるSPARKSの半世紀にわたる活動を、アーカイブ映像やバンドが影響を与えたアーティストたちのインタビューと共に振り返る音楽ドキュメンタリー。特別映像では、ジェイソン・シュワルツマンがポール・マッカートニーのパフォーマンスについて「ビートルズの一人がロンに扮装。すごすぎる」と述懐する姿や、ニール・ゲイマン、マイク・マイヤーズ、アル・ヤンコビック、パットン・オズワルドらが証言する様子などが切り取られている。

記事を見る

『カモン カモン』公開記念、マイク・ミルズ監督特集上映

マイク・ミルズの過去作特集プレチケ上映イベントが4月15日〜18日に開催される。ミルズ監督・脚本のA24製作映画『カモン カモン』が4月22日から公開されることを記念する同イベントは、uniが企画制作し、Filmarks『プレチケ』、東京テアトルと共催。4月15日と17日に『人生はビギナーズ』を上映するヒューマントラストシネマ有楽町では、15日に大島依提亜、17日に門間雄介、4月16日と18日に『20センチュリー・ウーマン』を上映するシネ・リーブル池袋では16日に中井圭、18日に山崎まどかが登壇するトークショーを行なう。詳細はプレチケの各イベントページで確認しよう。

記事を見る

少女の呪われた恋を描くチェコ映画『マルケータ・ラザロヴァー』

©1967 The Czech Film Fund and Národní filmový archiv, Prague

チェコ映画『マルケータ・ラザロヴァー』が7月2日から⽇本初劇場公開される。フランチシェク・ヴラーチル監督が1967年に発表した同作は、13世紀半ばのボヘミア王国を舞台にしたヴラジスラフ・ヴァンチュラの小説が原作。修道女となることを約束されていたマルケータは、父と敵対する盗賊騎士の息子ミコラーシュと恋に落ちるが、次第に増大する王権と2つの⽒族間の衝突が激化していくというあらすじだ。「過去の出来事をなぞるのではなく、歴史の内側を直感的に捉えたい」という監督の思いから、小道具を当時と同じ素材・方法で制作し、山奥で⽣活しながら548日間にわたって撮影したという。衣装はテオドール・ピステック、音楽はズデニェク・リシュカ。

記事を見る

冨田ラボの新AL『7+』に細野晴臣、堀込泰行、長岡亮介らが参加

活動20周年を迎える冨田ラボのニューアルバム『7+』が6月29日にリリースされる。同作には細野晴臣、堀込高樹(KIRINJI)、堀込泰行、磯野くん(YONA YONA WEEKENDERS)、AAAMYYY、kojikoji、坂本真綾、モノンクルの角田隆太と吉田沙良、TENDRE、長岡亮介(ペトロールズ)、長塚健斗(WONK)、naz、bird、BASI、早見沙織、藤巻亮太、藤原さくら、ぷにぷに電機、Ryohu(KANDYTOWN)が参加。初回盤にはレコーディング映像や冨田の解説を収録したBlu-ray、レコーディングダイアリーやインタビュー、年表を掲載したブックレットが付属する。

記事を見る

ブリランテ・メンドーサ監督が義足のボクサーの実話を映画化

©2022「義足のボクサー GENSAN PUNCH」製作委員会

ブリランテ・メンドーサ監督の映画『義足のボクサー GENSAN PUNCH』が5月27日から沖縄、6月3日からTOHOシネマズ日比谷で先行公開、6月10日から全国公開される。同作は、義足のために日本でのプロボクシングライセンスが取得できず、フィリピンに渡ったボクサーの実話をもとにした作品。沖縄出身の尚玄が津山尚生役で主演し、プロデューサーとしても参加。息子・尚生を見守る母役を南果歩、コーチのルディ役をロニー・ラザロ、尚生を見守るメリッサ役をビューティー・ゴンザレスが演じた。

記事を見る

クリーチャーと制作者の関係性に迫るドキュメンタリー公開

© FRENETICARTS 2015

映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』が5月20日から公開される。同作は、数々の映画作品に携わり、「現代のフランケンシュタイン(=怪物の創造主)」と呼ばれるアーティストのインタビューをもとに、クリーチャーとその制作者の関係性に迫るドキュメンタリー。フィル・ティペット、ギレルモ・デル・トロ、ジョー・ダンテ、アレック・ギリス、スティーヴ・ジョンソン、グレッグ・ニコテロ、リック・ベイカー、デニス・ミューレン、ジョン・ランディスらが登場する。予告編と「オレたちの誕生秘話」というコピーを添えたポスタービジュアルも到着。

記事を見る

UAの新作EP『Are U Romantic?』にマヒト、中村佳穂らが参加

UAの新作EP『Are U Romantic?』の収録曲と参加アーティストが発表された。5月25日にリリースされる同作には、3月に先行配信されたマヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)“微熱”をはじめ、永積崇(ハナレグミ)“お茶”、岸田繁(くるり)“アイヲ”の新ミックス、JQ(Nulbarich)“蜂蜜とミルク”、中村佳穂“Honesty”、Kj(Dragon Ash)“Okay”を収録。初回限定盤のDVDには1月に開催された『UA 25th→→→30th anniversary Live‼︎』から“情熱”ほか6曲のライブ映像が収められる。

記事を見る

少年の友情描く青春映画『サバカン SABAKAN』8月19日公開

©2022「SABAKAN」Film Partners

映画『サバカン SABAKAN』の公開日が8月19日に決定。追加キャストが発表された。同作は、1986年の長崎を舞台に「イルカを見るため」に冒険に出る2人の少年の友情、それぞれの家族との愛情の日々を描く青春映画。主演は番家一路。共演に原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、貫地谷しほり、草彅剛が名を連ねる。監督を金沢知樹が務め、萩森淳と共に脚本を手掛けた。追加キャストは岩松了、村川絵梨、福地桃子、ゴリけん、八村倫太郎(WATWING)、茅島みずき、篠原篤、泉澤祐希。「ここは80年代。青春の、少し前の、せいしゅん」というコピーを添えたティザービジュアルも到着。

記事を見る

藤城清治の版画展が4月13日から小田急百貨店町田店で開催

藤城清治『アリスのハート』©Seiji Fujishiro/HoriPro 2005 キャンバスジクレー 88,000円 額装サイズ 40×33.5cm

『藤城清治版画展 ~生きるよろこび~』が4月13日から小田急百貨店町田店で開催される。98歳の藤城清治は、慶應義塾大学在学中から影絵劇の創作活動を始め、後の木馬座である劇団ジュヌ・パントルを結成し、雑誌『暮らしの手帖』で長年連載。同展では、藤城の創作テーマ「生きるよろこびや生きる楽しさ」を表現したオリジナルジクレー版画約90点を展示・販売するほか、ポストカード、クリアファイル、図録などのオリジナルグッズ、連作『四季のよろこび〈地球はうたう〉』『四季のよろこび〈時は流れて〉』のジクレー版画を数量限定で販売する。

記事を見る

Special Feature

Crossing??

CINRAメディア20周年を節目に考える、カルチャーシーンの「これまで」と「これから」。過去と未来の「交差点」、そしてカルチャーとソーシャルの「交差点」に立ち、これまでの20年を振り返りながら、未来をよりよくしていくために何ができるのか?

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて