特集 PR

新生lostage、その「覚悟」に迫る

新生lostage、その「覚悟」に迫る

インタビュー・テキスト
柏井万作
2008/10/03

誰だって「褒められる」のは嬉しいことだけど、もっと多くの人を喜ばせるためには、時としてその賛辞を裏切ってでも“変わって”いく必要があるだろう。そしてこのlostageほど、貪欲にその変化を求めるバンドもいないかもしれない。

「カッコいい」からこそアンダーグラウンドなシーンで話題を集めたバンドが、昨年のメジャーデビュー作、そしてメンバー交代という危機を乗り越え作り上げた新作で遂げた変化の背景には、彼らが変わっていくだけの「覚悟」があった。メジャーレーベルからのリリース、東京から奈良への引っ越し、自分たちで道を「選択」してきたから、彼らにはそれ相応の覚悟が生まれたようだ。ボーカル・ベースの五味岳久と、新メンバー中野博教に話しを聞いた。

売れれば良いとは思わないけど、
一人でも多くの人を巻き込んで感動させたい

―中野さんが加入して初のレコーディング作品リリースですね。まずlostageと中野さんのなれ初めを教えてください。

中野:僕は大阪でバンドをやってたんですけど、初めてlostageと会ったのは、MINUS THE BEARっていうシアトルのバンドの来日公演で対バンした時かな。それで仲良くなって、lostageを大阪に呼んだり、奈良に呼んでもらったり。

―そのバンドは今も続いているんですか?

中野:大阪から東京に拠点を移して活動していんたんですけど、メンバーが辞めて結局解散しちゃって。そのタイミングでlostageが誘ってくれたんですよね。

lostageインタビュー

―「東京から奈良に来い!」と?

中野:「来い!」とは言ってないけど、「行くしかない」っていう状況にはなりましたね(笑)。迷いはなかったけど、バンドを続けるしんどさは身にしみているから、「しんどくなるなぁ」って(笑)。でもバンドはやりたかったし、誘われてやりたいと思うバンドなんてほとんどないですからね。

五味(岳):本人を目の前にして言うのもアレですけど、ギターが上手いから誘ったわけではなくて、音楽に対する価値観や想いが同じだと思ったんですよ。音楽性はみんなその時々の気分で変わっちゃうから、音楽をやる姿勢のほうが大事だなって。ずっと一緒に音楽を作っていくんだから。

―東京を出て奈良に引っ越して来てくれるんだから、嬉しいですよね。

五味(岳):それだけでめちゃくちゃアガりましたよ。嫌らしい話かもしれないですけど、バンドがバカ売れしてるんだったらまだ分かる話しじゃないですか。でも、バンドをやるために東京から何もない僕らのところまで引っ越してくるなんて、本気で一緒に音楽をやりたいっていう気持ちだけですもんね。中野が加入してからバンドのモチベーションも上がるし、悪い事が一つもありませんでしたね。

―中野さんが加入してからすぐに新作を完成させたわけですが、いい意味で「変化」が表れている作品ですよね。

五味(岳):メンバーが一人変わったら、どんなに上手くやっても絶対に「あいつら何か変わったな」って言われるじゃないですか。それならもう、変われるところはどんどん変わっちゃえということで、今作は「変化」というのをテーマにしたんですよ。メンバーの加入だったり、それぞれの意識の変化だったり、「こいつら変わったな」ってみんなにちゃんと伝えたかったんです。

―「変化する」って、言うほど簡単なことではないですよね。特に「意識の変化」というのは難しいことだと思いますが、実際今作を聴くと、意識の部分から変化しているのが如実にわかりました。リスナーの喜びを、以前よりもかなり真剣に考えたんじゃないですか?

五味(岳):僕は考えましたね。聴く人はどう感じるかとか、これまでのリアクションを見て考えることも沢山あったし。売れれば良いとは思わないけど、一人でも多くの人を巻き込んで感動させたいと思うし、そういうことをしっかりやっているバンドのライブを観て自分も感動したんです。「音楽ってすごいな」って思ったし、色んな可能性があるのに、変に凝り固まった考えで地下に潜るのは嫌だなって。どうせだったら行ける所まで行きたいんですよね。

―その感動させてくれたバンドって、教えてもらえますか?

五味(岳):去年の暮れにASIAN KUNG-FU GENERATIONのツアーで三か所ぐらいオープニングアクトをやったんですけど、アジカンを観に来てる3000人くらいのお客さんが、熱狂的に盛り上がってたんですよ。音楽がそれだけ大勢の人の気持ちを一つにまとめているのを体感して感動したし、自分にだってやれる可能性はあるんじゃないかと思って。それで意識は変わりましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

lostage『脳にはビート 眠りには愛を』
lostage
『脳にはビート 眠りには愛を』

2008年9月24日発売
価格:1,600円(税込)
POPDVD-102X TOY'S FACTORY

1. AMPLIFIED TEENAGE STRESSES AND STRAINS
2. 母乳
3. DIG
4. テレピン、叫ぶ
5. PURE HONEY
6. 脳にはビート 眠りには愛を

イベント情報

ロストエイジのたからさがしツアー2008

2008年10月26日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:NEVERLAND(奈良)
出演:
lostage
HOLSTEIN
料金:前売2300円 当日2800円

2008年10月29日(水)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:CLUB UPSET(名古屋)
出演:
lostage
aie
料金:前売2,300円

2008年11月7日(金)
会場:PEPPER LAND(岡山)
出演:
lostage
ゲスト未定

2008年11月9日(日)
会場:DRUM SON(福岡)
出演:
lostage
ゲスト未定

2008年11月19日(水)
会場:Shangri-La(大阪)
出演:
lostage
MASS OF THE FERMENTING DREGS

2008年11月22日(土)
会場:BIRDLAND(仙台)
出演:
lostage
54-71

2008年11月24日(月)
会場:KLUB COUNTERACTION(札幌)
出演:
lostage
ゲスト未定

2008年11月27(木)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:渋谷CLUB QUATTRO(ワンマン)
料金:前売2,500円

プロフィール

lostage

奈良県出身の4ピース・ロックバンド。ボーカル・ベースの五味岳久とギターと五味拓人の五味兄弟を中心に01年に結成。04年にUK PROJECT内に自身で立ち上げたレーベルqoop music(クープミュージック)よりデビューミニアルバム『P.S.I miss you』をリリース。

07年7月にTOY'S FACTORYからメジャーデビュー作となる2nd Album 『DRAMA』リリース。全国ツアー、数多くの海外バンドとの共演、大型ロックフェスへの出演など精力的に活動を行うも、2008年1月18日にギターの清水雅也が脱退。08年2月、ギターリストとして中野博教が加わり、同年9月にミニアルバム『脳にはビート 眠りには愛を』をリリース。新生lostageとして新たなスタートを切る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場