特集 PR

susquatchインタビュー

susquatchインタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
写真:柏井万作
2009/06/05

哀愁漂うメロディーを武器に、転調やリズムチェンジを多用し、ドラマチックな楽曲展開で話題を呼ぶsusquatchが、ニュー・アルバム『In This World』をリリースした。 彼らがパニャ語と呼ぶ、いわゆるでたらめ英語で歌われる全10曲は、歌詞はないながらも様々な情景や感情を思い起こさせ、言葉で伝える歌とはひと味もふた味も違った感覚を与えてくれる。既存のJ-POPとはまったく異なる複雑な作品を作りながらも、あくまで「J-POP育ち」と断言する押切健太(Gt&Vo)に、個性的な音楽観、人生観を語ってもらった。

ハナからひねくれてやろうとは思ってないんですけど、引っかかりもなく聴き流せちゃうのも嫌だなと思いまして。

―susquatchの音楽は、普通のAメロ~Bメロ~サビみたいな展開に当てはめて聴こうとすると、頭が混乱して聴けないです。

押切:あー、ひねくれてるんですよねぇー(笑)。

―いわゆる普通のJ-POPとかとは違うことをやりたい?

susquatchインタビュー

押切:ハナからひねくれてやろうとは思ってないんですけど、引っかかりもなく聴き流せちゃうのも嫌だなと思いまして。自分は作曲者であって、プレイヤーでもあるから、リスナーよりも曲に触れ合う時間が多いじゃないですか。だから、いつやっても楽しめる、飽きのこないものがいいなと思うと、通常じゃないところにフックがあったほうがいいなと。最終的にドラマチックな展開になればいいと思うんですけどね。

―バンドを始めたりとか、音楽を始めたりとかって、普通は好きなものを真似することから始まると思うんですけど、それとは対照的な考えですよね。

押切:もちろん、いろいろ聴いてきたものから影響は多々に受けてますよ。曲作りも「こういうテイストの曲をやりたいな」とか思うことから始まることも多いし。でも、既存のものと同じものを作っても意味がないので、こういうニュアンスがミックスされてる曲がほしいなと思ったら、自分のなかにある引き出しからいろんなおかずを引っ張ってきて作り上げる感じですね。

―もともと普通のJ-POP的な音楽は聴いてたんですか?

押切:バリバリ聴いてましたね(笑)。

―どの辺を?

押切:いまだに聴くんですけど、B’zとかWANDSから始まって、シャ乱Qも聴いたし、FLYING KIDS、THE BOOM、中島みゆき、CHAGE and ASKA、ユニコーン……。最終的に長いこといったのはBUCK-TICKとか、THE MAD CAPSULE MARKETSとか。松坂世代(1980年度生まれ)なので、その辺は大好きですね。

―でも、生み出される音楽は全然別もので。

押切:どうなんですかね。susquatchは底抜けに明るいよりかは、ちょっと哀愁のあるメロディーが多いんですけど、それは意外とBUCK-TICKとかからの影響なんじゃないかなと思ったりして。ユニコーンも転調とかするんだけど、どっかにグッと来る切なげな部分転調とかを入れたりしてるから、そういう影響はすごい感じますね。だから、J-POPが作った音楽だと思います。

Page 1
次へ

リリース情報

susquatch『In This World』
susquatch
『In This World』

2009年5月13日発売
価格:2,300円(税込)
HKP-022 K-PLAN

1. awakening at daybreak
2. Ghost
3. glass marbles
4. Return of Spring
5.the gulf lab
6. A Gremlin
7. matsuri
8. after the thaw
9. Spin The Words
10. summer end

イベント情報

>CINRA presents 「exPoP!!!!! volume27」

2009年6月25日(木)
会場:渋谷O-nest
出演:susquatch、Clean Of Core、シリカ、and more!!!!!
料金:無料(2ドリンク別途)

プロフィール

susquatch

2002年10月、押切健太(ヴォーカル・ギター)と中野真季(ドラム)を中心に結成、都内を中心に活動を始める。ギター2本と、ドラム、ベースというシンプルな編成ながら、曲は時に賛美歌やオーケストラのようなアレンジの厚みを感じさせ、転調やリズムチェンジが音楽を体感する楽しさを伝えてくれる。自主制作のデモCDを約2,000枚売り上げ、07年5月に1stミニアルバム『Water Plant』を発売。09年5月13日には1stフルアルバム『In This World』をリリースし、大反響を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く