特集 PR

iLLインタビュー

iLLインタビュー

インタビュー
小宮川りょう(NIKO\ON PRO.)
テキスト・写真:柏井万作
2009/08/20

スーパーカーの解散以降、iLL名義で活動を行っているナカコーこと中村弘二が8月26日に4thアルバム『Force』をリリースする。「ポップでわかりやすいものにした」と本人が語る通り、今作はiLLがこれまでに作り上げてきたどの作品よりもポップであり、「グッド・ミュージックの紹介者」としての音楽的才能を遺憾なく発揮した一作になっている。スーパーカー時代から今に至るまで、彼はどんな想いを持って音楽を作り続けてきたのか。アルバムの話しはもちろん、音楽にかける想いも語って頂いた。

過去から現在まで色んな音楽があって、それを知ってもらいたいし、聴いて欲しいという想いがあるんです。

―前作『ROCK ALBUM』から約一年ぶりのアルバムですが、コンセプトは?

中村:「ポップでわかりやすいもの」がコンセプトですね。前作や、これまでの作品が世間では「難解な作品」という評価をされてしまったので、「じゃあ今回は意識的にわかりやすいものを作ろうか」ということで。

―「難解な作品」という評価について、どのように感じていらっしゃるんでしょうか?

中村:僕としては、以前の作品も今作も同じ気持ちで作ってますよ。これまでの作品が「実験的な音楽」と言われることもあったけど、全然そんなことは無いと思います。僕は過去の色々な音楽をリスペクトしているつもりだし、その流れの中で自分の音楽を作っていると思っていますから。

iLLインタビュー

―世間の評価と中村さんの想いに溝があったんですね。

中村:聴く人がどう思うかは自由だから、それは構わないですけど。過去から現在まで色んな音楽があって、それを知ってもらいたいし、聴いて欲しいという想いがあるんです。その中に「分かりにくいもの」があったとしても、視点を変えてみてれば分かりやすくなるかもしれない。その為には色んな作品を作って提示していくしかないですよね。

ある一方向にだけ進んでたら見えないことがあると思うんです。

―「色々な音楽を知って欲しい」という想いは、中村さんの音楽活動全般に表れていますね。スーパーカーとしてデビューして以来、作品を作るたびに色々な音楽を聴き手に提示していると思うのですが?

中村:それが一番好きだし、面白いと思ってるんです。自分も学生時代にそうやって音楽を聴いてきたし、色んな音楽を聴いて面白いと思った感覚を、そのままリスナーに伝えたいと思ったし……その気持ちが強いです。

―今回のアルバムからも、「面白い音楽がいっぱいあるよ!」というマインドを感じました。

中村:そうですね。これだけ色んなものが溢れている時代なんだから、色んなものを見たっていいんじゃないかと思うんですよ。もっともっと好奇心旺盛になってもいいんじゃないかって。自分がそういう人間だから、余計に「好奇心を持ってもらいたい」と思っちゃうのかもしれないですけど。

―確かに今、摂取できる情報量も膨大になっていますよね。その中で、「もう追いきれないからいいや」と思ってしまう人も少なくないと思います。

中村:うーん、僕が思っているのはそれとはちょっと違うんです。たとえば「新しいことをやりましょう」って言った時に、最初から新しいものが生まれることは絶対に無いと思っているんです。過去にあるものの経験なり、アイディアなりを活かして新しいものが生まれてくると信じているので、そのために色んな世界のことを知ったり、別々だと思われている物事の共通点を見つけたいと思うんですよね。要するに、ある一方向にだけ進んでたら見えないことがあると思うんです。特に今の時代、色んなものを見る機会があるわけだし、その環境が整っているんだから、それをしないのは勿体ないなぁって。

Page 1
次へ

リリース情報

iLL『Force』
iLL
『Force』(DVD+CD初回限定盤)

2009年8月26日発売
価格:3,360円(税込)
KSCL-1453/4
※ジャケットデザインは宇川直宏が担当

1. Tight
2. Hello
3. The Way We Think
4. R.O.C.K.
5. B-Song
6. Kiss
7. Radio Radio
8. Deadly Lovely(Movie version)
9. Vicious
10. Come With U
11. Naki
12. Birds

32. Piano

[DVD収録内容]
1. Call my name
2. Timeless
3. Scum
4. R.O.C.K.
5. Kiss
6. Kiss(Alternative Version)
7. Deadly Lovely
8. Flying Saucer(Live)

リリース情報

{作品名など}
iLL
『Force』

2009年8月26日発売
価格:3,059円(税込)
KSCL-1455
※ジャケットデザインは宇川直宏が担当

1. Tight
2. Hello
3. The Way We Think
4. R.O.C.K.
5. B-Song
6. Kiss
7. Radio Radio
8. Deadly Lovely(Movie version)
9. Vicious
10. Come With U
11. Naki
12. Birds

32. Piano

プロフィール

iLL

95年「スーパーカー」を結成。05年2月、惜しまれつつもバンドを解散する。06年「iLL」として、アルバム『sound by iLL』をリリース。同年、フジロック06にて、レーザーを駆使した演出と自然との共演で高い評価を得て、07年1月には文化庁メディア芸術祭10周年記念展にて演奏を行う。同年4月にリリースされる映像作品『iLLusion by iLL』にはエッシャーの動画を駆使した映像を宇川直宏とともに制作。08年には『Dead Wonderland』、『ROCK ALBUM』と全く異なったテイストの二枚のアルバムを発表し、旺盛な制作欲は止まることない。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性