特集 PR

People In The Box インタビュー

People In The Box インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2010/02/17

せっかくやるならもっと言い訳のきかないようなところを目指したい。

―僕が3曲を通じて感じたのは「エスケーピズム」(逃避)の感覚なんですね。“天使の胃袋”の「もうすぐトンネルを抜けるよ 光り溢れ」とか、“冷血と作法”の「もう ここには既に 体はない」って歌詞とかはその象徴かなって。

波多野:意図したところではないんですけど、歌詞は全部つながって考えているので、そういうところはあると思います。“天使の胃袋”も“冷血と作法”も、すごくつながってるんですよね。あとは実際に僕が逃避型の人間なんで(笑)。そこはすごくあると思います。でも、みんな逃避したいじゃないですか? それが全然悪いことだとも思わないし。

―確かに、「エスケーピズム」は音楽っていう芸術の持つスペシャルな部分ですからね。

波多野:そうですよね。

―ピープルの曲って初期はもっとマニアックな印象があったんですけど、ポップであることの重要性についてはどのように考えていますか?

波多野:やりたいことがやれるようになってきたっていうことだと思うんですよね。技術的なところだったり、環境的なところだったり。っていうのも、イメージ的にはどんどんポップになってる感じが自分でもするんですけど、昔のやつとかたまに聴くと、実は今よりポップなんですよ。新しいものを出す度にいつも二つ意見があって、アヴァンギャルドになったっていう人もいるし、ポップになったっていう人もいる。それってホントに不思議なんですよね。

―本人としてはポップにしようとか難しくしようっていう意識はないわけですよね?

波多野:最近はなくなりましたね。でも昔からあまりマニアックなものは好きじゃなかった…好きは好きなんですけど、自分がやろうとすると、案外マニアックなものはできちゃうというか。せっかくやるならもっと言い訳のきかないようなところを目指したいと思ってて、誤解を招く言い方ですけど、全然J-POPだと思ってやってきたので。

―うん、僕もピープルみたいなバンドこそスタンダードであってほしいという気持ちがあります。今スタンダードと呼ばれてるものが本当にスタンダードだとは限らないですからね。

波多野:そうなんですよね。結構僕らがやってることってオーソドックスというか、やってること自体は王道なんですよ、3ピースのギター・ロックっていう。

―波多野さんが「共感で成り立ってる音楽に興味はない」って言ってたのを何かで読んだんですけど、そういう意識のバンドが「共感」がスタンダードになっているメジャーという場でやることはやっぱり意義があると思うんですよね。

波多野:ありがとうございます(笑)。共感を促すだけの音楽っていうのはやりたくないと思ってるんですけど、自分たちをスタンダードだと思ってやってることを前提にすると、共感自体はあってもいいと思うんですね。そのときに僕が言った共感っていうのは、浅い、上っ面の共感であって、そういうレベルじゃなくて共感できるものっていうのがあると思うんですよ。mixiのブログとかそういうところじゃなくて。もっと深い部分で共感できると思ってるから。

―Twitterにしてもメディアとして面白いし、いろんな可能性を持ってると思うけど、コミュニケーションがライトな方向に向かってるっていう側面があるのは事実ですもんね。

波多野:ライトはライトでいいこともあると思ってるんですけど、それとは真逆の方向っていうのもあると思うんです。そっちは目に付きづらいところですけど、誰もが持ってる部分だと思うんで、そこにフォーカスが当たってほしいと思います。

Page 3
前へ

リリース情報

Sky Mouth
People In The Box
『Sky Mouth』

2010年2月17日発売
価格:1,200円(税込)
CRCP-10243

1. 生物学
2. 天使の胃袋
3. 冷血と作法

イベント情報

『Sky Mouth』Release One-man Tour

2010年3月5日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:札幌COLONY

2010年3月7日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:仙台PARK SQUARE

2010年3月9日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:福岡DRUM SON

2010年3月11日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:岡山CLAZY MAMA 2nd Room

2010年3月13日(土)OPEN 17:15 / START 18:00
会場:大阪umeda AKASO

2010年3月14日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:名古屋CLUB UP SET

2010年3月20日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京SHIBUYA-AX

プロフィール

People In The Box

波多野裕文(vo/g),福井健太(ba),山口大吾(dr)によるスリーピースバンド。しなやかなドラム、力強いペース、青白い和音を奏でるギターのスリーピース編成を生かしたスマートなサウンド、複合的なリズムにポップな歌のメロディー。イノセントな声が、不思議な世界観をともなって耳に飛び込んでくる。クチコミを中心にファンの数を増やし続け、ライヴ動員も日々増加、2009年2月に行われた渋谷クアトロでのワンマンライブではチケット完売となった。同年、10月3rd mini album『Ghost Apple』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開