特集 PR

NAOITOインタビュー

NAOITOインタビュー

インタビュー・テキスト
小宮川りょう
撮影:柏井万作
2010/03/18

「東京生まれの純日本人」だというその歌い手の歌声が醸す強烈な異国情緒に驚かされた。19歳で渡米して以降、ジャマイカ、ネパール、ブラジルなど世界各国を旅し、各地の音楽ヴァイヴスを吸収し、オリジナルのサウンドに消化しているミュージシャン、NAOITO(ナオイート)。ギター、ヴォーカル、コンガを手がける彼は、家内制手工業式ジプシーキャラバンとして全国各地で活動しているという。エキゾ、チル・アウト、サーフ・ロックそして民族音楽とポップミュージック。さまざまな音楽ジャンルを自在に横断する現代のボヘミアン、NAOITOに話を聞いた。

(インタビュー・テキスト:小宮川りょう 撮影:柏井万作)

町で浮浪者を見て「俺もああなりたい!」って言ったら親に引っぱたかれた(笑)

―19歳で渡米されたそうですね。きっかけは?

NAOITO:高校生のとき、グランドキャニオンを見に行く機会があったんです。地球がむき出しになっている様子を見て、そのデカさにやられちゃって。旅の面白さを感じましたね。それで、アメリカに行こうという気持ちになって渡米しました。最初はカリフォルニアのロサンジェルス、そこからジャマイカに行きました。

―東京を出たいと思ったのは、なぜです?

NAOITOインタビュー

NAOITO:何かがおかしいなと思う部分があったんでしょうね。「本当の自分でいれていない感覚」というか。自分のアクを抑えながら生きているという意識がありました。お受験世代だったので、自分の意思とは無関係に親に中学受験をさせられたわけですよ。当時、町で浮浪者を見て「俺もああなりたい!」って言って憧れてみせたら、親に引っぱたかれたんですけど、結局は見事にドロップアウトしましたね(笑)。

―実際に東京の外に出てみていかがでしたか?

NAOITO:自分があまりに東京以外の世界のことを見知らないという現実に衝撃を受けましたね。ボブ・マーリーが好きで、ジャマイカに渡ったんですが、音楽と信仰と暮らしが一緒になっている様子を見て感銘を受けました。東京では漂白されてしまっている部分ですよね。日本だと宗教はオカルトになってしまうんだけど、ジャマイカでは宗教と暮らしが自然な形で密接にかかわりあっているんですね。知らなかった世界に触れて、ショックを受けました。

―ジャマイカで一番影響を受けたものは?

NAOITO:ナイヤビンギ(ラスタファリアンの宗教的な集会、またはその集会で演奏される音楽のこと)ですね。ダンスホールレゲエのショウ的な派手な部分より、やはり、宗教儀礼的なものに惹かれました。ラスタファリズムという信仰があって、人々が自分の信じているスピリッツに向かってまっすぐに集まっているんです。それまで宗教にネガティヴなイメージしかなかったから、そういう音楽があるということ自体が衝撃でした。崇高で綺麗なだけじゃない、おどろおどろしいドロドロした土着的なもの……都市生活者は持っていないものですね。僕はその時に嗅いだフルーツと生モノの腐敗臭と、排気ガスと潮風がミックスした匂いは常に鼻の奥にあるんですよ。それを感じると色んなシーンがフラッシュバックします。今も空港に行くと、そういう匂いを感じて落ち着くんですよね。あれは暮らしの匂いなんでしょうかね。僕はそういう肉感的で立体的な匂いに興奮します。そういうものって汚いもの臭いものって分類されるのかもしれないけど、そこに人が生きているっていう力を感じるものだったら、俺にとってはキレイなものになるんです。

Page 1
次へ

リリース情報

『雑食familia』
『雑食familia』

2010年3月3日発売
価格:2,500円(税込)
PCD-18616 / felicity cap-98

1. INTRO あらんらんDUB
2. HAZE BLUE
3. ミコラソン
4. ぱ〜らっぽん
5. あらんらん
6. WHISPERS IN THE WIND
7. Zinboo Zin

プロフィール

NAOITO

HIFANA や鎮座ドープネスの総合プロデュース・チーム (音楽、映像、グラフィック)、GROUNDRIDDIM とFelicity がタッグを組み、送り出したシンガーソングライター。19歳で渡米し、ジャマイカ、ネパール、ブラジルを旅する“生涯旅人”。ガーナのマスタードラマーAja Addyに手ほどきを受けパーカッションプレイヤーとして活動。2006年に結成したアフロビートバンド、KINGDOM☆AFROCKSのVo & Perとしても話題を集める。独学のギターで作曲をはじめ、ソロ弾き語り活動を開始し、現在に至る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察