特集 PR

世界の終わりインタビュー

世界の終わりインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

すごく頭を使わないと戦えない相手なんで、その方がテンション上がるよね(笑)。

―音楽以外のカルチャーで、バンドに大きな影響を与えてるものってありますか?

深瀬:僕は映画ですね。まずストーリーを考えるんですよ。“幻の命”で一本映画が撮れるんじゃないかぐらい考えて、歌詞にしたりするんで。

藤崎:いつもエンディングにかかってるんだよね(笑)。

深瀬:だからいつも終わりっぽい曲になっちゃうんですけど(笑)。今一番新しく書いてる曲は、一番最後の2行だけあって、まずプロモーション・ビデオのイメージが浮かんで、そこにどんな歌詞が出てきたらいいかなって考えて書いてたりするんです。だから、この人たち(メンバー)がカメラマンであり脚本家だったら、映画団体だったと思う(笑)。

―好きな監督とかは?

藤崎:そういうのあんまりないんだよね?

深瀬:はい、普通にラブ・ストーリー大好きだったり、中・高生のみなさんが見てるのを、妹と一緒に楽しんで見てますね。詳しいわけじゃないんですけど、何度も見るんですよ。最近はディズニーの『魔法にかけられて』を嫌と言うほど見まして。最高だなって思って、一日三回ぐらい見るんですよ。

―映画っていうか元々漫画だけど、『20世紀少年』はどう? 色々類似を指摘されたりもするかと思うんだけど?

深瀬:好きでしたね。何度も読みましたよ。正義と悪が曖昧なものとして表現されてる、『DEATH NOTE』のエルとライトとか、『NARUTO』もそういう感じになってきて、ホントの正義、ホントの悪は存在しないっていう時代になりつつあるのかなって。

藤崎:うちらのバンドは「この作品にすごく影響を受けました」とかよりも、例えばEARTHの中で、みんなでスクリーンで映画を見たりしたんですけど、そのみんなで映画を見たっていう空気感に影響されたりっていうのが大きいんだと思います。

―では今後について。バンドにとっての理想を教えてください。

深瀬:らしくありたいと思ってます。僕らの思う僕らの理想だけを追うんじゃなくて、みんなから見た僕らも僕らであって、変な言い方ですけど、他の人が僕らに勝手な幻想を抱いたとして、それが僕らと全く違うものであっても、そこをあんまり裏切りたくないというか。僕ららしさを追及するのって、きっとそういうことだと思うんです。みんなから見た僕ららしさも、僕らが思ってる理想の僕らも、全部追及していきたい。らしさって生まれながらに名札みたいについてるわけじゃなくて、追求していかなきゃいけないものだと思うので。

藤崎:フェスに出たいとか、武道館でワンマンやりたいとか、そういうのもみんなちょっとはあると思うんですけど、それは多分らしさを追求することでついてくるものだっていう確信があるので、それが一番の核なんだと思います。

―それって明確なゴールがないわけだから、大変ではあるよね。

深瀬:見えないものと戦えるぐらいになったら、見えるものを倒すぐらい軽いだろうっていう気持ちですね。すごく頭を使わないと戦えない相手なんで、その方がテンション上がるよね(笑)。

―ライブハウス作っちゃうぐらいだしね(笑)。

深瀬:無茶をやろうっていうわけではないですからね。

―うん、自分たちがやってることをどれだけ客観視してるのか? あくまで自然体なのか? どっちなんだろうって思ってたんだけど、すごく客観視できてるんだね。

深瀬:両方だとは思うんですけどね。やっぱり最前提に置いてるのは「楽しい」ってことなんですよ。それが終わっちゃうのが嫌だから、作戦を立てるんです。ライブハウスを作っただけで終わらないように、僕らが前に進んでいく必要があるんです。

―では最後に、メンバー全員に対して、よくある質問です。明日世界が終わるとしたら、あなたは何をしますか?

全員:あー、うーん…。

中島:こういうのってパッと出てきたのを答えるものだと思うんで…今までお世話になった人に会いに行くんじゃないですかね。親をはじめ、仲良かった友達とか。それで思い出話に花を咲かせたりしながら楽しく終えます。

藤崎:私は多分…みんながEARTHに来るんだったら、この仲間たちと一緒にいるんじゃないかと思います。

世界の終わりインタビュー
右:LOVE

LOVE(DJ):最終的にはここに来ますけど、その前には色々と…

深瀬:いいじゃん、一緒にここにいれば(笑)。EARTHのスタッフは例外なく全員ここに来ると思いますよ。でも違うよ…、俺だけ。

―じゃあ、最後に深瀬くん。

深瀬:僕あきらめないですね。もし隕石が近づいてくるなら、止めに行くと思うんですよ。ダメでもいいけど、あきらめたくはないんです。

中島:ああ、そうだよね。そしたら誘ってよ。

藤崎:じゃあみんなで行こうよ! 君があきらめないって言ったら、うちのみんなあきらめないよ。

―EARTHに集まってEARTHの消滅を止めるってことだね(笑)。

藤崎:それだ!

Page 4
前へ

リリース情報

世界の終わり『EARTH』
世界の終わり
『EARTH』

2010年4月7日発売
価格:1,890円
lastrum LACD-0176

1. 幻の命
2. 虹色の戦争
3. インスタントラジオ
4. 青い太陽
5. 死の魔法
6. 世界平和
7. 白昼の夢

イベント情報

世界の終わり
『Heart the eartH Tour』

2010年4月7日(水)
会場:下北沢CLUB QUE

2010年4月9日(金)
会場:渋谷QUATTRO

2010年4月17日(土)
会場:タワーレコード渋谷B1

2010年4月22日(木)
会場:広島CAVE-BE

2010年4月24日(土)
会場:福岡DRUM LOGOS

2010年4月25日(日)
会場:大阪2nd Line

2010年4月27日(火)
会場:横浜BBストリート

2010年5月5日(水)
会場:京都MOJO

2010年5月7日(金)
会場:福井CHOP

2010年5月8日(土)
会場:富山SOUL POWER

2010年5月10日(月)
会場:金沢VAN VAN V4

2010年5月12日(水)
会場:新潟JUNK BOX mini

2010年5月13日(木)
会場:長野J

2010年5月14日(金)
会場:名古屋CLUB ROCK'N'ROLL(ワンマン)

2010年5月16日(日)
会場:大阪sound-channel(ワンマン)

2010年5月17日(月)
会場:神戸STARCLUB

2010年5月21日(金)
会場:甲府KAZOO HALL

2010年5月22日(土)
会場:八王子MatchVox

2010年5月30日(日)
会場:ROCKS TOKYO

2010年6月1日(火)
会場:仙台MACANA

2010年6月4日(金)
会場:札幌Sound lab mole

2010年6月12日(土)
会場:渋谷O-NEST スペースシャワー列伝 〜第八十一巻 鮭団(サーモン)の宴〜

ツアーファイナル

2010年7月10日(土)
会場:渋谷O-WEST

プロフィール

2007年、深瀬慧・中島真一・藤崎彩織・DJLOVEの4人により結成されたロックバンド。自分達の手で、ゼロから作り上げたライヴハウス「club EARTH」を中心に活動を行う。すっと心の琴線にやさしくタッチする限りないメロディーセンス。まだ幼さ、あどけなさを残す天性の歌声。ドラム、ベースレスの特異な編成から生み出される独特なサウンド。独自の視点で世界を描写する惑いのないストレートな言葉。それら全てが奇跡的にバランスを保ち、世界の終わりを表現される。溢れ続ける才能の輝きは、彼らの音楽に触れた人々を強く、そして深く魅了する。2010年02月10日、ファーストシングル「幻の命」をタワーレコード2ヶ月限定でリリース。そして、2010年04月07日。待望のファーストアルバム「EARTH」をリリース。世界の終わりが、今、始まる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像