特集 PR

『建築はどこにあるの?』展 アトリエ・ワン インタビュー

『建築はどこにあるの?』展 アトリエ・ワン インタビュー

インタビュー・テキスト
田中みずき
撮影:川越翔平

4月29日から8月8日にかけ、東京国立近代美術館で『建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション』展が行われる。本展では、若手から大御所まで世代の異なる7組の日本人建築家が、新作インスタレーション(展示空間にオブジェや装置を置き、展示物だけではなく空間全体を鑑賞させる作品)を展示する。各建築家の制作プロセスが特設ウェブサイトで公開されていることでも話題の本展覧会に、新作を出品する建築家ユニット「アトリエ・ワン」(塚本由晴、貝島桃代)。このたび、その展示作や建築への思いなどについてお聞きすることができた。アトリエ・ワンの生み出す、独特のかわいらしさを感じさせる創作物は、身のまわりにある様々なものを愛でる日々から生まれている。そのように納得できるインタビューとなった。なお、今回オフィス内の様子も撮影させていただいたので、こちらの写真もあわせてお楽しみいただきたい。

(インタビュー・テキスト:田中みずき 撮影:川越翔平)

渋谷ハチ公前広場とは逆の「まちあわせ場所」

─今回、東京国立近代美術館で開かれる『建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション』展に出品する作品は、どのようなものなんでしょうか?

塚本:美術館に前庭があるんですが、そこに竹をアーチ状に重ねて、キリンや象、カバ等をつくります。人間よりも大きな動物が、四本の脚で立っていて、その下は日陰になります。人間が立ったまま入ることもできるし、芝生に座り込めるようにして、動物も人も一緒に『まちあわせ』しているようになればいいなと。

─下に入って、大きな動物を見上げるようにしたら、周りのものがすべて大きく見えた子どもの頃の気持ちを思い出しそうですね。芝生の上も、座ると気持ち良さそうです。

『建築はどこにあるの?』展 アトリエ・ワン インタビュー
作品模型

塚本:展示が4〜8月なので、晴れの日は気持ちが良いものの、日差しも強くなります。だから、日陰が欲しいと考えました。

─展示空間は、まるで動物が集まっている場所に、人間たちがお邪魔するといった感じがしますね。

『建築はどこにあるの?』展 アトリエ・ワン インタビュー
貝島桃代

貝島:そうですね。ちょうど渋谷のハチ公前広場とは逆なんです。夜になって、美術館に誰も居なくなると、その動物たちが動いて皇居の周りを徘徊するんです(笑)。

塚本:え、そうなの?(笑)。

貝島:いや、あくまで想像のお話(笑)。動物たちが「美術館の前で、まちあわせしようか」ということで集まってきているわけですね。

─なるほど。完成作を実際に目の前にすると、さらに想像が膨らんできそうです。今回の展示場所は、アトリエ・ワンさんご自身で決められたのですか?

貝島:いえ、キュレーターからの指定だったのですが、私たちは外にあることを生かした作品を考えることが好きなので、前庭を提示して頂いたのかな、と思います。

塚本:今までも国内外の美術展に参加してきましたが、その際の創作物を「マイクロ・パブリック・スペース」と呼んでいます。人々がわらわらと集まってきて、リラックスして楽しめるような場所をつくることに興味があるんです。

また、今回のように美術展に出品する場合、模型や図面を展示するのではなくて、小さくても良いので原寸の空間をつくり、それを体験したりそこに人が関わっている状態を外から眺めたりして欲しいと思っています。家具や構造体自体も作品ですが、それによって生まれる人の居方のようなものも含めて作品だと考えています。

Page 1
次へ

イベント情報

『建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション』

2010年4月29日(木・祝)〜8月8日(日)
会場:東京国立近代美術館
時間:10:00〜17:00(金曜は20:00まで、入館は閉館30分前まで)
参加作家:
伊東豊雄
鈴木了二
内藤廣
アトリエ・ワン
菊地宏
中村竜治
中山英之
休館日:月曜日(5月3日、7月19日は開館)、5月6日(木)、7月20日(火)
料金:一般850円 大学生450円
※東京国立近代美術館ウェブサイトにて割引引換券を掲載

プロフィール

アトリエ・ワン

塚本由晴と貝島桃代による建築事務所、アトリエ・ワン(英語表記・Atelier Bow-Wow)は1992年に設立された。国内外の建築だけでなく、著作では東京で見つけた様々な様式が折衷される不思議な建築から、建築と都市のできかたを考察した『メイド・イン・トーキョー』(2001)等で注目を集め、美術展などにも参加。幅広く精力的に活動を続けている。代表作に、『ガエ・ハウス』(2003)、『ホワイトリムジン屋台』(2003、第3回越後妻有アートトリエンナーレ)、『まちやゲストハウス』(2008)などがある。

塚本由晴

1965年生まれ。87年東京工業大学工学部建築学科卒業。87-88年パリ建築大学ベルヴィル校(U.P.8)にて学ぶ。92年貝島桃代とアトリエ・ワンを設立、94年東京工業大学大学院博士課程修了。ハーバード大学大学院客員教授、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)客員教授などを歴任。2000年より東京工業大学大学院准教授。

貝島桃代

1969年生まれ。91年日本女子大学住居学科卒業。92年塚本由晴とアトリエ・ワン設立。94年東京工業大学大学院修士課程修了、96-97年スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ)奨学生、2000年東京工業大学大学院博士課程修了。筑波大学講師、ハーバード大学大学院客員教授、ETHZ客員教授などを歴任。09年より筑波大学准教授。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」