特集 PR

世界を舞台に踊る日本人バレリーナ SHOKOインタビュー

世界を舞台に踊る日本人バレリーナ SHOKOインタビュー

インタビュー
吉田悠樹彦
テキスト・撮影:柏井万作
2010/09/21

ある日テレビを観ていたら、NHKの『トップランナー』にバレリーナが出演していて、その踊りの美しさに心の底から感動している自分がいた。いろいろな芸術表現をみてきたが、ここまで強烈に一つのことを突き詰めている芸術もそう多くはないだろう。幼少期から始めて、体の作りまで変わってきてしまうほどの修練を積まなければ決してトップクラスまでたどり着けない。そんな究極の芸術世界である。そんな芸術世界の魅力って何だろう? という思いから、『トップランナー』に出演されたご本人、SHOKOさんにお話を伺った。日本と世界との差は否めない状況の中、世界からも格別な評価を受けてきた熊川哲也や吉田都の次世代としてその活躍に期待が集まっているバレリーナの話には、どんな人間にも共通する悩みや気づきがあるはずだ。

(インタビュー:吉田悠樹彦 テキスト・撮影:柏井万作)

ファンタジーな世界観にのめり込んでいった少女

─SHOKOさんは幼い時からバレエを踊っていらっしゃいますが、当時からバレエに夢中だったのですか?

SHOKO:6歳のときに父と母の勧めで妹(中村陽子:バレリーナ)と一緒に始めたんですが、小学校にはいってからはもう夢中でした。熱があって学校を休んでもバレエ教室には行っちゃうような感じで(笑)。

─かなりのめり込んだんですね。どんな魅力があったんでしょう?

SHOKO:小さいときはわりと内気な性格だったんですが、バレエをしているときはそれとは間逆な自分がいて、内なものをオープンにできたんですよね。バレエのファンタジーな世界観に入り込んでいくのが居心地よくて。逆に自分がそういう性格を持っていたからこそ、ファンタジーの中に入っていけたんでしょうね。

─たしかにバレエって、確立された世界観がありますね。

世界を舞台に踊る日本人バレリーナ SHOKOインタビュー
SHOKO

SHOKO:そうですね。それにバレエの発表会でも、衣裳をつけ、お化粧をしてもらってティアラをつけて、それで「パン!」とスイッチが入るような感覚があって。緊張よりも気持ちよさを感じていましたね。踊っている鏡の中の自分を見るのも好きだったし…。きれいな自分を見るのが、女の子はみんな好きなんだと思うんです。先生からも「子どもの頃からピアスじゃなくてイアリングをつけてきなさい、おしゃれをしてきなさい」と言われていて、ますます鏡の中の自分に没頭するようになって(笑)。


─田中千賀子先生ですね? 素晴らしいダンサーを育てていらっしゃる方ですよね。

SHOKO:そうですね。最初は佐賀の近くの野村理子先生、そして父の転勤で田中千賀子先生に出会いました。同期に志賀育恵さん(東京シティ・バレエ団)、さらに吉田朱里さん(貞松・浜田バレエ団)がいたので、とても励みになりましたね。

Page 1
次へ

イベント情報

オンワード樫山 Presents
『熊川哲也 K‐BALLET COMPANY Autumn Tour 2010』

※SHOKOの出演はありません

Aプログラム『コッペリア』

東京公演

2010年10月2日(土)18:00開場 18:30開演
2010年10月3日(日)13:30開場 14:00開演
2010年10月4日(月)18:00開場 18:30開演
会場:東京都 東京文化会館
料金:
2日・4日 S席18,000円 A席14,000円 B席10,000円 C席8,000円
3日 S席12,000円 A席10,000円 B席8,000円 C席6,000円

2010年10月27日(水)18:00開場 18:30開演
2010年10月28日(木)13:30開場 14:00開演
会場:Bunkamuraオーチャードホール
料金:S席18,000円 A席14,000円 B席10,000円

横浜公演

2010年10月23日(土)13:30開場 14:00開演
会場:神奈川県 神奈川県民ホール
料金:S席18,000円 A席14,000円 B席9,000円 C席7,000円

その他の全国公演

2010年10月8日(金)
会場:愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール

2010年10月10日(日)、10月11日(月・祝)
会場:兵庫県 神戸国際会館こくさいホール

2010年10月13日(水)
会場:佐賀県 鳥栖市民文化会館ホール

2010年10月18日(月)
会場:北海道 北海道厚生年金会館

Bプログラム『白鳥の湖』

東京公演

2010年10月30日(土)15:30開場 16:30開演
2010年10月31日(日)13:30開場 14:00開演
会場:Bunkamuraオーチャードホール
料金:S席18,000円 A席10,000円 B席8,000円 C席6,000円

プロフィール

SHOKO

1980年、佐賀県生まれのバレリーナ。本名中村祥子。現在、ベルリン国立バレエ団のプリンシパルを務め、日本人バレエ・ダンサーとしては吉田都に続く実力派として国際的な評価も高い。96年、ローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞を受賞し、96年よりジョン・クランコ・バレエ・スクール(シュツットガルト)に留学。98年、シュツットガルト・バレエ団に入団するが靱帯断裂の大怪我にみまわれ、日本へ帰国。同バレエ団の退団とリハビリ生活を余儀なくされる。2000年、ウィーン国立歌劇場バレエ団に入団。06年にはヴラジーミル・マラーホフが芸術監督を務めるベルリン国立バレエ団へソリストとして移籍し、07年9月より同バレエ団のプリンシパルへ昇格を果たした。また、熊川哲也が主宰するKバレエカンパニーではゲスト・プリンシパルとしてたびたび客演している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催