特集 PR

『picnic album 1』コトリンゴインタビュー

『picnic album 1』コトリンゴインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/09/22

カバー・アルバムを制作する背景には、色々な理由があるだろう。例えば、今日本で一番有名なカバー・アルバムである徳永英明の『VOCALIST』だったら、歌い手としての自分を見つめ直すという意味があったし、他には創作活動のリフレッシュ的な意味合いがあったり、素晴らしい曲を世に広めたいという目的意識があったり、もちろん、コマーシャルな理由があることもあるだろう。坂本龍一のお墨付きでデビューした、バークリー音楽院出身の才女であるコトリンゴの邦楽カバー・アルバム『picnic album 1』も、当然彼女なりの理由があり、葛藤もあったという。しかし、完成したアルバムは、コトリンゴらしい繊細さと大胆さを併せ持った素晴らしいカバーの数々と、原曲への変わらぬ愛情に溢れた、素晴らしい作品だった。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作)

前向きになる曲が多いのはいいことですけど、目を避けたくなるような部分も、その横にいつもあるんだってことを見せられたらいいなって。

―まずは、カバー・アルバムをリリースすることになった経緯から教えてください。

コトリンゴ:ええと、正直に言っちゃいますと、(スタッフから)そういう提案がありまして。最初はカバーってすごく苦手だと思っていたし、恐怖感もあったので、「オリジナルでいいんじゃない?」っていうのがすごくあって。自分の曲をやってれば自分が一番偉いので何でもできるし(笑)。でも、プラスに考えて、好きな曲とちゃんと向き合って、そのままやるんじゃなくて、ちゃんと考えてやれるんだったらやろうと思って。

―「恐怖感」っていうのは?

コトリンゴ:やり始めたらコードとか色々変えちゃうかもしれないので、それが結果的にオリジナルの方の気持ちを害さないかとか、自分の技術的な未熟さで色んなことがカバーしきれないんじゃないかとか。

『picnic album 1』コトリンゴインタビュー

―でも、結果的には素晴らしいアルバムになっていると思います。原曲のよさとコトリさんらしさがいいバランスで共存していて。実際やってみていかがでしたか?

コトリンゴ:すごく楽しかったです。好きな曲をもう一回ちゃんと「何で好きなんだろう?」っていうところから考えて、その好きな部分をちゃんと残したまま、周りの部分を変えるにはどうしたらいいのかすごく考えたし、あとは自分の書けない歌詞のものもたくさんあるので、すごく勉強になりました。

―歌詞は面白いのが多いですよね。特に“AXIA〜かなしいことり〜”(斉藤由貴)とか“う、ふ、ふ、ふ、”(EPO)みたいな80年代の歌謡曲の歌詞ってすごくて、“AXIA〜かなしいことり〜”なんて、要は二股ですもんね(笑)。

コトリンゴ:よからぬことをしてるんだけど、斉藤由貴さんの歌を聴いてたら、悪いって言えない感じがすごいあって。人間いいことばかりやってるわけじゃないじゃないですか? だから、そういう暗い部分も忌み嫌うんじゃなくて、愛してあげたいなっていうのもあって。今特に景気的にも良くないし、悪い話も多いから、前向きになる曲が多いのはいいことですけど、目を避けたくなるような部分も、その横にいつもあるんだってことを見せられたらいいなって。

Page 1
次へ

イベント情報

『コトリンゴ〜picnic album 1 release party〜』

【200名限定ライブ】
2010年11月19日(金) OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 原宿VACANT
出演:コトリンゴ
料金:3,500円(ドリンク別・全自由席)
※3才以上は入場料必要
問い合わせ&チケット:

リリース情報

コトリンゴ<br />
『picnic album 1』
コトリンゴ
『picnic album 1』

2010年9月22日発売
価格:2,000円(税込)
commmons / RZCM-46608

1. 恋とマシンガン(フリッパーズ・ギター)
2. 渚(スピッツ)
3. シカゴ(クラムボン)
4. AXIA〜かなしいことり〜(斉藤由貴)
5. 悲しくてやりきれない(ザ・フォーク・クルセダーズ)
6. 以心電信(YMO)
7. う・ふ・ふ・ふ(EPO)
※カッコ内はオリジナルアーティスト

プロフィール

コトリンゴ

5歳よりピアノを始め、7歳で初めての作曲をする。その後ボストンのバークリー音楽院に留学、ジャズ作・編曲/ピアノパフォーマンス科卒。2006年坂本龍一プロデュースでデビュー。翌年日本に住まいを移してからは国内でのライヴ活動も開始、高評価を得ている。卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす女性シンガー・ソングライターとして現在各方面から注目を浴びている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業