特集 PR

People In The Box発、大衆音楽としてのアート×ロック

People In The Box発、大衆音楽としてのアート×ロック

インタビュー・テキスト
金子厚武
2010/10/05

People In The Boxの新作『Family Record』が素晴らしい。ポップかつアバンギャルドという特異性はそのままに、サウンドも言葉もはっきりとスケール感を増し、彼らが確かに新たな領域へとたどり着いたことを証明する傑作だと言えよう。しかし、素晴らしい作品であることは一目瞭然でありながら、その一方で、正直僕は本作の全体像をなかなか把握できなかった。そのため、インタビューでは、それを何とか見出そうとすることに多くの時間を費やしてしまったのだが、その結果見えてきたのは、ピープルというバンドの表現の核であり、「芸術」に対する波多野の明確な視点であった。そう、正しい答えなんかはどこにもない。聴き手の数だけ答えがあって、それは時に混乱も伴うが、そこで発見することも必ずあるはず。あなたが『Family Record』を自由に感じてもらえるように、このインタビューがそのサブ・テキストとなれれば。

(インタビュー・テキスト:金子厚武)

作品性というものを大事にしたい、何十分なりの時間に対する責任を持ちたいというところでしょうね。

―今回の作品はなかなか手ごわい作品で(笑)、僕もまだ全体像を把握しきれていないので、話をしながらこの作品を解明していければと思ってます。

波多野:よろしくお願いします(笑)。

―まず今回の作品は曲名がどれも基本的に地名になっていて、曲名が曜日の名前になっていた『Ghost Apple』と同様にコンセプチュアルな作品だと言えると思うのですが、そういった作品になったのはなぜなのでしょう?

波多野:おそらく理由があるとすれば、作品性というものを大事にしたい、何十分なりの時間に対する責任を持ちたいというところでしょうね。1曲に対して曲展開を練るのと同じように、頭から最後までの一つの…大きな塊としてのものを大事にしたいというのは、前々作ぐらいから基本的なところになってきてて。データとかで音楽を聴くことも全然いいというか、それはそれって思ってるんですけど、ただやっぱり盤で出す以上は、そういうところを大事にしたいというか、それの良さみたいなところがあるといいなっていう。

―音源の発表形態が多岐に渡っている今だからこそ、ということでしょうか?

波多野:結果的になんですけど、そういうことを逆手に取りたいっていう気持ちはあります。1曲単位のデータになるのも、全然いいことだと思うんですね。それで音楽がまた自由になってる感じもあって、ストリートで音楽が鳴ってるのと同じ感覚というか。そういうのもいいと思いますけど、CDを出す理由っていうのも同じようにあってもいいだろうし。

―『Ghost Apple』のときはきっかけとなる1曲があって、そこから他の曲が派生したという流れだったかと思うのですが、今回のスタートはどんなところからでしたか?

波多野:今回はそういう曲はなくて、すごく大元の話をしてしまうと、『Ghost Apple』を作る前に曲作りの期間があったんですけど、その時からすでに、大きい作品っていうのをいつか作るだろうっていう雰囲気があったんです。3人で話し合ったわけじゃないんですけど。そのときに作った曲も今作の中にあるので、そこから始まってるとも言えるし、この新作のために向き合って作った曲もメインになってるし。

Page 1
次へ

リリース情報

People In The Box<br>
『Family Record』
People In The Box
『Family Record』}

2010年10月6日発売
価格:3,000円(税込)
CRCP-40283 / CROWN STONES

1. 東京
2. アメリカ
3. ベルリン
4. レテビーチ
5. 旧市街
6. ストックホルム
7. リマ
8. マルタ
9. 新市街
10. スルツェイ
11. JFK空港
12. どこでもないところ

プロフィール

People In The Box

波多野裕文(vocals/guitars)、福井健太(bass)、山口大吾(drums)による独自の世界観を持つスリーピースバンド。透明感のある純粋な歌声と歌詞の独自な世界観を持つ楽曲センス、うねる様な力強さを持ったベースとしなやかでかつ躍動感のあるドラムが一つの物語を作り上げているかのようなサウンドは唯一無二。2009年10月にサードミニアルバム『Ghost Apple』をリリース、10年2月にファーストシングル『Sky Mouth』をリリースし、全国ツアーを行いファイナルSHIBUYA-AXを含む、他会場でチケット完売させた、新世代実力派。2010年10月に、セカンドアルバム『Family Record』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性