特集 PR

People In The Box発、大衆音楽としてのアート×ロック

People In The Box発、大衆音楽としてのアート×ロック

インタビュー・テキスト
金子厚武
2010/10/05

やりたい放題に作っていったというか、本能的にお互いが出した音にどんどん反応して作っていくっていう感じでしたね。

―曲名を地名で統一したのは理由があるんですか?

波多野:これはほとんど名札みたいなもので、制作上の縛りとかそういうわけでは全然ないです。曲のタイトルは全部最後につけました。歌詞について前提を言っちゃうと、暗喩的なものは意識的には設定してなくて、ただ全部を通してのストーリーは設定しています。歌詞は骨組みを3人で音楽を作っているのと同時進行で作ってました。3人で作ったものに対して、できたものからどんどん歌詞をつけていくというやり方です。

―そういう作り方自体はこれまでと同じ?

波多野:今までと似たところもありますけど、準備期間が全然違いました。

―前作の『Sky Mouth』のときは全然時間がなかったって言ってましたもんね。

波多野:そうですそうです。あれはホントに本能的に曲を作っていったんですけど、あそこで得たものはすごく大きくて、その手法の拡大バージョンって感じかな? 誰かが持ってきた1フレーズとかに反応して、そこから考えを広げていくっていうやり方なんですけど。

―前回はゴールの見えない中で作ることが不安だったけど、それでも作品ができたことが自信になった?

波多野:そうですね。自信にはなりましたね。だから今回は『Sky Mouth』で裏づけが取れた分、やりたい放題に作っていったというか、本能的にお互いが出した音にどんどん反応して作っていくっていう感じでしたね。

―曲の中の情報量の多さは変わらないけど、今回は引き算が生きてる気がしました。

波多野:情報量っていうのを一体感に変えられるようになった気がしますね。主に楽器のバランスだったりすると思うんですけど。

―それができるようになったのはなぜでしょう?

福井:単調なフレーズとか音でも上手く再生できるようになったというか、「聴かせる」っていう部分で前作・前々作で見えてきたことがあって。

山口:間の取り方が上手くなったと思います。あとは空気を読むことですね。僕たち3人でやってて、ドラムとベースは絶対空気を読む楽器だと思ってるから、3分の2が空気を読む楽器っていうことは、その重要性が必然的に増しちゃうんですよね。そこのディスカッションがすごく上手くなったと思います。

あくまでタイトルとか世界旅行的な部分は舞台設定です。テーマとかではないです。

―なるほど。ではさっき「大きい作品」という話がありましたが、それをもう少し具体的に話してもらえますか?

波多野:『Ghost Apple』も『Sky Mouth』も、その作品を作りつつ、そういうの(大きい作品)を作るだろうって思いがずっとありましたね。そこをバンドは目指してた感じ。

―それはテーマ性みたいな部分? それとも、もっと漠然としたもの?

波多野:テーマなんてなくて、原始的な欲求から始まってるんです。ただ曲を作って、最終的に作品にするサイズっていう点だけ。

―曲名が世界各地の地名っていうのも、大きな世界観を想定したときに出てきたことだったりするんでしょうか?

波多野:それは結果論みたいなもので、そんなに狙ったものではないです。タイトルって単にデザイン的でもあるし、記号的でもあると思ってて、たぶん歌詞を聴くと納得いくはずだと思うんです。だから、それが全てというか。

―例えばインターネットの登場前後で、時間とか場所の概念って確実に変わってきてる。そういうことと関わりがあったりしますか?

波多野:無関係かというとそうではないと思うんですが…言い方を変えると、あくまでタイトルとか世界旅行的な部分は舞台設定です。テーマとかではないです。だけど2010年にこういう内容のものを作ったっていう点で、無関係ではないと思います。僕も家でググってるし、ウィキペディア・マニアだし(笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

People In The Box<br>
『Family Record』
People In The Box
『Family Record』}

2010年10月6日発売
価格:3,000円(税込)
CRCP-40283 / CROWN STONES

1. 東京
2. アメリカ
3. ベルリン
4. レテビーチ
5. 旧市街
6. ストックホルム
7. リマ
8. マルタ
9. 新市街
10. スルツェイ
11. JFK空港
12. どこでもないところ

プロフィール

People In The Box

波多野裕文(vocals/guitars)、福井健太(bass)、山口大吾(drums)による独自の世界観を持つスリーピースバンド。透明感のある純粋な歌声と歌詞の独自な世界観を持つ楽曲センス、うねる様な力強さを持ったベースとしなやかでかつ躍動感のあるドラムが一つの物語を作り上げているかのようなサウンドは唯一無二。2009年10月にサードミニアルバム『Ghost Apple』をリリース、10年2月にファーストシングル『Sky Mouth』をリリースし、全国ツアーを行いファイナルSHIBUYA-AXを含む、他会場でチケット完売させた、新世代実力派。2010年10月に、セカンドアルバム『Family Record』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. 香川照之による昆虫アパレルブランド「Insect Collection」の予約販売開始 1

    香川照之による昆虫アパレルブランド「Insect Collection」の予約販売開始

  2. 黒川芽以が中村倫也、田中圭と婚活で出会う『美人が婚活してみたら』新写真 2

    黒川芽以が中村倫也、田中圭と婚活で出会う『美人が婚活してみたら』新写真

  3. 映画『サムライマラソン』 佐藤健、小松菜奈、森山未來、長谷川博己ら共演 3

    映画『サムライマラソン』 佐藤健、小松菜奈、森山未來、長谷川博己ら共演

  4. 『フルーツバスケット』が原作者・高屋奈月総監修で全編アニメ化、来年放送 4

    『フルーツバスケット』が原作者・高屋奈月総監修で全編アニメ化、来年放送

  5. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾が福岡で街ブラ、『略してブラリク』RKBで放送 5

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾が福岡で街ブラ、『略してブラリク』RKBで放送

  6. 『映画刀剣乱舞』特報映像、三日月宗近や山姥切国広ら刀剣男士が登場 6

    『映画刀剣乱舞』特報映像、三日月宗近や山姥切国広ら刀剣男士が登場

  7. KRAFTWERKの来日公演が東西で4月開催、東京は4DAYS 3D映像駆使 7

    KRAFTWERKの来日公演が東西で4月開催、東京は4DAYS 3D映像駆使

  8. 灰野敬二がFODの音楽番組『PARK』に登場 ライブ&インタビュー配信 8

    灰野敬二がFODの音楽番組『PARK』に登場 ライブ&インタビュー配信

  9. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 9

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  10. レキシ楽曲がミュージカル化 『愛のレキシアター』に山本耕史、松岡茉優ら 10

    レキシ楽曲がミュージカル化 『愛のレキシアター』に山本耕史、松岡茉優ら