特集 PR

マイク1つで野望を叶える RAU DEFインタビュー

マイク1つで野望を叶える RAU DEFインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/10/15

SEEDAやPSGを筆頭に、現在の日本語ラップ・シーンは何度目かの隆盛期を迎え、様々な才能がシーンに登場してきている。中でも、前述の両者のフックアップもあって、デビュー作『ESCALATE』を発表したハタチの新人・RAU DEF(ラウデフ)は、その存在が異彩を放つ要注目のラッパーである。彼の特徴は、何と言ってもそのラップのスキル。日本語ヒップホップにおいて、多くの場合で重要視されるリリックの内容を度外視してまで、ひたすらに「音としてのラップでいかに上がれるか?」を追求しているのである。それはまだ決して長くはないキャリアの中で感じてきた日本のシーンへの違和感と、海外のシーンに対する愛情を背景に選び取った、彼の唯一にして最大の武器。上がってんの? 下がってんの? もちろん、上がりまくってるぜ。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作)

生きがいを感じられるものが見つかってよかったっす。

―まずはラップに興味を持ったきっかけから教えてください。

RAU DEF:DJを目指してたいとこがいて、レコードとかいっぱい持ってたんですけど、その頃まだ小学校6年とかだったんで、最初はジャケットのB-BOYのルックスに惹かれたんですよ。LL・クール・Jとかかっこいいじゃないですか? もちろんこれかっこいい音楽だなっていうのもあったんですけど、言っちゃえば一番は外見っすよね(笑)。

―じゃあ中学ぐらいからB-BOYファッション?

RAU DEF:そうっすね。周りに誰もいなかったですけど(笑)。

―ちなみにヒップホップに出会うまではどんな少年だったんですか?

RAU DEF:ヒップホップに出会った後もそうですけど、超運動オンチで、勉強もできなくて、習い事も部活さえも続かなくて。

―続かないっていうのは、興味が湧かなかった?

RAU DEF:何にもなかったですね、魅力が(笑)。勉強できなくてもスポーツできたり、その逆もあったりするけど、どっちもできないから「オレってホントどうなんだろう?」って思ってて。

マイク1つで野望を叶える RAU DEFインタビュー
RAU DEF

―じゃあヒップホップに出会って「これしかねえ」と。

RAU DEF:そうっすね。生きがいを感じられるものが見つかってよかったっす。

―実際にラップをやり始めたのはいつごろから?

RAU DEF:とりあえず中学でヒップホップをしっちゃかめっちゃか聴きまくって、日に日にやりたくなっていったんですけど、中学生だからクラブとか行けないし、結局できなくて。千葉の市川の出身なんですけど、周りにやってるやつもいないし、大体B-BOY俺一人だけだし。

―(笑)。

RAU DEF:それで「俺どうやったらラッパーになれるんだよ」って思いながら中学卒業したんですけど、高1のときの彼女の兄貴がDJをやってて、イベントとか出てるって言うから、「俺ラッパーになりたいんです」って頼み込んで。そうしたら「じゃあラップ書いてきてよ」って言われて、それが始まりですね。

Page 1
次へ

リリース情報

RAU DEF<br>
『ESCALATE』
RAU DEF
『ESCALATE』

2010年9月10日発売
価格:2,300円(税込)
FILE RECORDS FRCD-202

1. -FIANCE- Produced by PUNPEE
2. DREAM SKY Produced by PUNPEE
3. ESCALATE Produced by PuB KEN
4. RAC BANG feat. HISTORIC Produced by PUNPEE
5. STUPID DECISION Produced by NAKKID
6. -MUSEUM- Produced by ZAKK
7. とりまえず Produced by PUNPEE
8. NAMIDA feat. S.L.A.C.K. Produced by S.L.A.C.K.
9. THAT'S WAKAZO!! feat. POCKY Produced by PuB KEN
10. I'M Produced by ZAKK
11. STINGA Produced by STUTS
12. -KOSAME- Produced by PuB KEN
13. DOGGG RACE Produced by JASHWON

プロフィール

RAU DEF

ヤバいヤツがまた現れた。一体今までどれだけのラッパーが新世代と呼ばれて来ただろう。小難しい理屈はどうでもいい、これぞ超感覚的HIPHOP。RAU DEFがフロウすると誰もがその気持ち良さに身を任せる。09年に発表されたSEEDA & DJ ISSO『CONCRETE GREEN 9』や、PSGの特典音源『M.O.S.I Remix』等でその才能を遺憾なく発揮し、遂にデビューアルバム『ESCALATE』が完成。iTunes「今週のシングル」やスペースシャワーTV「Black File」 が選ぶ2010年注目のアーティスト「LEADER OF NEW SCHOOL 2010」にも選ばれるなど注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業