特集 PR

一秒でもはやく D.W.ニコルズインタビュー

一秒でもはやく D.W.ニコルズインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/10/20

メジャー・デビュー1周年を迎えたD.W.ニコルズのニュー・シングル『一秒でもはやく』は<かなしみを乗りこえていこうぜ>というストレートなメッセージが胸に響く、これからの季節にぴったりの珠玉のバラードである。『DWのUST』として、USTREAMでも放送された今回のインタビューでは、中心人物のわたなべだいすけ自身がいかに悲しみや困難を乗り越えてきたかを紐解くため、D.W.ニコルズ結成以前の話を中心に、わたなべのこれまでを振り返ってもらった。内省の季節を乗り越えてきたわたなべの思いを知ることで、『一秒でもはやく』に込められたメッセージがよりダイレクトに伝わると思うし、変わりつつあるD.W.ニコルズのこれからがきっと見えてくるだろう。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作)

ゆずのサクセス・ストーリーを目の当たりにして、なんとなく僕もそうなれたらいいなって。

―まずはわたなべさんが歌を歌い始めたきっかけから教えてください。

わたなべ:一番最初のきっかけは小学校低学年のときの担任だった佐々木先生で、フォークギターを学校に持ってきてて、朝みんなで一緒に歌うところから1日が始まるんです(笑)。その先生をかっこいいなと思ってて。

―珍しい先生ですね(笑)。

わたなべ:あとはゆずの路上ライブをずっと見てたんです。まだホントにお客さんが数十人しかいないときから見てて、「今日でもう終わります」っていう日まで毎週ずっと。だからゆずの影響はすごくあって、自分で作詞作曲して歌を作り始めたのが高校3年ぐらいですね。

一秒でもはやく D.W.ニコルズインタビュー
左:わたなべだいすけ

―じゃあ、初めて人前でそれを披露したのはいつですか?

わたなべ:高3の文化祭の後夜祭ですね。僕、後夜祭の実行委員だったんですよ。それで、トリを自分でやったんです。

―職権乱用的な(笑)。

わたなべ:そうです、実行委員だしいいだろうって(笑)。体育館のステージにパイプ椅子ひとつ置いて、ギターとボーカル用にマイクを1本ずつ立てて何曲か歌ったんですけど、ハーモニカを吹きながらギターを持って歌ったのがすごかったらしくて、ワッっていうすごい歓声が体育館に響いて。そのときの気持ちよさが忘れられなくて、今に至るって感じですね。

―一気に人気者になったんじゃないですか?

わたなべ:プチ人気者でしたね(笑)。学校の中歩いてると「この間よかったです」「カセットテープとかないんですか?」って。僕もずる賢いから後夜祭のライブを録音してて、それに新曲2曲入れたテープを1本100円で買ってもらったりして。

―そういうことができたのは、自分に自信があったからですかね?

一秒でもはやく D.W.ニコルズインタビュー

わたなべ:自信は昔の方がありましたね。「お前は自信過剰だ」って友達にすごい言われてた。「あいつ絶対俺のこと好きだ」が口癖だったんで(笑)。中学のときはホントダサかったんですけど、自信だけはあったんですよね。

―ちなみに、その頃はどんな歌を歌ってたんですか?

わたなべ:ポメラニアンのココって犬を飼ってて、そのココが可愛いっていう“ココ”って歌とか(笑)。あとは“山”とか“海”とか、1文字が多かったですね(笑)。

―歌詞はいかにも学生ノリって感じだけど、一方ではちゃんとテープを作ったりもしてて、もう将来音楽でやっていきたいって考えてたりしたんでしょうか?

わたなべ:なんとなく、ふつふつと。ゆずのサクセス・ストーリーを目の当たりにしてたのもあって、「こういう風に有名になっていくんだ」っていうのをすごい思って、だからなんとなく僕もそうなれたらいいなって。

―過剰な自信もあったし(笑)。

わたなべ:漠然とした自信しかなかったですけどね。

Page 1
次へ

リリース情報

一秒でもはやく
一秒でもはやく
D.W.ニコルズ
『一秒でもはやく』

2010年10月20日発売
価格:1,000円(税込)
AVCH-78020

1. 一秒でもはやく
2. 安いワインとチーズをちょっと
3. 初恋はラジオの中に

プロフィール

D.Wニコルズ

09年9月9日に「マイライフストーリー」でメジャーデビュー!全国ラジオパワープレイ31局を獲得したD.W.ニコルズは05年9月わたなべだいすけ(Vo&Ag)、千葉真奈美(Ba&Cho)が中心となり結成。07年3月 鈴木健太(Eg&Cho)、岡田梨沙(Drs&Cho)が加わり、現在の4人編成に。一瞬聞き返してしまいそうな…聞いた事がある様な…。バンド名は、「自然を愛する」という理由から、D.W.=“だいすけわたなべ”が命名(C.W.ニコル氏公認)。今回10月20日に『一秒でもはやく』をリリースし、11月には初の全国ツアーを9都道府県で実施する。また、毎週木曜日にMyspaceにて『DWのUST』を生放送し、毎回様々な事を発信中!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで