特集 PR

ハンバート ハンバートの『さすらい記』

ハンバート ハンバートの『さすらい記』

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作

フォーク、トラッド、童謡などをバックボーンとした温もり溢れる音楽で幅広いリスナーから支持され、クリエイターなどからも高い評価を得ているハンバートハンバートが、約2年半ぶりとなるアルバム『さすらい記』をリリースする。ユニバーサル移籍後第一弾となる今作は、彼らならではのやさしい楽曲が並ぶと同時に、ここ数年の活動で生まれたタイアップ曲を一挙収録。今後のさらなるステップアップを予感させてくれる普遍的魅力に満ちた1枚に仕上がっている。インタビューをしたこちらが驚くほど自然体で新たなフィールドへ向かう彼らが愛される理由とは何なのか。想像していた「アーティスト像」とは違い、予想外の返答に困惑しながらも、その遥か先をさすらっているハンバートハンバートの背中を追った。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

12年間、「失敗」と「改善」を繰り返してきた

誰の耳にもすっと馴染むやさしいメロディーと歌声で、着実に愛聴者を増やしてきた佐野遊穂(ボーカル・ハーモニカ)と佐藤良成(ボーカル・ギター・フィドルなど)による2人組ユニット、ハンバート ハンバート。前作『まっくらやみのにらめっこ』から約2年半のブランクを経てリリースとなる通算7枚目のオリジナルアルバム『さすらい記』は、何気ない1コマから派生する物語をやさしいメロディーと歌声で紡ぎあげた楽曲が、過去の記憶とリンクするようにどこか懐かしい気持ちにさせてくれる作品だ。

数々のタイアップや映画監督の松本佳奈とのコラボレーションなど、これまでの活動のなかで最も注目を集めるであろうトピックが満載の本作であるが、まずはその真価を探るべく、彼らのここまでの歩みを振り返ってみよう。

ハンバート ハンバートの『さすらい記』
左:佐藤良成、右:佐野遊穂

ハンバートハンバートが結成されたのは、彼らが大学生だった1998年。当時は6人組として、「もうちょっとおしゃれ路線」(佐藤)な活動をしていたものの、卒業の時期になるとメンバーが次々と脱退。気付けば佐野と佐藤の2人となっていた。

「その頃にCDを出すことも決まっていたんですけど、わざわざ意識を新たにみたいなこともなく。音楽を続けるのが当たり前だと思っていたんですよね」(佐藤)

ハンバート ハンバートの『さすらい記』

「普通にみんな堅気になっていって。私もなんとなく就職したんですけど、なんかまぁ辞めたり(笑)。だから、『音楽で生きていこう』みたいな決意らしい決意はしてなくて、しないままいまに至るというか」(佐野)

ギターを弾いていた従兄弟の影響で、物心ついた頃から音楽に目覚めたという佐藤、「歌うことは好きだから」という単純明快な理由で音楽を始めた佐野の2人にとっては、たとえメンバーが抜けようとも、音楽を続けることは当然の選択だった。こちらが「そのときに解散を考えなかったのか?」と訊いてみれば、2人は「なぜそんなことを訊くのか」とでも言うように怪訝な表情を浮かべるばかり。2人にとって音楽を鳴らすということは、食事をすることと同じくらい当たり前のことらしい。

しかしデビューはしたものの、「最初の3枚はほぼノーカウントと言ってもいいくらい」と佐藤が語るほど、まったくCDは売れなかった。そんな状況を変えたのが2005年にシングルとしてリリースされ、4枚目のアルバム『11のみじかい話』にも収録された“おなじ話”。2人が交互にボーカルをとり、恋人同士の会話をそのまま歌にしたようなこの曲は、FMでのパワープレイをきっかけに認知度が急上昇。すると翌年には『SUMMER SONIC』、その次の年には『FUJI ROCK FESTIVAL』への出演も果たし、オーガニック系のアーティストとしてシーンに欠かせない存在となっていく。さらには映画『包帯クラブ』の劇中音楽を担当するなど、そのソングライティングも高い評価を受けた。そうして少しずつ注目を集め始めた彼らだが、過去の作品について、意外な想いを語ってくれた。

「毎回毎回、試行錯誤の連続です。作るたびに、こういうやり方をしたらもっとよくなるんじゃないかと模索して、ベストを尽くしてはいるんですけど、基本的に全部失敗なんですよ。失敗の記録というか。後になってみると、反省するところがいっぱいあって。でも、反省するところがあるから、それを改善しようと思って、新しいのを意気込んで作って」(佐藤)

Page 1
次へ

リリース情報

ハンバート ハンバート<br>
『さすらい記』初回限定盤(CD+DVD)
ハンバート ハンバート
『さすらい記』初回限定盤(CD+DVD)

2010年11月10日発売
価格:3,300円(税込)
UPCH-9603

1.待ちあわせ ゆめうつつバージョン
2. 慚愧
3. さようなら君の街
4. 虎
5. おべんとう
6. 逃避行
7. 百八つ
8. 罪の味 なんじゃらほいバージョン
9. 引っ越しの準備
10. くたびれ詩人
11. 妙なる調べ
12. 邂逅
13. アセロラ体操のうた ハンバート・ランゲージバージョン(ボーナストラック)
[DVD収録内容]
・“さようなら君の街”ミュージックビデオ

ハンバート ハンバート<br>
『さすらい記』通常盤
ハンバート ハンバート
『さすらい記』通常盤

2010年11月10日発売
価格:2,800円(税込)
UPCH-1807

1.待ちあわせ ゆめうつつバージョン
2. 慚愧
3. さようなら君の街
4. 虎
5. おべんとう
6. 逃避行
7. 百八つ
8. 罪の味 なんじゃらほいバージョン
9. 引っ越しの準備
10. くたびれ詩人
11. 妙なる調べ
12. 邂逅
13. アセロラ体操のうた ハンバート・ランゲージバージョン(ボーナストラック)

プロフィール

ハンバート ハンバート

佐野 遊穂(さの・ゆうほ)
1976年東京都出身。ボーカル・ハーモニカ他担当
佐藤 良成(さとう・りょうせい)
1978年神奈川県出身 ボーカル・ギター・フィドル(バイオリン)他担当。 1998年結成、佐藤良成と佐野遊穂による男女デュオ。01年CDデビュー。05年のシングル『おなじ話』が各地のFM局でパワープレイとなったのをきっかけに、東京を拠点としていた活動を全国に広げ、数多くのライブコンサートを行う。フジロックフェスティバル、サマーソニックなど大型イベントへの出演を経て、テレビ番組・映画・舞台・CMなどの音楽も数多く手がけ、現在7月ニチレイアセロラシリーズの新CMソング『アセロラ体操のうた』で注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー