特集 PR

国境をまたいだ楽しいバンド 4 bonjour's parties

国境をまたいだ楽しいバンド 4 bonjour's parties

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

9人組の(元)室内開放音楽集団、4 bonjour's partiesの新作『okapi horn』が素晴らしい。木管楽器とエレクトロニクスが溶け合ったまどろみの境地のようなサウンド、夢を見ているかのように切り替わる大胆な曲展開、男女ボーカルによる繊細なハーモニーと聴きどころは数あれど、なによりこの洋楽的な「質感」を出せるバンドは日本では稀である。洋楽的な文脈での「インディ・ロック」という言葉にシンパシーを感じる人で、このアルバムを嫌いな人はいないだろう。
本作の制作途中、バンドの中心人物である灰谷歩と、新メンバーの矢作美和はオーストラリアに留学し、日本に残る6人とオーストラリアの2人は現在も離れて活動を続けている。また、『okapi horn』には、2度にわたるオーストラリア・ツアーで親交を深めた多くのオーストラリア人のミュージシャンがゲストとして参加している。そこで今回のインタビューでは4bonとオーストラリアの関係を軸に、『okapi horn』へと至る近年の活動をじっくりと振り返ってもらった。灰谷と共にメインのソングライティングを担当する植野康二と、ボーカルとフルートを担当する鹿野友美に加え、リリースパーティーへの出演のため急きょ帰国した灰谷も加えた3人での貴重なインタビュー、ゆっくりお楽しみください。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作)

<

(最初のオーストラリア・ツアーは)全部ノリで決めてたんです(笑)。

― 05年にオーストラリア・ツアーに行かれてますが、この頃はまだ正式な音源も出ていない頃ですよね。どういう経緯でオーストラリアに行くことになったのですか?

国境をまたいだ楽しいバンド 4 bonjour's parties
灰谷歩

灰谷:安斎(直宗)さんというキーボーディスト兼エンジニアの方がメルボルンに住んでいて、向こうのインディシーンの様子を『キーボード・マガジン』のコラムで書いてたんですね。それを読んでて、宿泊施設に安く泊まれたりとか、ギャラがもらえたりとか、面白そうだなと思って。安斎さんは知り合いの知り合いだったので連絡を取ってみたら、「もし来るときあればブッキングするんで連絡ください」と言っていただいたんで、「じゃあ行きます」ってメールして(笑)。


植野:その頃にCLUE TO KALOというバンドをたまたまタワレコで試聴して、「これすごい!」ってメンバーに紹介してたんですね。たまたま彼らもオーストラリアのバンドだったんで、行く前にダメもとで「一緒にライブがしたい」ってメールしたんです。そしたら返事が返ってきて、「別のライブが決まってて一緒にはできないけど、君らのライブをブッキングしてあげるよ」って。実際その日はライブ後に駆け付けてくれました。

灰谷:でも最初は彼らがどこで活動してるバンドかもわかってなくて(笑)。アデレードで活動してるって聞いて、地図見たらメルボルンのすぐ隣っぽかったから「じゃあ行こう」ってなったんですけど、実際は800kmあって。ようは全部ノリで決めてたんです(笑)。

―じゃあ最初からオーストラリアと接点があったわけではなくて、行ったことをきっかけに色々つながりができてきたんですね。アデレードでCLUE TO KALOとはどんな話をしたんですか?

植野:そのときは灰谷が…

灰谷:酔っ払ってたねえ(笑)。

植野:「日本絶対来てね」っていうのと、「日本来たら絶対一緒にやろうね」っていうのを30回以上言ってました(笑)。

灰谷:それしか言えなかった(笑)。

―でもその翌年には実際にCLUE TO KALOが来日して、ツアーをサポートしたんですよね。

鹿野:つきっきりで、ずっと一緒にいたよね?

灰谷:過保護だったね(笑)。マーク(・ミッチェル/CLUE TO KALOは彼のソロ・プロジェクト) がすごい風邪ひいちゃって、でもうちら嬉しいから連れまわして(笑)。

植野:いろんなとこ連れて行ったけど、結局一番テンション上がったのゲームセンターだったよね(笑)。

灰谷:急に元気になったよね(笑)。

国境をまたいだ楽しいバンド 4 bonjour's parties
写真中央:植野康二、写真右:鹿野友美

―楽しそうだなあ(笑)。そこからはちょっと空いて、09年が2度目のオーストラリア・ツアーでしたね。一度行ってるし、その間にリリースもあったし、状況が変わってより本格的なツアーになったかと思うのですが?

植野:本格的でしたね。メルボルンとアデレード、あとパースとシドニーを飛行機で回って。パースではすごくいいホテルに泊めていただきました。アデレードはものすごい所でしたけど(笑)。

灰谷:アデレードはCLUE TO KALOのメンバーの家に泊ったんですけど…

鹿野:汚すぎて(笑)。毒グモがいたりとか。

植野:それはそれで本格的だったよね(笑)。

―(笑)。でもCLUE TO KALOはこのときもサポートしてくれたんですね。『okapi horn』に参加してるミュージシャンともこの頃に仲良くなったんですか?

灰谷:05年に行って帰ってきてからいろんなメルボルンのアーティストと知り合うようになったんです。特にthe motifsっていうユニットとは仲良くなって、遊びに行ったり来たり、彼女もワーホリで9カ月ぐらい日本に滞在したりしてて、そこを軸に向こうのバンドとたくさん知りあって。だから09年に行く頃には知り合いも増えてて、初対面なのにそんな感じはしなかったんです。

Page 1
次へ

イベント情報

viBirth × CINRA presents
『exPoP!!!!! volume47』

2011年2月24日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷O-nest

出演:
Caroline
4 bonjour's parties
and more

料金:無料(2ドリンク別)
※ご予約の無い方は入場できない場合があります。ご了承下さい。

リリース情報

4 bonjour's parties<br>
『okapi horn』
4 bonjour's parties
『okapi horn』

2010年12月8日発売
価格:2,400円(税込)
YOUTH-107

1. skipping birds & stones
2. pins and needles
3. optical song
4. yottie
5. o-micron 6. ventilation
7. hypnosis
8. valzer di onesti
9. tap tap
10. oma

プロフィール

4 bonjour’s parties

01年より自由で良質な音楽を追求する大所帯室内開放音楽集団。男女混声のハーモニーが、ヴィブラフォンや、フルート、トランペット、クラリネットなど、オーガニックでエレクトロなサウンドに優しく包まれる。USでのリリース、Her Space Holidayのバック・バンド、フランスのTake Away Show出演、オーストラリアでのツアーや台湾の大型フェス出演など、国際的に活躍。音楽への愛情、好奇心、探究心、喜びが溢れまくった、まばゆいばかりの傑作2ndアルバム『okapi horn』を10年12月にリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化