特集 PR

『ノルウェイの森』トラン・アン・ユン監督インタビュー

『ノルウェイの森』トラン・アン・ユン監督インタビュー

インタビュー・テキスト
田島太陽

「究極の恋愛小説」とも呼ばれる、村上春樹の『ノルウェイの森』。自殺した親友の彼女・直子と、大学の同級生・緑との間で揺れ動く主人公を描いた青春小説だ。1987年に刊行され発行部数は1095万部(単行本・文庫本合計)を突破、36の言語に翻訳された世界的ベストセラーとなっている。その待望の映画版で監督を務めるのは、ベトナム出身のトラン・アン・ユン。村上春樹が自作、とくに長篇作の映像化にはとても消極的であることはよく知られているが、原作に惚れ込んだ監督が直接交渉して許可を取ったのだ。今世界中が注目しているトラン監督に、現在の心境や日本文学への想いを聞いた。

(インタビュー・テキスト:田島太陽)

村上春樹本人と話をし、やっと実現した映画化

―あの『ノルウェイの森』が実写化されるということで、正直なところどんな作品になるのか少し不安だったんです。でも原作の世界観が見事に映像化されていて感動しました。監督は世界的に読まれているベストセラーを映画化することにプレッシャーは感じませんでしたか?

トラン:いや、それは全くありませんでした。私がプレッシャーを感じるのは、最終的に良い作品にすることができるかどうかだけなんです。映画を撮るには長い時間とたくさんの労力が必要で、それらを乗り越えることが大変なプレッシャーですから。それ以上の難しさはありませんね。

『ノルウェイの森』トラン・アン・ユン監督インタビュー
©2010「ノルウェイの森」村上春樹/アスミック・エース、フジテレビジョン

―映画化するにあたり、7年前に村上春樹さんに直接手紙を出したとお聞きしました。その内容を教えて頂けますか?

トラン:初めて原作を読んだ時からいつか映画化したいと思っていて、その話を知人にすることもあったんです。あるとき、小川真司プロデューサーが興味を持ってくれ、良い機会だから本人に聞いてみてはどうかと言ってくれたことがきっかけで、自分で手紙を書くことにしました。『あなたが自分の作品を映画化することに消極的なのは知っていますが、どうしても撮りたいと思っているので、一度話を聞いてもらうことはできますか?』という内容でした。しばらくして村上さんからお返事を頂き、直接会いに行ったんです。

『ノルウェイの森』トラン・アン・ユン監督インタビュー
©2010「ノルウェイの森」村上春樹/アスミック・エース、フジテレビジョン

Page 1
次へ

イベント情報

『劇的3時間SHOW』
『劇的3時間SHOW』第2回

2011年1月28日(金)18:30〜21:30(開場18:00)
会場:東京都 青山 スパイラルホール(スパイラル3F)

出演:
是枝裕和

ジュリエット・ビノシュ

『劇的3時間SHOW』第3回

日程、会場未定

出演:ホウ・シャオシェン

料金:無料
参加申込み:公式ウェブサイトから事前応募受付(申込多数の場合は、抽選)

『劇的3時間SHOW』公式ウェブサイト

『ノルウェイの森』

全国東宝系にて上映中

監督:トラン・アン・ユン
キャスト:
松山ケンイチ
菊地凛子
水原希子
高良健吾
霧島れいか
玉山鉄二
配給:東宝

製作:アスミック・エース エンタテインメント、フジテレビジョン

プロフィール

トラン・アン・ユン

1962年生まれ、ベトナム出身。『青いパパイヤの香り』でカンヌ国際映画祭新人賞、『シクロ』でヴェネチア国際映画祭グランプリを受賞。09年には木村拓哉やイ・ビョンホンを起用した『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』も話題となった。12歳の頃にベトナム戦争を逃れるためにフランスに渡り、現在はパリ在住。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性