特集 PR

KETTLES×N'夙川BOYS対談

KETTLES×N'夙川BOYS対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:伊藤さとみ
2011/06/06
  • 0

ミュージシャンに対する取材でよく話題になるのが、「完成してしまったら終わり」ということ。思い描いていたものを作り上げ、それに満足してしまったら、もう次を作る意味はなくなってしまう、と。その一方で、作り手として作品ごとに完成度を高めようとするのも当然であり、つまり、創作活動とはいつだってアンビバレントなのだ。昨年配信限定でリリースされたデビュー作『ビー・マイ・ケトル』が、バージョンアップしてCDで発売されるKETTLESと、そのアルバムにゲスト参加したN'夙川BOYSは、ボーカル、ギター、ベース、ドラムというロックバンドの定型を取らないことで、そのアンビバレントに抗ってみせる。片や、男性ボーカル&ギターと女性ドラム&ボーカルの2ピースであるKETTLES、片や、ベースレスを基本に、楽器パートはその都度チェンジする3ピースのN'夙川BOYS、共に「完成には至らない編成」だからこそ、音楽の自由を存分に謳歌しているのだ。

嫌味なく踊ってしまいたくなるバンドに出会うのはひさしぶりやった(マーヤ)

―まずは2組の出会いから教えてください。

オカヤス(KETTLES):去年の6月頃に(渋谷の)LUSHでやったライブを見に行って、アルバムを「聴いてください」って渡して、「もしよかったらレコ発出てください」ってお願いしたんです。

マーヤ(N'夙川BOYS):聴いてみたら、めっちゃよくて。その後、実際にライブを見たらより親近感が沸いたんですよ。

―それはどんな部分でですか?

リンダ(N'夙川BOYS):ユルさとか(笑)。

マーヤ:音源を聴いた段階では、「とりあえずロック好きなんやろうな」っていうのがめちゃめちゃ伝わってきて。やっちゃいかんだろってぐらいの、パクりに近いぐらいのことをそのまんま、「俺たちのオリジナルです!」っていう勢いでやってて(笑)。

コイケ(KETTLES):突っ張っていかないとやれないんで(笑)。

マーヤ:そういうことしてしまいたい気持ちにすごく賛同できたんで、まずはそこですね。それでライブを見て、その時、リンダと結構前の方まで行って踊っとったんですけど、何て言うか、無理やり踊る感じじゃなかったんですよ。「こういうのやったらいいな」っていう以上のダメさ加減も含め(笑)ほぼ期待通りのライブしてはって。MCとか2人の関係性も込みで、嫌味なく踊ってしまいたくなるバンドに出会うのはひさしぶりやったんで、それが1番嬉しかったですね。自分たちが作りたいと思うような感じを、先に再現されてたというか。

KETTLES×N'夙川BOYS対談
左から:オカヤス、コイケ、マーヤ、リンダ

―ちょっと悔しいぐらいの感じですか?

マーヤ:悔しいですね。

コイケ:えー、俺らの方が悔しいですよ。

マーヤ:言ったことあると思うけど、ホント悔しいよ。俺らも色んなタイミングでベクトルとしてたどり着いたところかもしれないんですけど、そこにハナからいたっていう。それがずるいというか、うらやましい。俺らの可能性をひとつ失った(笑)。

―KETTLESがやっちゃってるからできないな、と。

マーヤ:でも、KETTLESだから、「任せた」みたいな。僕らが気づかないところで、素晴らしいロックンロールのあり方っていうのを、体現してるなあと思って。

リンダ:聴くといつも新鮮な気持ちになれる。

コイケ:わあ、嬉しい。

―元々夙川のファンだったお2人からすると、こんな嬉しいことはないですよね。

オカヤス:びっくりですよ。

マーヤ:いやいや、俺らの方がファンですよ。

2/4ページ:まだベースレスの限界を見れてなかったんですよね(マーヤ)

Page 1
次へ

リリース情報

KETTLES『ビー・マイ・ケトル』
KETTLES
『ビー・マイ・ケトル』

2011年6月15日発売
価格:2,310円(税込)
MJXC-0002

1. つまんないから
2. 気にしてばっかり
3. 夢の中まで
4. ELEPHANT STONE
5. デビル・ハート featuring マーヤ(KING BROTHERS,N'夙川BOYS)&リンダdada(N'夙川BOYS)
6. 扉ない
7. コレクション
8. パンクミュージック featuring 呂布(ex.ズットズレテルズ)
9. 傘忘れた
10. まだまだ
11. 今日も過ぎてく
12. 手当たり次第
13. 目が痛ぇ

リリース情報

N'夙川BOYS
『タイトル未定』初回限定盤

2011年8月3日発売
価格:1,600円(税込)
VICL-63767
※ボーナストラック1曲収録

N'夙川BOYS
『タイトル未定』通常盤

2011年8月3日発売
価格:1,600円(税込)
VICL-63768

イベント情報

KETTLES presents
『KETTLE'EM ALL!! vol.2「KETTLES&THE★米騒動 Wレコ発!」』

2011年6月17日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 下北沢 CLUB Que

出演:
KETTLES
THE★米騒動
N'夙川BOYS
東京カランコロン

料金:前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

プロフィール

KETTLES

2008年8月、KETTLES(ケトルス)結成。コイケ、オカヤスによる男女沸騰デュオ!!! 下北沢を拠点にじっとりと活動中。The White Stripesと同じ編成ながら、方向性はまったくのべつもんなので、向かうところ敵だらけ。そして隙だらけ。2011年6月15日に1stアルバム「ビー・マイ・ケトル」をリリース。

N'夙川BOYS

2007年太陽の塔の下で結成。現在まで2作のアルバムと1作のDVD(いずれもインディーズ)をリリース。日本各地ならびに、ロンドンでもライブ活動を展開中。ストレンジパワーPOPでキャッチーな楽曲、楽器をとっかえひっかえの演奏スタイル、デュエットソングの常識をハミ出しまくる男女掛け合いボーカル、といった独自のLOVEスタイルで、ロックンロールを現代に甦らせる、2010年代注目の大胆不適なニューカマー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)