特集 PR

芸術なんてどうでもいい?THE★米騒動インタビュー

芸術なんてどうでもいい?THE★米騒動インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:木下夕希
2011/06/10

ここ数年、日本のロックシーンでは10代バンドの活躍が目立っているが、その中軸を担っているのが2008年からスタートし、ねごとやGalileo Galilei、The SALOVERSらを輩出した10代限定フェス『閃光ライオット』である。THE★米騒動は2010年の同フェスでグランプリを獲得した札幌出身の3ピースバンドで、全員が高校を卒業したばかりの18歳ながら、予測不能の展開をする異形のロックを、高い演奏能力を持って鳴らしている。今回のインタビューでは、10代のバンドならではの価値観を探るべく、6月15日にリリースされた彼らのデビュー作『どうでもいい芸術』のタイトルに合わせ、彼らにとってどうでもいいこと、よくないことを答えてもらい、それにまつわる話を聞かせてもらった。自由でストレートな物言いの一方で、冷静に現実を見つめ、時にはこちらがハッとさせられるような鋭い分析も飛び出す彼らの発言から、現代に生きる10代のリアルを感じ取ってほしい。

Fコードで挫折してる暇はなかった(笑)。

―高校の軽音部で結成されたそうですが、THE★米騒動の音楽性から想像すると、部の中でも尖った人たちが集まった感じなんでしょうか。

芸術なんてどうでもいい?THE★米騒動インタビュー
左から、坂本、沖田、石田

石田:沖田は部長で、石田は副部長でした。

―ちなみに、坂本君は?

坂本:俺は怒り役ですね。「怖い人」みたいな立ち位置。自分はできてないのに、後輩に怒るみたいな。

沖田:1番タチ悪い(笑)。

―じゃあむしろ部の中心にいた人たちなんだ…

(坂本、目の前のコーヒーに静々とガムシロップを入れ、さらにメイプルシロップを入れ始める)

沖田:え! なんで!

―ハハ、超甘党とか?

坂本:(飲んで)まだ入れれる。全然甘くないよ。

―自由だなあ(笑)。じゃあ、音楽的なバックグラウンドを教えてください。

石田:個人個人掘り下げるところが違いましたね。坂本がもうひとつ組んでたバンドはメタルとかハードロックな、「DEEP PURPLE超好き」みたいなバンドだったし。

―へえ、今の10代でもDEEP PURPLEとかの方向に行く人は行くんだ。

石田:本当に音楽が好きじゃないと残れないぐらいスパルタで、そういう子たちが集まる部活でもあったんです。普通の子はみんなやめちゃう。

―楽器はいつから始めたんですか?

石田:うちら2人(石田と沖田)は高校入ってから始めたんですけど、ドラムは小2から。

坂本:で、小5で公文を始めた時に(ドラムを)やめました。

―(笑)。でも、小2でいきなりドラムっていうのは親の勧めがあって?

坂本:いや、自分から。特別音楽が好きってわけじゃなかったけど、『ミュージックステーション』とか見てて、後ろで何か叩いて音出してる人いるなってぐらいの興味で、足下(バスドラム)があるのも知らないで、両手でできるもんだと思って習い始めたんです。何のやる気もなく週に1回通ってるみたいな感じでダラダラやってて、一旦やめたんだけど、中2ぐらいで再開してからは真面目に、昔を思い出しつつ我流な感じで、ちょっとずつ練習しましたね。

―石田さんと沖田さんは、楽器を始める前は今のTHE★米騒動の音楽性に通じるような音楽を聴いてたんですか?

石田:小学生の頃は普通にアジカン、バンプとかを聴いてました。中学に入ってネットとか、スペースシャワーTVを見るようになって、メディアにあんまり露出しないバンドも知るようになってからは、9mm(Parabellum Bullet)とか、凛として時雨がめっちゃ好きで聴いてて、高校に入ってこのバンドで最初にやったコピーが凛として時雨でした。

―へえ、でも最初にチャレンジしたのが凛として時雨って、テクニック的に難しくないですか?

石田:できなかった(笑)。

沖田:何やってるかわかんなかったよね(笑)。

―じゃあ、めっちゃ練習した?

石田:練習しないと怒られるんですよ(笑)。

沖田:週4回部活があって、ちっちゃいアンプでみんな個人練をして、さらにスタジオ入ってっていう。

石田:Fコードで挫折してる暇はなかった(笑)。

―なるほど(笑)。じゃあ、沖田さんの音楽歴は?

沖田:中学校を卒業する間際にギターやろうと思って、…なぜかベースを買ってきて(笑)。そこから部活に入って、先輩にいろいろ教えられながら練習して、時雨を泣きながらコピーして………部活辛かったです(笑)。

―体育会系のノリだったんですね。

沖田:ノリとかってレベルじゃないです。

―そっか、ホントに体育会系だったんだ(笑)。

2/4ページ:音楽で食って行けるなんてことは全くサラサラ頭になくて。

Page 1
次へ

リリース情報

THE★米騒動『どうでもいい芸術』
THE★米騒動
『どうでもいい芸術』

2011年6月15日発売
価格:1,890円(税込)
WRT-001

1. Border
2. 俗物美術展覧
3. Hys
4. 祝女
5. 群青
6. ファンタジック柵の前
7. ブラック・ダンス・ホール

プロフィール

THE★米騒動

石田愛実(Gt,Vo)、坂本タイキ(Dr)、沖田笙子(Ba,Vo)。北海道札幌市平岸高等学校軽音部にて結成。全員18歳の3ピースバンド。現在、札幌を中心に活動中。2010年8月、10代限定オーディション「閃光ライオット」にてグランプリを獲得。注目を浴びる。2011年1月、SCHOOL OF LOCK! presents「くるりと対バンライオット」にて、くるりと共演を果たす。2011年6月、1stミニアルバム「どうでもいい芸術」をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲