特集 PR

そうだ!人生は面白い ふくろうずインタビュー

そうだ!人生は面白い ふくろうずインタビュー

インタビュー・テキスト
田山雄士
撮影:柏井万作
2011/06/13

人生は必ずしも自分の意志通りに進むものではない。あるとき、ほんの少しのきっかけで誰かと出会ったり、何かにふと導かれたりすることによって、それは思わぬ変化を遂げていく。3枚目のアルバム『砂漠の流刑地』でメジャーデビューを果たすふくろうずがここまで歩んできた道のり、バンドの結成、音楽業界への進出にも、そんな人生の偶然的な面白さやドラマが随所にあった。過去にインディーズで2枚のアルバムをリリースし、ライブの集客もうなぎ上りの彼ら。本作ではおなじみの益子樹に加え、會田茂一と古里おさむの2人をプロデューサーに迎えるなど、また新たな出会いを経験したようだ。

今回、ボーカル・キーボードの内田万里にインタビューをして思ったのは、このバンドは成長の余白がまだかなりあるということ。いや、むしろこれから成長が始まると言ってもいい。インタビューを読んでもらえればわかるが、彼らはどちらかと言えば何かと受け身の姿勢が強く、さらにはバンド内の結束やコミュニケーションにも課題を残している。つまり、裏を返せばバンドとしてやれることがまだまだあるということ。ふくろうずのバンド人生はまだ始まったばかりなのだ。

音楽よりも漫画を読む方が全然好きだし、漫画家とかになりたかったんです。

―バンドの結成からこれまでの期間をどう感じていますか?

内田:その場その場では辛いこともあった気がしますが、振り返ればあっという間で。楽しかった印象の方が強いですね。あ、ライブは大嫌いで辛かったんですけど(笑)。

―そうなんですか?(笑) 曲作りをしてる方が楽しい?

内田:はい。自分で歌うのが好きじゃなくて、曲を作るのがとにかく好きなんです。いつか、楽曲の提供とかできる人になりたいです。

―じゃあそもそも、始めはバンドで有名になろうとは思っていなかったんですか?

そうだ!人生は面白い ふくろうずインタビュー
内田万里

内田:まったく考えてなかったです。そういう世界って、ものすごく遠いものだと思っていたので。そんな中で私が適当に作った曲がたまたまレコード会社の人の耳にとまって。バンドやってる友達がいいって言ってくれて、自分たちの音源と一緒にオーディションに送ってくれたんです。そしたら、私たちの方に声がかかって。


―「適当に」というのは誤解もあるかもしれないですが、まだオリジナル曲を作り出して間もない頃だったんですよね?

内田:はい。オリジナルをやるバンドも生まれて初めてでした。そもそも本当は、音楽よりも漫画を読む方が全然好きだし、漫画家とかになりたかったんです。だから曲を作るといって、まったく音楽に憧れもなかったし、適当に落書きみたいに作ってたんです。

―じゃあ何故漫画を書くんじゃなくて、音楽を作ることになったんですか?

内田:ピアノを小さいときに習ってたので、コードもなんとなくわかるし、たぶん適当な曲なら作れるなって意識は昔からあったんです。それでまあ、性格的にも一番自分に向いてそうだから音楽サークルに入って、初めはコピーバンドをやってたんですね。それからベースの安西にオリジナルのバンドをやろうと誘われ、まず各自で曲を作ってこようという話になったときに、私しか作ってこなくて。そのままなし崩し的に私が詞曲を作るようになったんです。

2/4ページ:今まではただの曲の寄せ集めだったし、曲順も含めて今までよりこだわってしっかりした「アルバム」を作りたかったんです。

Page 1
次へ

リリース情報

ふくろうず『砂漠の流刑地』
ふくろうず
『砂漠の流刑地』

2011年6月22日発売
価格:2,500円(税込)
Epic / ESCL-3673

1. もんしろ
2. 砂漠の流刑地
3. 心震わせて
4. トワイライト人間
5. ユニコーン
6. 灰になる
7. スフィンクス
8. 通り雨
9. みぎききワイキキ
10. キャラウェイ
11. 優しい人
※初回盤のみデジパック仕様

イベント情報

ふくろうず
『そうだ!人生はワンマンだ』

2011年7月17日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO
出演:ふくろうず
料金:前売3,000円

プロフィール

ふくろうず

2007年に東京で結成された、内田万里(Vo,Key)、石井竜太(Gt)、安西卓丸(Ba,Cho)、高城琢郎(Dr)からなるJ-POPバンド。2009年、デビューアルバム『ループする』、その翌年には2ndアルバム『ごめんね』をリリースし、ほとんどノンプロモーションながら現在もロングセールスを続ける。11月末には代官山UNITにてワンマンライブ『ごめんねワンマン』を開催、SOLD OUTを記録。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで