特集 PR

自然体のエンターテイナー 宮内優里インタビュー

自然体のエンターテイナー 宮内優里インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:木下夕希
2011/07/25

宮内優里(miyauchi yuriから表記変更)の作る音楽は、これまでも「エレクトロニカ」に括られるジャンルの中ではポップな手触りの強い音楽だったが、「エレクトロニカ」という言葉から連想されるアーティスティックで知的なイメージと、宮内自身のキャラクターにここまで距離があるとは思わなかった。しかし、世代が近いこともあって、僕は自然体を貫く現在の宮内に、思いっきり共感を覚えてしまったのだ。若い頃は誰もが通る道かもしれないが、周りの目を気にしてポーズを取ることにはあまり意味がない。結局大事なのは、本当に自分が好きで、情熱を傾けられることに集中することなのだ。アルバムから先行発売された名曲“読書”でボーカルを務めた星野源をはじめ、高橋幸宏、原田知世、さらにはnhhmbaseのマモルといったゲストを迎えた新作『ワーキングホリデー』は、宮内が「本当にやりたかったこと」を成し遂げた作品だ。そして、それはエレクトロニカの範疇を超えた、最高のポップミュージックだった。

根がポップなので、暗い曲とかできないんです(笑)。

―色々な面で心機一転を感じさせる、間口の広い作品に仕上がったと思います。まずざっくりお伺いすると、なぜこのような方向性の作品になったのでしょう?

宮内:昔から僕のサウンド自体はそんなに前衛的ではなくて、新しいジャンルのものではあるけど、わりと聴きやすい方だと思っていて。だから、今回の作品も僕の中ではそんなに強引な流れでもないんです。エレクトロニカっていう世界はポップミュージックと比べると狭いので、そこにいながらにして、ポップなところにまで届くような、そういうアプローチをしていきたいなって思って。

自然体のエンターテイナー 宮内優里インタビュー
宮内優里

―つまりは、以前から基本的にはポップ志向があったと。

宮内:元々僕はJ-POPがホントに大好きな人間で、テクノとかほとんど聴いてないんですよ。だから、ずっとポップなものが作りたかったんですけど、ファーストアルバム(『parcage』)の頃はまだそれが発揮できなかったんです。自分で制作を始めて間もなかったこともあるし、当時はちょっとスカしたかったっていうのもあった気がします(笑)。

―(笑)。

宮内:でも最近は「こういう風に聴いてほしい」って気持ちがどんどんなくなってきてますね。できるだけ自分の自然な音楽というか、自分の中からスッと出てくるようなものを心がけてて、そういう作り方で作ったら、結果的に全部ポップになっちゃったんです。根がポップなので、暗い曲とかできないんです(笑)。

―元々持っていたものが滲み出た作品なんですね。

宮内:そうです。J-POPを聴いてた頃からぐるっと回って、エレクトロニカを通じてポップに戻ってきたような感覚ですね。

2/4ページ:エレクトロニカのミュージシャン、例えばausくんとかAmetsubくんって同い年で仲もいいんですけど、喋ってて全く話が合わないんですよ(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

宮内優里『ワーキングホリデー』
宮内優里
『ワーキングホリデー』

2011年7月20日発売
価格:2,800円(税込)
RYECD 105

1. okt_
2. Another Place(feat. it's a musical)
3. unoi_
4. Sparkle(feat. 高橋幸宏)
5. xio_
6. iauiaou(feat. マモル)
7. Blueprints(feat. Faded Paper Figures)
8. axi_
9. 読書(feat. 星野源)
10. -ミモザ(feat. 原田知世)
11. meole_
12. mtn_

宮内優里『読書(feat. 星野源)- EP』
宮内優里
『読書(feat. 星野源)- EP』

2011年7月6日からiTunes Store限定配信開始

1. 読書(feat. 星野源)
2. unoi_(remix)
3. to be in on this(feat. Julia Guther)(remix)
4. eat the stars(feat. Simone Rubi)(remix)
5. 読書(feat. 星野源)(remix)

プロフィール

宮内優里

音楽家。アルバム『parcage』(2006年)、『farcus』(2007年)、『toparch』(2010年)をRallye Labelよりリリース。ライブではアコースティックギターを中心に様々な楽器の音をその場でサンプリングし、ひとりで演奏する「音の実験室」ともいうべき空間を表現する。また、TYTYT(高橋幸宏+宮内優里+高野寛+権藤知彦)としての活動や、映画、CM音楽の制作など、その活動は幅広い。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. 実写映画『BLEACH』本予告編に長澤まさみ、江口洋介、真野恵里菜ら初登場 1

    実写映画『BLEACH』本予告編に長澤まさみ、江口洋介、真野恵里菜ら初登場

  2. 『銀魂2』正式タイトル&原作エピソード発表、新キャラのシルエットも公開 2

    『銀魂2』正式タイトル&原作エピソード発表、新キャラのシルエットも公開

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 実写『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』に安達祐実、押井守らがコメント 4

    実写『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』に安達祐実、押井守らがコメント

  5. チャットモンチーの素顔と尊さをDAWA、imai、MINORxUが語る 5

    チャットモンチーの素顔と尊さをDAWA、imai、MINORxUが語る

  6. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 6

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  7. 『寝ても覚めても』東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史らのコメント&新写真 7

    『寝ても覚めても』東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史らのコメント&新写真

  8. 写真展『行ける工場夜景展』に約200点超 実際に「行ける」工場だけを紹介 8

    写真展『行ける工場夜景展』に約200点超 実際に「行ける」工場だけを紹介

  9. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 9

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  10. 実写『銀河鉄道999』PV公開 栗山千明×前田旺志郎の生放送ドラマ 10

    実写『銀河鉄道999』PV公開 栗山千明×前田旺志郎の生放送ドラマ