特集 PR

「伝える」ための試行錯誤 MASTERLINKインタビュー

「伝える」ための試行錯誤 MASTERLINKインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2011/08/05

昨年メジャーデビューを果たし、「エレクトロの新星」と呼ばれるMASTERLINKが、早くも大きな分岐点を迎えている。焦点はズバリ「MASTERLINK=エレクトロでいいのか?」。そもそも、MASTERLINKはラップやラウドロック、UKロックなど様々な音楽的変遷を経て、エレクトロへとたどり着いたタイミングでデビューを飾ったバンドである。よってエレクトロ以外の音楽性にも興味があるのは当然であり、さらに大事なのは、彼らが音楽を作る上で重視しているのが「人の心を動かすこと」「気持ちを伝えること」だということだ。その手法として、はたしてエレクトロは適しているのか? それが今の彼らの最大の課題なのである。第三者の視点を取り入れることで、自らのイメージを再確認した新作『Confusion E.P』のリリース、3年ぶりに再開されるライブ活動を経て、彼らがどんな決断を下すのか? 初のメンバー全員インタビューで、バンドの現在地を語ってもらった。

エレクトロなのか、ロックなのか、大きな選択を迫られることになる。(NARU)

―昨年、念願だったメジャーデビューを果たして、これまでの集大成とも言うべきアルバムを発表しました。それによって、周囲の状況であったり、自分たちの中でのモチベーションであったりに変化はありましたか?

NARU(Vo):やっとひとつ区切りがついてすっきりした部分はあって、「今後こうすればいいかな」っていうビジョンが見えてきましたね。アルバムにはエレクトロ寄りな曲がいっぱいあって、ロックな曲も何曲かあって、バリエーションに富んでることがいい風に転がればいいなって思ってたんですけど、逆にひとつを突き詰めていきたいというか、「うちらはこういう音楽をやってる」っていう代名詞的なものがひとつ見つけられたらもっといいなっていうのがあって。

―今のところはエレクトロが代名詞になってると思うけど?

NARU:エレクトロなのか、ロックなのか、大きな選択を迫られることになると思うんですけど、それはライブをやりつつ、お客さんの反応だったり、ライブで表現するにはどういった曲がいいのかっていうところを突き詰めていったら、答えが出るのかもしれない。アルバムを出して感じたのはそれですね。ひとつの部分に絞って追求したいなって。

―でも、新作の『Confusion E.P』は、アルバム同様に曲のバリエーションがありますよね?

NARU:そうですね。今回は“20110110”以外は過去の曲のリアレンジだったりして、“INSIDE MY HEART”なんて、曲作りやり始めて何曲目かっていうぐらい前の曲だったりするんです。アルバムで一通りやりたいことができたといっても、まだ過去の曲でリアレンジして出したい曲があったんで。



―“Confusion”のサウンド・プロデューサーには★STAR GUiTARを迎えてますね。

NARU:第三者がうちらをどういう風に見て、どういうアレンジをするかっていうのを聴いてみたかったんですよね。だから今回は、デザインワークにも自分は口を挟まずに、第三者がMASTERLINKの曲を聴いてイメージするグラフィックがどんなものか見てみたくて、すべてお任せしたんです。そうすることで、第三者から見た自分たちのイメージを確認したくて。

2/4ページ:どうしたらもっと人にこの気持ちが伝わるんだろうっていう、それを考えて作っていきたい。(NARU)

Page 1
次へ

リリース情報

MASTERLINK『Confusion E.P』
MASTERLINK
『Confusion E.P』

2011年8月3日発売
価格:1,260円(税込)
JBCP-4006

1. Confusion
2. Always wanna be
3. INSIDE MY HEART
4. 20110110

プロフィール

MASTERLINK

2002年結成、NARU(Vo,Gt,Pr.)、KOJI(Ba)、YASU(Dr)からなる3ピースバンド。2010年6月、デビュー。ロックという枠にとらわれず、PUNK、HIP HOP、ELECTRO、CLASSIC等、幅広いサウンドルーツを持ち、打ち込みを取り入れた先鋭的なサウンド、UK、USから影響を受けた洋楽テイスト溢れるメロディ、海外在住経験のあるNARUの英語と日本語で歌う親近感のあるリリックが特徴。デジタルとアナログが融合した人肌を感じるエレクトロサウンドが独自の音楽世界を創る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る 1

    アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る

  2. 佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開 2

    佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開

  3. 広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア 3

    広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア

  4. 『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加 4

    『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加

  5. 隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン 5

    隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン

  6. 青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る 6

    青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

  7. 片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演 7

    片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演

  8. 水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら 8

    水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら

  9. King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM 9

    King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM

  10. Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット 10

    Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット