特集 PR

「あまのじゃく」だからこそ 大橋トリオインタビュー

「あまのじゃく」だからこそ 大橋トリオインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2011/12/06

大橋トリオといえば、まずは何と言ってもジャズをベースにした豊かな音楽性、そして、特徴的なビジュアルや、どこか飄々としたキャラクターを思い出す人もいるだろう。しかし、個人的に注目したいのは「人と同じことはしたくない」「前にやったことは繰り返したくない」という、強烈なあまのじゃく気質である。新作『L』『R』が2枚同時発売となったのは、もちろん明確な理由が存在するのだが、このあまのじゃく気質が大きく作用しているであろうことも想像に難くない(実際、本人もそれを認めている)。そこで、今回の取材では大橋トリオの音楽の背景にあるものを探るべく、改めて彼のパーソナリティに深く迫ってみた。そこから見えてきたものは、個性が重視されるジャズの世界に身を置いていたデビュー以前も、国籍の問題に葛藤しながらアーティスト活動を続ける現在も、常に自分だけの道を模索し続けている、大橋トリオという真摯な音楽家の姿だった。

ホントに個性的な連中ばかり集まっていて、「自分」ってものがないと認めてもらえない場だった。

―今日は大橋トリオのパーソナルな部分を深くお聞きしたいと思ってるんですけど、大橋トリオと言えば、やっぱり「あまのじゃく」だと思うんですね(笑)。今回の2枚同時発売っていうのも、色々な理由があるとは思うんですけど、そのひとつとして「あまのじゃく」っていうのがあるのかなと思って。

大橋:はい、もちろんです(笑)。

―(笑)。小っちゃい頃からそういう性格だったんでしょうか?

大橋:それは多分違いますね。人が持ってるものが欲しかったし、普通にダイナマンの靴とか履いてたし(笑)。人と違ったと言えば…男なのにピアノをやってたことぐらいですね。あとは中学で最初はバレー部に入ったんですけど、途中で音楽がやりたくなって吹奏楽部に入ったとか、それぐらい。

―では、いつ頃から「あまのじゃく」が顔を出し始めたのでしょう?

大橋:ジャズをやりだしてからかもしれないですね。というか、ジャズをやってる仲間とつるみだしてからかな。「僕はこういうジャズが好きだけど、彼は全く違うこういうジャズが好きで」とか、それぞれにカラーが色濃くあったんですよ。その中で自分も個性を出していかなきゃ生き残れないっていうのがあって。ジャズの練習方法として、まず人のマネをして、それが自分の糧になり、技になっていくんですけど、それをやってると「誰々っぽいよね」って言われちゃうんですよ。そう言われないためにどうすればいいんだろうっていうのは、みんなが考えてて、そういう影響は受けてると思います。

大橋トリオ
大橋トリオ

―高校卒業後に、洗足学園音楽大学でジャズを学ばれたんですよね?

大橋:ホントに個性的な連中ばかり集まっていて、「自分」ってものがないと認めてもらえない場だった。そういう中で、自分が思っている「こういうのが好きだ」ってものに自信が持てなかったり、それがかっこ悪く見える時期もあれば、それを越えると「いやいや、お前らの方がかっこ悪いから」って思えてきたり(笑)、そうやって個々ができていくのかなって。

―たしか、ジャズピアニストのスガダイローさんが同じ学校のご出身ですよね?

大橋:僕の1個上の先輩です。当時は別に仲良くなかったんですけど、あの人は元々目立ってましたね。さっき言った個性的な連中の代表みたいな、「俺」代表っていう(笑)。

―先日スガさんにもCINRAで取材させていただく機会があって、スガさんもやっぱり最初山下洋輔さんのマネをしていて、1回離れたんだけど、今は「別に同じでもいいじゃん」っていう気持ちになれてるっておっしゃってたんですよね。

大橋:それ、すごいわかります。みんなそういうことは意識してるんですよね。まあ、ジャズをやろうと思う時点で変わってるっていうか、人と違うことがやりたいやつらなわけだから、そういうことを考えるのは当然なんですよね。

2/4ページ:前に出たい気持ちもあるにはあったってことですよね。修学旅行のバスでも、マイクはずっと離しませんでしたからね(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

大橋トリオ『L』
大橋トリオ
『L』

2011年12月7日発売
価格:2,415円
RZCD-46934

1. ユニコーン
2. Be there feat.BONNIE PINK
3. Starboard
4. First impression
5. ゼロ
6. Tea For Two
7. aquarium
8. COLD LETTER
9. わすれない
10. Bing Bang

大橋トリオ『R』
大橋トリオ
『R』

2011年12月7日発売
価格:2,415円
RZCD-46935

1. アネモネが鳴いた
2. 美しいもの
3. モンスター feat.秦 基博
4. シアワセの碧い鳥
5. Ethnic
6. ROOTs
7. the ice
8. ホルトノキ
9. The Long Parade
10. Bing Bang(trio original version)

プロフィール

大橋トリオ

音楽大学でジャズ・ピアノを学んだ後、阪本順治監督の映画『この世の外へ ~クラブ進駐軍~』にピアノ演奏とビッグバンド・アレンジで参加。以降、本名の大橋好規として映画音楽やCM曲の制作、小泉今日子や持田香織らへの楽曲提供やプロデュースを行なう。07年、シンガー・ソングライター・プロジェクト「大橋トリオ」としての活動を開始。08年にミニアルバム『A BIRD』でメジャーデビュー。09年11月にメジャー1stアルバム『I Got Rhythm?』を発表。そして11年12月7日、2枚のオリジナルアルバム『L』『R』を同時リリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ヒトリエ“青”

ヒトリエのニューアルバム『HOWLS』の収録曲“青”のMVが公開。淡い色彩の中で力強くこだまするバンド演奏と、男女2人の刹那的で美しいシーンが織りなす世界観が、切ない歌詞とリンクしながらさらに加速していくようだ。MV中も印象的に使われている「青」が、楽曲を鮮やかに彩り、余韻を残している。デビュー5周年を迎えたヒトリエを牽引するにふさわしい、儚くも力強いバラード楽曲。(野々村)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る