特集 PR

「主婦のカレー」流儀でつくるアート 豊嶋秀樹の仕掛けかた

「主婦のカレー」流儀でつくるアート 豊嶋秀樹の仕掛けかた

インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:小林宏彰

手芸といえば乙女の専門領域? そんな思い込みを覆す男前な手芸で知られるのが「部長」こと石澤彰一が率いる押忍!手芸部だ。「一つ、余計なことは考えない」に始まる七つの教訓を胸に、自由に編むべし、縫うべし、包むべし。不器用上等! をモットーに生み出す個性派手芸は各地での「部活」で話題を呼び、その創造の姿勢に美術館も注目、異色の展覧会が実現した。その空間構成を託されたのが、奈良美智とのコラボレーションなどで知られる仕事師・豊嶋秀樹。常に遊び心と出会いの場づくりを大切にする彼は、押忍!手芸部ワールドをどう読みといたのか? 金沢21世紀美術館で11月23日から2012年の3月20日まで開催される「押忍!手芸部 と 豊嶋秀樹『自画大絶賛(仮)』」展の会場で話を聞いた。

「部長と一緒にやってみよう」と思えた瞬間があったんです

―(インタビュー部屋に入り)押忍!

豊嶋:(苦笑)…オッス!

―スミマセン、一応やるべきことはやろうと思いまして。さて、今回の展覧会「押忍!手芸部 と 豊嶋秀樹『自画大絶賛(仮)』」はタイトル通り、押忍!手芸部と豊嶋さんのコラボレーション展ですね。出会いの経緯は?

豊嶋:今回が初顔合わせで、去年の冬に金沢21世紀美術館さんに引き合わせてもらったんです。館側からは「押忍!手芸部の創造性を生かした展覧会をしたい。そこで豊嶋さん流に彼らの面白さを読みときながら、一緒に展覧会の空間づくりをしませんか」と相談されました。

―押忍!手芸部はふだんデザインに携わる「部長」こと石澤彰一さんが、手芸の未経験者の「男前部員」と結成したとのこと。女性もいるそうなので、男前=手芸への姿勢ということでしょうか。「財布に顔があってもいいじゃないか!」と生まれた作品『顔パス』など、シンプルかつ豪快に手芸を楽しむことで、各部員の個性が出る感じですね。

豊嶋:僕から見ると、部長はけっこう乙女な部分もあると思いますよ(笑)。何ていうか、とても繊細なところのある人ですね。

『顔パス』
『顔パス』

―いっぽう豊嶋さんは、美術家の奈良美智さんやダンスカンパニーの「珍しいキノコ舞踊団」など、多彩な表現者とのコラボレーションでも知られていますよね。押忍!手芸部もかなり独特な世界観の持ち主だと思いますが、当初の印象は?

石澤彰一(押忍!手芸部)
石澤彰一(押忍!手芸部)

豊嶋:作っているものも面白いし、自分とは違うことをしているけど「わかるわかる」という部分がありました。例えば、僕はまず場をつくってみて、そこに集まったみんなとやったら何が見えるか? という方法が好きで、それは押忍!手芸部とも共通していると思うんです。とはいえ金沢21世紀美術館での展覧会となると、ハードルはけっこう高い。大きなプロジェクトをいきなり知らない人とうまくやれるか自信もなかった。それでまずは部長に会って話し合ってみることにしました。


―そこから展示のアイデアが泉のように…。

豊嶋:いや(苦笑)、しばらくは月イチくらいで特に展覧会の話をするわけでもなく…といった進め方でした。面白かったけど、そんなこんなでモンヤリしている間に数ヶ月が経ってしまって。でもあるとき「一緒にやってみよう」と思えた瞬間があったんです。

―それはどういうシチュエーションで?

豊嶋:僕は関西出身で、関東に住んでいる今でも新幹線でよく行き来していますが、一番早い「のぞみ」よりも各駅停車の「こだま」が好きなんです。ゆっくりできるし、同行者とも長く話せるし、それに安いし。ふつうはサービス料って時間に比例するけど、この場合は逆なのも不思議ですね。それである日、別の仕事で新大阪から「こだま」に乗ろうとホームに行ったら部長がいて(笑)。「何でこだま?」って聞くと、「こだまの方が長く乗れて得じゃん!」って。ちょうどお互い缶ビールを持っていたので、ホームで乾杯してそれぞれの席に向かったんです。そのときですね、部長と一緒にやれるかもと思ったのは。

―「こだま」派マインドが響き合った瞬間(笑)。個別の作品アイデアからではなく、価値観に共鳴して参加を決めたというのも、この展覧会を象徴していそうですね。

展示風景:ちょっと暗い倉庫
展示風景:ちょっと暗い倉庫

2/3ページ:押忍!手芸部の教訓は、「人をのびのびさせるため」にある

Page 1
次へ

イベント情報

押忍!手芸部 と 豊嶋秀樹『自画大絶賛(仮)』

2011年11月23日(水)~2012年3月20日(火)
会場:石川県 金沢21世紀美術館
時間:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
休場日:月曜、12月29日~1月1日、1月10日(1月2日、1月9日、3月19日は開場)
料金:
当日 一般1,000円 大学生・65歳以上800円 小中高生400円(モニーク・フリードマン展との共通券)

プロフィール

豊嶋秀樹

1971年、大阪生まれ。サンフランシスコ・アート・インスティチュートを卒業後、1998年よりgrafのメンバーとして生活全般に関わるデザイン、ものづくりを行う。2001年、チェルシー・カレッジ・オブ・アート・デザイン修了。2003年からはオルタナティブスペース「graf media gm」の企画制作を手がけた。美術家・奈良美智とのコラボレーションチーム、YNGのメンバーとしても活動するほか、各種の美術展や舞台づくりにも参加する。2009年よりgm projectsの一員として活動。作品制作から空間構成、ワークショップ、イベント企画など、多様で柔軟な表現活動で注目される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける