特集 PR

言葉に出会ったソングライター Applicat Spectraインタビュー

言葉に出会ったソングライター Applicat Spectraインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2012/01/06

職人気質のソングライター=ナカノシンイチ

たまたま始めた音楽ではあるものの、「とりあえず、好きなものは真似して作ってみたい」というナカノだけあって、高校でバンドを始めると、大学生になる頃には自然と作曲へ興味が向けられていった。「自分の方がいいのが作れるっていう、漠然とした自信だけはありました」というように、元々ナカノは何かを吸収し、自分のものにするセンスに長けているのだろう。まずナカノによるデモ作りからスタートするというApplicat Spectraの楽曲における緻密な構成や音の配置からも、彼がかなりの職人気質なソングライターであることが十分伝わってくる。

ナカノ:僕ら、スタジオで曲ができたことがないんですよ。スタジオで「せーの」でやってしまうと、細かな部分の詰めが甘くなってしまって、ホントは音がぶつかってるんだけど大丈夫に聴こえちゃったりとか、ジャッジがすごく甘くなってしまう気がするんです。バンドでやることによって思い通りにならない悔しさもあるにはあるんですけど、煮詰まったときに相談できる人がいるっていうのはすごく大きいんです。僕は曲を作るのが遅いので、バンドじゃなかったらもっと時間がかかってたと思います。

ナカノシンイチ

自分がシンガーであり、プレイヤーであること以上に、あくまでソングライターなのだということをナカノははっきりと自覚している。彼らの持ち味のひとつである「1人が複数の楽器を演奏する」ことに関しても、実はこういった彼の気質が発端となっている。

ナカノ:ギターでこれまで聴いたことがないような音色を出してる人もいますけど、すごい研究して面白い音を出す時間があったら、いい曲を作る方に時間を使いたいんです。ギターじゃなくても、キーボードとかサンプリング・パッドで面白い音は出ると思うので、だったらそっちを使いたい。だから、僕はプレイヤーって意識はホントなくて、ライブももちろん大事なんですけど、必要だからやってるっていう感覚はあります。汗かきたくないんですよ、僕(笑)。

そんなナカノにとって、11月に期間限定でリリースされたプレ・デビュー盤『セントエルモ』において、Q;indiviの活動で知られる田中ユウスケがアレンジで参加し、レンタル限定盤には元FreeTEMPOの半沢武志がリミックスで参加していることが、大きな刺激になったことは言うまでもない。

ナカノ:ホントに光栄で、今は技を盗んでる最中です。「やっぱりすごいな」っていう部分と、「自分でもできる」って確信できた部分もあって、変なワクワク感がありますね。特にFreeTEMPOは以前からホントに大好きなんですよ。「こんなにすぐ夢が叶っちゃっていいのかな?」っていうぐらい。

2011年の1月にFreeTEMPOとしてのラストライブを行い、その後は本名で活動をしている半沢は「Applicat Spectraの音楽の中にある、童話的な世界観にこれほどまでに共感した事は、僕の10年間の音楽活動の中で、一番の衝撃でした。新しいスタートを切るこのタイミングで、このバンドに出逢えてよかった」というコメントを寄せるなど、バンドとは相思相愛の関係にある。エレクトロニクスを取り入れているとはいえ、いわゆる「歌もののロック」の範疇にありながら、クラブミュージックのクリエイターからも熱い支持を集めるアーティストというのは、決して多くはないかもしれない。

ナカノ:FreeTEMPOはダンス・ミュージックに「泣き」を持ってきたのがすごくて、「こんなにメロディよかったら踊れないじゃん!」って思っちゃうような、「体が動く」っていうか、ホントに「心が躍る」みたいな、そのバランス感覚。それは自分のバンドにも完全に取り入れてますね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Applicat Spectra『セントエルモ』
Applicat Spectra
『セントエルモ』

2011年11月9日、タワーレコード、TSUTAYA RECORDS、HMV、新星堂で期間限定リリース
価格:500円(税込)
APCS-2

1. セントエルモ
2. イロドリの種

Applicat Spectra『セントエルモTakeshi Hanzawa Remix』
Applicat Spectra
『セントエルモTakeshi Hanzawa Remix』

iTunes Storeにて配信中

イベント情報

『Fly like an Eagle』

2012年2月14日(火)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
Applicat Spectra
TAKUYA
HAPPY BIRTHDAY
赤い猫

プロフィール

Applicat Spectra

2010年8月関西にて結成。ナカノシンイチ(Bass, Vocal, SamplingPad)、ナカオソウ(Guitar)イシカワケンスケ(Guitar, Synthesizer)、ナルハシタイチ(Drums) の4人組。相反する2つの世界を歌いあげるあどけない印象的なボーカルスタイルとエレクトロとギターロックが融合した独特のサウンドがデビュー前より話題となる。PC同期などを一切使わずメンバーが2つずつの楽器を担当して再現する独自のライブスタイルなど何もかもが新しい新世代バンド。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材