特集 PR

現実逃避ではなく、自分が変わるきっかけとしての映画『ヒミズ』

現実逃避ではなく、自分が変わるきっかけとしての映画『ヒミズ』

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:菱沼勇夫

原作が古谷実、監督・脚本が園子温という奇跡のタッグにより映画化され、染谷将太、二階堂ふみの主演2人がヴェネチア国際映画祭で最優秀新人俳優賞をダブル受賞するなど、大きな注目を集めていた『ヒミズ』が1月14日、遂に劇場公開された。先行していた話題に違うことなく賛辞を浴びつつ、大胆な演出が議論を呼んでいる同作について、黒猫チェルシーのボーカリストであり、映画『色即ぜねれいしょん』の主演をはじめ俳優としても活躍中の渡辺大知に、忌憚ない感想を語ってもらった。園監督から「ケンカ売られたような気がした」という彼が、『ヒミズ』から感じ取った強いメッセージとは、いったいなんだったのだろうか。

観た人が「いや、僕はこう思う」とか、自分の意見を言いたくなる映画

―既に公開もスタートして、かなり議論を呼んでいる内容になっていると思うんですけど、まずは映画『ヒミズ』を観た率直な感想をいただけますか?

渡辺:『ヒミズ』はもともと原作漫画が好きで、園子温監督の映画も好きだったので、映画化が発表されたときから楽しみにしていたんです。率直な感想としては、「2012年版やな」っていうこと。原作のストーリーを消化させながらも、まったく新しいものができていますよね。

『ヒミズ』 ©2011「ヒミズ」フィルムパートナーズ
『ヒミズ』 ©2011「ヒミズ」フィルムパートナーズ

―原作は2001年から2003年に『ヤングマガジン』で連載されましたけど、渡辺さんが読まれたのはいつ頃だったんですか?

渡辺:(2009年に)大学に入ってからなので、わりと最近ですね。「2012年版やな」っていう感想は、原作は主人公の住田が自分の意思とは関係なく、運命に身を委ねていってる感じが強くあったと思うんです。でも映画では、もっと自分の意思を持つことが重要視されていた。終盤に渡辺哲さん演じる夜野が住田と茶沢に対して、「自分でなんとかしてください」というようなことを言うシーンも象徴的だったと思います。まわりの考えはわからないけど、自分はどうしたいとか、自分はこう思うとか、そういう態度をハッキリさせろ、と突きつけられた感じがあって。

―原作を踏襲したストーリーでありながら、映画では舞台が東日本大震災後になっていて、「いま」をより強く意識させる作りになっていますよね。

渡辺大知
渡辺大知

渡辺:ただ、僕は震災があったかなかったかというのは、ほとんど関係ないと思ってて。もちろん震災という大きな出来事のことを改めて思い出した部分もありますけど、自分の意思を持つだけじゃなくて、人に伝えること、行動することが大事なんじゃないかなって、作品を観て感じました。原作では問いかけだったものが、映画ではその一歩先に行っているというか。自分が知りたかった答えが出てきたとして、その答えが正解なのかどうかわからなくても、「オレはこうするんだ」っていう決意みたいなものを、登場人物たちから感じたんです。それが2012年版っていうか、「これからの映画はこうじゃなきゃな」と。映画に限らず、音楽でもそうやと思ってて。

―映画でも音楽でも、というのは?

渡辺:これからは、ただ「ポジティブに」っていうことを、映画や音楽で表現するのも違うと思うんですよ。単にポジティブっていうことではなくて、どんなことがあっても、自分はこうしたいっていう気持ちが絶対にあるはずで。僕も日々迷ってばっかりですけど、どこかに「本当はこうしたい」っていう気持ちがあります。この映画は、ストーリーがどうっていうよりも、園子温監督からの「オレはこう思う」というメッセージが届いてきた気がします。それに対して「いや、僕はこう思う」とか、観た人が自分の意見を言いたくなる映画だと思いますね。

『ヒミズ』 ©2011「ヒミズ」フィルムパートナーズ
『ヒミズ』 ©2011「ヒミズ」フィルムパートナーズ

―原作って、「どう受け取るのかは自由だよ」という作品だと思うんですけど、映画になると渡辺さんがおっしゃるような、観客側に問いかけてくるような緊迫感がありますよね。

渡辺:そうですよね。「どう思うのかはっきりせい!」みたいな。だから、いろんな部分で裏切ってきているな、と思いましたね。最初に映画を観始めたときは、「原作ファンのこととかどうでもいいんだろうな」って思ったんですけど、ちゃんと最後まで観ると単純な裏切りではないことに気付いて。ラストシーンとか特にそうですよね。原作を読んだ人は絶対に「えっ!」って驚くと思うんですけど、僕は思わず笑っちゃって。笑っちゃいけないところだと思うんですけど、なにか「どうだ!」という、ケンカを売られているような気さえしたんですね。

Page 1
次へ

作品情報

『ヒミズ』

新宿バルト9、シネクイントほか全国公開中
監督・脚本:園子温
原作:古谷実『ヒミズ』(講談社『ヤングマガジン』KCスペシャル所載)
出演:
染谷将太
二階堂ふみ
渡辺哲
吹越満
神楽坂恵
光石研
渡辺真起子
黒沢あすか
でんでん
村上淳
窪塚洋介
吉高由里子
西島隆弘(AAA)
鈴木杏
製作・配給:ギャガ

リリース情報

黒猫チェルシー
『猫Pack2』初回完全生産限定盤(CD+DVD)

2012年3月21日発売
価格:2,500円(税込)
AICL-2364/5

1. ボリュームノブ
2. 東京
3. まったくいかしたやつらだぜ
4. GOOD JOE
5. 風の又さぶろっく
6. マタタビ(アコースティックver.)
[DVD収録内容]
1. 「猫Pack 2」レコーディング完全密着ドキュメンタリー
2. “東京”MUSIC CLIP

黒猫チェルシー
『猫Pack2』通常盤(CD)

2012年3月21日発売
価格:1,800円(税込)
AICL-2366

1. ボリュームノブ
2. 東京
3. まったくいかしたやつらだぜ
4. GOOD JOE
5. 風の又さぶろっく
6. マタタビ(アコースティックver.)

プロフィール

渡辺大知(黒猫チェルシー)

ロックバンド・黒猫チェルシーのボーカル。田口トモロヲ監督の青春映画『色即ぜねれいしょん』に約2,000人に渡るオーディションの中から抜擢され、映画初出演にして初主演を務める。2009年に、高校卒業後、拠点を東京に移し1stミニアルバム『黒猫チェルシー』を全国リリース。同年夏、『色即ぜねれいしょん』が全国劇場公開、映画での演技が高く評価され、日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。またNHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』にも出演中で、ますます注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業