特集 PR

鎮座DOPENESS & DOPING BANDインタビュー

鎮座DOPENESS & DOPING BANDインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

あくまで一般論として言わせてもらうと、HIP HOPとはリリックの内容が何より重視される音楽である。もちろん、そこに絡むビートやメロディ、ラップのスキルも重要なことは言うまでもないが、まず耳に飛び込んでくるのはやはりリリックである。そうしたHIP HOPシーンの中でも、その独特なフロウとジャンルレスな音楽性で異彩を放つ鎮座DOPENESSが、バンマスのIZPONをはじめ、元犬式 a.k.a.DOGGYSTYLEのメンバーを中心に結成された「鎮座DOPENESS & DOPING BAND」名義でアルバム『だいぶ気持ちいいね』を発表する。メッセージ性よりも、ひたすら「気持ちよさ」を追求する鎮座DOPENESSの表現が、より突き抜けた形で鳴らされた、実に開放感のある作品である。もちろん、そういった性格のアルバムが、このシリアスさを増す社会の中において、逆に強いメッセージ性を放つことは、彼自身もよく理解しているだろう。そして、それでもなお『だいぶ気持ちいいね』と笑って見せることというのは、ひたすらにかっこいいことだと思うのだ。

自分はHIP HOPだけやってもしっくりこないだろうなとは思ってて、まさに「気持ちいい」ってとこだけでやってるんですよね。(鎮座DOPENESS)

―鎮さんの作品は以前からHIP HOPの枠に捉われない自由度の高さが魅力だったと思うんですけど、今回の作品は完全にHIP HOP云々ではない、文字通りひたすら「気持ちいい」作品ですよね。

鎮座DOPENESS:とにかく「何でもいい」ってところが根底に流れてて、今回バンドでやることになったのも自然な成り行きなんです。自分はHIP HOPだけやってもしっくりこないだろうなとは思ってて、まさに「気持ちいい」ってとこだけでやってるんですよね。だから、それがHIP HOPに聴こえなかったとしても、自分の中ではそんなに差はないんです。

―「HIP HOPとしてどうこう」ではなくて…

鎮座DOPENESS:じゃなくて、特にバンドのときは、よりみんなが気持ちよくなるところを目指すみたいな感じがあります。

鎮座DOPENESS
鎮座DOPENESS

―IZPONさんはパーカッショニストとして様々なグループに参加されていますが、HIP HOPとの接点というのはどの程度あったのですか?

IZPON:もちろんHIP HOPは好きで聴くんですけど、僕自身はみんながB-BOYに憧れてる頃にパンクロックに憧れてて、反抗的なものはそっちにぶつけてたんです(笑)。だから、このバンドの話が最初に来たときは、正直「俺でいいのかな?」っていうのはあったんですよ。「俺、全然HIP HOPマナーないよ?」みたいな(笑)。

―(笑)。

IZPON:でも、やってみたら全然大丈夫で、ぶっちゃけこのアルバムはオルタナのアルバムっすよね(笑)。このバンドのメンバーは元々前身がレゲエバンドで、それも結構ロックなレゲエの集団だったんで、どちらかと言えばパンクとかが軸にあるんですけど、ジャンルはホント初めから考えてなくて。鎮くんもいろんな人とセッションしてるけど、いつ見ても彼は常に彼なんです。無理やりジャンルの型にはめてるんじゃなくて、彼は彼で自然な成り立ちの仕方をしてるんですよね。

―バックグラウンドにあるものは違うけど、良い意味でのマナーのなさ、制約のなさっていう部分で合致していたのかもしれないですね。

IZPON:うん、そうじゃないとこのアルバムはできなかったと思う。多分今回参加したメンバー全員が、今までやったことのないことをやったアルバムなんじゃないかな。

鎮座DOPENESS:「こだわりを削ぎ落とすとこれになる」みたいな(笑)。

2/4ページ:これが入り口だなって感じはありますね。これを聴いて、「次はこういう風に作ったら面白いかも」とか、そういうのが出てきました。(IZPON)

Page 1
次へ

リリース情報

鎮座DOPENESS & DOPING BAND『だいぶ気持ちいいね!』
鎮座DOPENESS & DOPING BAND
『だいぶ気持ちいいね!』

2012年3月14日発売
価格:2,500円(税込)
TOCT-28038 / EMI Music Japan

1. INTRO
2. カンパイ
3. 朝起きて君は
4. のうてんき野郎
5. JUST A 友達
6. OS
7. もぐもぐ feat. Leyona & BUN BUN THE MC
8. 鍋 feat. イルリメ & SABO from KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE
9. はっする LIVE!!!!
10. ヒップ ホップ IS
11. モード -DOPING BAND VERSION-
12. わかってないのに
13. OUTRO

プロフィール

鎮座DOPENESS & DOPING BAND

HIP HOP、ブルース、レゲエなど様々な音楽がミックスされたカメレオンのような音楽性と、フロウや韻における際立った独創性、ブルージーかつフリーキーな唄心をあわせ持つ異才MC /ヴォーカリストの鎮座DOPENESSと、バンマスでありパーカションマスターのIZPON(KINGDOM★AFROCKS/NAOITO/ex 犬式 a.k.a.DOGGGYSTYLE)が中心になり、ギターに三根星太郎 (ex.犬式 a.k.a.DOGGGYSTYLE /THE Tchiky's)、柿沼和成 (ex.犬式 a.k.a.DOGGGYSTYLE /TRIAL PRODUCTION )、ベースは石黒祥司 (ex.犬式 a.k.a.DOGGGYSTYLE / THE Tchiky's)、コーラスには紅一点、女性ヴォーカリストのChanmikaが担当。バックDJ はDJUPPERCUTといった強烈な面子が集結した新感覚バンド。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像