特集 PR

柴咲コウにとっての音楽

柴咲コウにとっての音楽

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2012/03/12

自分を使って実験してるようなところもある。

―柴咲さんのようにお芝居をやられてる方が音楽をやると、どうしても「女優が音楽をやっている」っていう見られ方をされてしまうと思うんですね。それに対する葛藤はありましたか?

柴咲:ずっとありましたね。音楽だけをやってる人は音楽人と思われるけど、お芝居から入った人はそうは思われない。それにはすごくジレンマがあって、人の思い込みとか先入観は怖いと思いました。でもここ数年でやっと、「どう見られるかは関係ないじゃん」って思えるようになった。自分のやりたいことを突き詰めてやっていれば、ついてきてくれる人はちゃんとついてきてくれるから、そこの焦りっていうのはもうほとんどないです。

―発想の転換ができるようになったのはいつごろですか?

柴咲:2年前ぐらいがポイントで、自分の近いスタッフがみんな変わって、それで自由にできるようになりました。それまでが不自由だったわけではないんですけど、「女優・柴咲コウ」をどこか守っちゃうというか、どうしても芸能を切り捨てられないっていうのがスタッフの中でも共通の認識としてあって、それはちょっとネックだったというか。もちろん、それに対して感謝もしてるんですけどね。

柴咲コウ

―それこそ以前まではバラードのイメージが強かったですけど、昨年はダンスミュージック主体のgalaxias!も始められて、いい意味でイメージが変わってきましたよね。

柴咲:自分を使って実験してるようなところもあって、さっき言った人の先入観っていうのがどうやったら変わるのか、自分を通して感じていくのが楽しいんです。ただ、galaxias!をやるにしても、そこまでのオーディエンスの導き方、軌道作りは必要で、それはもちろんスタッフの力も借りて作っていきましたね。あと、やってることも自分の趣味の域なので、単純に楽しいです。

―もともと音楽の趣味としては、ダンスミュージックがお好きなんですよね?

柴咲:10代のときから結構ディープなトランスとかを聴いていて、そこから派生してエレクトロとかテクノを聴いたり、そういうイベントに行って踊り明かしたりしてました(笑)。

―去年出てたiTunesのプレイリスト(リンク)も、それまでの柴咲さんのイメージからするとすごく新鮮でした。あれ、結構大きな反響あったんじゃないですか?

柴咲:ありましたね、「意外過ぎる」みたいな(笑)。ああやって自分の趣味をバッと出せることってなかなかないし、しかもみんなが共有できる形で認知してもらえたのもよかったですね。もちろん、ずっとやってるミディアムバラードっていうのも、自分の声とか歌い方に合っていて、歌っててすごく気持ちいいんです。私、自分の性格が固定できない性格なんですよ。明るいとか、暗いとか、その日によって性格が変わるので、音楽に対してもそういう欲張りなところがあるんですよね。

―でも、1日どころか、1時間経ったらその前と真逆なことを言ってたりとか、それって普通のことですもんね。

柴咲:そうですよね。だからといって、そのときに言ってたことが嘘ってわけではなくて、そのときは全力で言ってるっていう(笑)。やっぱり自分を抑え込んだら、今度はバーっと出したくなるし、インプットとアウトプットの循環が心地いいんですよね。

3/4ページ:どうしても打ち消せない、自信のなさみたいなものがあって。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

柴咲コウ『Strength』

2012年3月14日発売
価格:1,575円(税込)
Universal / UPCH-89111

1. Strength
2. もう、いないよ
3. Strength -Instrumental-
[DVD収録内容]
・Strength -Music Video

柴咲コウ『Strength』
柴咲コウ
『Strength』通常盤(CD)

2012年3月14日発売
価格:1,260円(税込)
Universal / UPCH-80261

柴咲コウ『Strength』
柴咲コウ
『Kou Shibasaki Live Tour 2011 "CIRCLE & CYCLE" 2011.11.28 Tour Final @ NIPPON BUDOKAN』(DVD)

2012年3月14日発売
価格:4,980円(税込)
POBD-21006

柴咲コウ『Strength』
柴咲コウ
『Kou Shibasaki Live Tour 2011 "CIRCLE & CYCLE" 2011.11.28 Tour Final @ NIPPON BUDOKAN』(Blu-ray)

2012年3月14日発売
価格:5,980円(税込)
POXD-21006

[収録内容]
・パラレルワールド・リーディング
・愛の輪
・Graspin' all of it
・となり
・影
・EUPHORIA
・ゲノミクロニクル
・無形スピリット
・galaxias! / galaxias!
・CONNECTION / galaxias!
・Boys & Girls / galaxias!
・無形スピリット -Mugen Loop Remix- <DJ/TeddyLoid>
・JOY(by Jazzin'park)<DJ/栗原暁>
・ルージュの伝言(Unplugged)
・最愛(Unplugged)
・ミラーボール(Unplugged)(by 渡辺シュンスケ)
・月のしずく(Unplugged)
・泪月-oboro-
・アイネクライネ
・wish
・invitation
・よくある話 〜喪服の女編〜
・ラバソー 〜lover soul〜
・Focus
・フィロソフィア
-ENCORE-
・KISSして
・サヨナラブ
[特典映像]
・音楽談話 柴咲コウmeets高橋幸宏
[副音声]
・コメンタリー by 柴咲コウ×山口寛雄×ひぐちしょうこ

プロフィール

柴咲コウ

日本屈指の女優として数多くの作品に出演し、年末公開の映画『47Ronin』でハリウッド進出を果たす中、アーティストとしてもミリオンヒットを出すなど、精力的に活動を行っている。昨年9〜11月にかけて行われた全国ツアーでは初の日本武道館公演を敢行、11月にはDECO*27、TeddyLoidとの新ユニットgalaxias!として作品をリリースするなど、近年音楽活動が更に活発化。今年でデビュー10周年を迎え、5月には「Premium Live Tour 2012」の開催が決定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路 1

    新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路

  2. ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って 2

    ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って

  3. 長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介 3

    長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介

  4. Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開 4

    Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開

  5. 西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM 5

    西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM

  6. カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売 6

    カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売

  7. 成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』 7

    成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』

  8. 『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加 8

    『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加

  9. 綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も 9

    綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も

  10. 川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」 10

    川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」