特集 PR

「普遍性」の理由 ジェームス・イハインタビュー

「普遍性」の理由 ジェームス・イハインタビュー

撮影:柏井万作

不朽の名作として長く愛され続けている『Let It Come Down』以来、実に14年ぶりの新作『Look To The Sky』を発表したジェームス・イハ。生楽器を基調としたシンプルなスタイルで、美しいメロディを閉じ込めた前作に対し、プロデュースや楽曲提供からスタジオの運営まで、14年間の様々な活動が反映された新作は、曲調のバリエーションが大きく広がっている。しかし、作品から感じられる「普遍性」に関しては、前作と全く同様のものがあるのだ。なぜ、彼の作品からは常に「普遍性」が感じられるのか? イハ本人の話をもとに、その理由を探ってみた。

空白の14年間?

NIRVANAやPEARL JAMと並ぶ、90年代のUSオルタナティブシーンを代表するバンドのひとつ、THE SMASHING PUMPKINSのギタリストとして活躍していたジェームス・イハが、初のソロアルバム『Let It Come Down』を発表したのは1998年のこと。シンガーソングライタースタイルで、シンプルながらも美しいメロディを綴った作風には多くの称賛が寄せられたものの、インパクトやセールスという面では、リリース当初は、ものすごく注目されたアルバムというわけではなかったように思う。しかし、作品の持つタイムレスな魅力はいつまでも失われることなく、もしかしたら今ではスマパンの作品以上に、「誰からも愛される不朽の名作」という評価を獲得しているのではないだろうか。あれからなんと14年、遂にジェームス・イハの新作『Look To The Sky』が到着した。

ジェームス・イハ:確かにすごく時間がかかったという自覚はあるんだけど、実際はそこまで意識してなかったんだ。こうしてアルバムが完成して、改めて「あれからもう14年だよ!」って言われると、「そんなにかかったんだ。申し訳なかったね」とは思うけどね(笑)。前のアルバムを作った後は、「次はもっと冒険的なアルバムを作ろう」って思ったんだけど、実際にはスマパンから脱退した後に、ソロアーティストとしての活動からは距離を置いてて。プロデューサー、楽曲提供、スタジオやレーベルをやったりして、それから徐々に自分の曲を書くようになったんだ。

ジェームス・イハ
ジェームス・イハ

そう、もちろん彼はこの14年間何もやっていなかったわけではなく、2000年のスマパン脱退以降、非常に幅の広い音楽活動を続けていた。バンドとしては、TOOLのフロントマン、ジェームス・メイナード・キーナン率いるA PERFECT CIRCLEへの参加や、盟友アダム・シュレンシンジャー(FOUNTAINS OF WAYNE)をはじめ、CHEAP TRICKやHANSONのメンバーと共に結成したTINTED WINDOWSの活動があり、プロデューサーや楽曲提供などの仕事も多数こなしている。また、1995年にアダムや元スマパンのダーシーらと設立したレーベルScratchie Recordsの運営(現在閉鎖)、2000年に同じくアダムらと共同で設立したレコーディングスタジオStratosphere Sound Recording Studioの運営と、経営側に回ってもいた。

また、日本との接点も強く、BASE BALL BEARの関根史織や湯川潮音の出演でも話題を呼んだ映画『リンダ リンダ リンダ』や、安藤モモ子監督・満島ひかり主演の『カケラ』の映画音楽を手掛けたり、CHARAや湯川潮音らに楽曲提供をしたりもしている。さらに2001年にはBEAMSよりファッションブランド「Vapor(現Vaporize)」を立ち上げるなど、とにかく多岐に渡る活動を続けてきたのである。そう、決してこの14年間、曲がCome Downしてこなかったわけではないのだ。

ジェームス・イハ:まあ、(パーマネントな)バンドにも所属してなかったし、レーベルとかマネジメントからのプレッシャーもない状態だったから、無理して作らなくてもよかったっていうのも正直なところではあるんだけどね(笑)。あと前作はヘビーなバンドのサウンドに対する反動で、静かなものを作りたいっていう意識があったけど、今回はとにかく色々やってみて、とことん納得のいくものを作ろうって感じだったんだ。ずいぶん時間も経ったから、また1stアルバムを作ってるみたいな感覚だったな。

2/3ページ:『LOOK TO THE SKY』に見る、歌と作品性へのこだわり

Page 1
次へ

リリース情報

ジェームス・イハ『Look To The Sky』
ジェームス・イハ
『Look To The Sky』国内盤

2012年3月14日発売
価格:2,500円(税込)
TOCP-71265

1. Make Believe
2. Summer Days
3. To Who Knows Where
4. Till Next Tuesday
5. Dream Tonight
6. Dark Star
7. Appetite
8. Gemini
9. Waves
10. Speed Of Love
11. 4th Of July
12. A String Of Words
13. Diamond Eyes(ボーナストラック)
14. Stay Lost(ボーナストラック)
※日本先行発売、日本盤のみボーナストラック2曲収録、初回生産限定デジパック仕様

プロフィール

ジェームス・イハ

1987年、米シカゴにてスマッシング・パンプキンズのメンバーのギタリストとして、活動を開始。2000年に脱退するまでに10枚のアルバムをリリースし、数百万枚のアルバムセールスを記録する。また1998年に初のソロ・アルバム『Let It Come Down』を発表。これまでのイメージと一線を画すナイーヴで暖かい作品は、ミュージック・シーンに衝撃を与え、ここ日本でも、シンガーソングライターとして、高評価を得た。以降、A Perfect Circleへ加入やTinted Windows結成等で、話題を呼び続ける他、世界中の数々のアーティストのプロデュース、リミキサーとして等、ギタリスト、ソングライターの他に、その制作活動の場を広げている。2012年、14年ぶりのソロアルバム『Look To The Sky』が発売されたばかり。『FUJI ROCK FESTIVAL '12』への初出演も決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾